結婚詐欺に遭い、生活できなくなり借金をしました

2019.02.06 更新

50代

月収
借入先業者名
借入額
600万円
借入期間
1年4か月
毎月の返済額
10万円

結婚詐欺に遭って、金銭を巻き上げられて借金生活となりました

結婚願望はあるものの、50代が目の前に迫っていて半ば諦めていました。そんな時に仕事を通じて知り合った女性と意気投合して、恋人のような関係になりました。自然と結婚を意識するようになり、プロポーズをしたところ受けてくれました。ただそこから大変なことになって、高級ホテルでの結婚式や披露宴、さらにドレスやアクセサリー、新婚旅行など金銭がかかりました。ただ結婚するからには普通だと思いあまり気にせず、明細もまともに見ないまま式が近づいたころに彼女が消えて、結婚詐欺に遭ったことが分かり、借金が残されました。

三井住友600万円、月々10万円の返済

結婚詐欺に遭って、結婚費用として一時的に借りた600万円の負債が残りました。本来は貯金からすべて出すつもりでしたが、投資に回していたこと、定期預金で預けていて解約が面倒だったことがあり、ブライダルローンという形で借金をしました。本来ならすぐに返済できたのですが、その他に彼女と付き合っている間にブランド品のプレゼントや食事、ホテルなどかなりの出費をしていて貯金が減っていました。しかも結婚詐欺に遭って母親が体調を崩して入院して医療費が必要になってしまい、返済が厳しくなりました。

個人再生で大幅に減額することができました

借金だけなら何とかなりますが、結婚詐欺に遭ったことで母親が入院して治療費が莫大になり、そのため貯金のほとんどを使い果たしました。これは当然のことですが、返済もきつく、恥ずかしさを抱えて弁護士事務所に相談に行き債務整理を行ってもらいました。選んだのは個人再生で、リスクはそれなりに大きいですが、借金の総額が大幅に減額するのが魅力的で依頼しました。不安がありましたが無事に裁判所で許可されて返済が楽になり、常に気持ちが張り詰めていましたが安堵できる日が増えてきて、ストレスも減りました。

詐欺に遭ったことを過去と割り切ることができるようになりました

借金返済でもっとも厳しかったのが、自分が結婚詐欺に遭ったということを思い知らされることでした。苛立ちや腹立たしさ、さらに母が体調を崩したことなど、すべて彼女のせいだと憎しみに囚われていました。しかし債務整理をはじめて、個人再生が叶って総額が減って完済のゴールが見えてくると憎しみも薄れてきました。借金返済は今も苦しいものですが、彼女と過ごした時間は詐欺であっても幸福なもので、物事を割り切って考えられるようになりました。気持ちの切り替えができて、後悔だけではなく先のことを考えることができるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

三井住友銀行の債務整理体験談

任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

借入額410万円

クレジットカードで借金地獄に陥り過払金請求で問題解消

借入額100万円

事業で失敗し、借金地獄生活へ

借入額600万円

呆れた父親に振り回されました

借入額80万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

自分のギャンブルや酒の浪費のために借金をするように

借入額180万円