借金の免除で新たな人生を歩めます。

2019.03.12 更新

OL

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

義母の介護施設入所費用を借り入れました。

私自身は借金が嫌いでしたが、夫や義理の両親は借金をそれほど重要視していませんでした。義理の父が亡くなり、義母が要介護になった時、私たちしか介護できる人がいませんでしたが、夫は私にすべて任せきり、私自身も仕事が忙しいのでしっかりした施設に申し込みをしました。その際、夫や義母は既に借金を多く持っており、入所費用を借りるだけの信用がある人物が私しかいなかったため、仕方なくサラ金で借り入れをしたという次第です。夫には地震の借り入れがあるため、返済は私自身が払い続けていました。

プロミス、セディナ、バンクイックから計100万円の借金。月々6万円の返済

プロミス、セディナ、バンクイックから30~40万円ずつ借り入れをして、入所費としてほぼすべて施設に支払いました。夫は私が借金をしたことで生活費が少なくなると文句を言うようになり、残業や副業を強要してきました。夫の親のための借金であるにもかかわらず、このような理不尽なことを言うのに呆れて弁護士に相談したところ、離婚と同時に新しい人生をやり直すために借金を整理してはどうかと勧められ、債務整理をすることを決断したという流れです。結局、相談した弁護士に両方の手続きを依頼しています。

自己破産でゼロからの再出発です。

自己破産の申し立てをしてもらった結果、100万円の借金は免除されました。弁護士費用に関しては、これからシングルマザーで生活することを心配してもらえ、法テラスの法律扶助を使えましたので、月5000円の支払いでいいそうです。破産の申立てと同時に進めていた離婚と財産分与の話もついて、引越して新たな生活をするだけの資金は手元に残りましたし、これからは子供と二人で生きていけそうです。弁護士からは、シングルマザーが受けられる手当やサービスなどの紹介もしてもらい、本当に助けられました。

すっきりした状態で新たな人生を歩めます。

離婚は前から考えていましたが、借金の整理までは頭が回りませんでした。ですが、実際にシングルマザーとしての生活をしてみると、あの時の借金を今払わずに済んでいるのはかなり大きいです。もともと自分のためにお金を使うことがほとんどなく、自己破産をしても失う財産は全くありませんでした。おかげで子供にもある程度習い事などでお金をかけることができますし、将来のための貯蓄も少しずつたまっており、元夫のための借金の返済で無駄にせずに済んでいます。対応してもらった弁護士が親切で助かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

プロミスの債務整理体験談

競馬をして借金をするようになりました。

借入額150万円

両親の医療費に苦しめられました

借入額360万円

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円

精神的に楽になりました

借入額290万

自己破産をしたことで、生きていくことに希望を見出すことが出来ました

借入額400万

結婚後の生活費として借金しました。

借入額200万円