海外赴任を拒否したら仕事が無くなりました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
4年5ヶ月
毎月の返済額
11万円

外資系企業に会社が買収されたことで、海外赴任出来ない人は退職となり転職まで借金。

企業買収が盛んに行われた結果として、会社が外資系企業に買収された結果、海外に部署ごと移動することになりました。しかし、既に住宅ローンを組んで購入していたことから、海外勤務は想定外でついて行け無いことになったことから失業。転職先が見つかるまで住宅ローンを払い続けて生活する必要があったので借金するしかありませんでした。派遣社員として資格を生かした仕事が出来ましたが、以前よりも収入が減ったことで返済が苦しくなってしまいました。家を任意売却して海外勤務をするべきだったかは、今でも分かりません。

アイフル、レイク、シンキ、アプラスから各会社100万円の借金。毎月11万円の返済。

海外勤務が期間限定ならば良かったものの、本社も支店も事業部も全て海外に移転が決まったので、日本に戻る可能性は限りなくゼロでした。人生設計が狂ってしまった人が同僚にも多くいたので、業務命令違反による退職勧告が出されたわけです。転職先としてすぐに決まる訳もなく、ひたすらハローワークに通って失業保険給付で生活するしかありませんでしたが、住宅ローンを抱えている状況では生活費が慢性的に不足していることに変わりませんでした。派遣社員として当面勤務する道を選びましたが、住宅ローンの組み換えを銀行から許可してもらうためには、2年の月日がかかってしまったので、借金が増える原因となってしまったのです。

小規模個人再生により借金を減額して、無事に完済出来ました。

返済額が給料の半分近くに達すると、生活が成り立たないことは明らかでした。法テラス経由で紹介してもらった弁護士に相談すると、1人目は任意売却を勧めてきました。2人目に担当した弁護士からは、小規模個人再生により借金を大幅に圧縮する方法を提案されたのです。現実的な方法でありながら、家を失わずに済む小規模個人再生手続きを依頼することにしました。再生計画案を策定して、裁判所の認可をもらう必要があるものの、認可が下りたことで毎月の返済額が11万円から3万円に一気に減額されたことに驚きです。

小規模個人再生により借金が圧縮出来たので、生活再建をしながら住宅ローンも返済出来るようになりました。

家計の見直しでは解決出来ないほどの収入と返済額のアンバランスを解決する方法として、様々な債務整理方法が法整備されていることを実際に多重債務者となってみて初めて知りました。弁護士に依頼しなければ、どの方法が自分にとって最適な債務整理方法なのか判断が難しかったことは法テラスから紹介された弁護士ごとに意見が異なった点からも明らかです。最終的には、自分で納得出来る方法で解決出来たので、何より小規模個人再生により家を失わずに済んだことが嬉しかったです。債務整理により、家族がバラバラになることも防げたので家族の絆を強めるキッカケにもなって良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

任意整理後でも教育ローンや奨学金の利用の審査は通る?

目次任意整理で信用情報機関に登録されると、国や民間の教育ロ…

レイクの債務整理体験談

債務整理をしてから堅実にお金を使う様になりました

借入額160万円

驚愕の過払い金請求とは、借金が無くなるだけじゃなかった

借入額200万円

ホストクラブにハマり200万円の借金!最後は任意整理することになりました

借入額200万円

借金返済なら絶対に債務整理をするべき

借入額140万円

早めの相談が早期解決に繋がります。

借入額200万円

独身時代にお金を使いすぎる生活をしていました

借入額200万円