過払い金返還請求に利用目的は関係ない

2019.03.30 更新

OL

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
6万円

ストレス解消のためホストクラブに行ったらハマってしまい借金。

会社でストレスが溜まる仕事が多かったので、ストレス発散を兼ねて同僚にホストクラブに連れて行ってもらいました。外見から怪しい雰囲気とすぐに分かったのですが、予想外に優しい対応からお嬢様気分を味わえてハマってしまいました。最初は普通の遊び方をしていたのですが、ホストの誕生日イベントをキッカケにお金で気を惹くようになってしまい、気が付くと貯金450万円を使い果たしていました。この時点で止めておけば良いものを、カードで借金してまで通っていたので、今から考えると病気だったと思います。

アコム、モビットから各70万円、セディナから60万円の借金。月々6万円の返済。

3社から200万円の借金をした段階で、他にお金を借りる所が無くなりホストクラブへ通うことが出来なくなりました。この時点でようやく目が覚めたわけです。残ったのは、思い出と借金だけですが、営業トークに上手く乗せられてしまったと今では考えています。仕事を頑張って、最低弁済額の6万円よりも多い金額の返済を続けたことで、何とか3年で完済出来ました。しかし、カードの解約をする迄には至らずに、金利改定案内が来た時に不審に思ってインターネットで調べたら貸金業法改正の話を知ったわけです。

過払い金請求により、期間にバラつきはありましたが全額戻ってきました。

貸金業法改正と利息制限法についてよく調べてから、弁護士事務所に相談に行きました。契約書や利用明細書一式を保管してあったので、過払い金が明らかに発生していることがすぐに分かったからです。金利引き直し計算方法については、難しそうで手が出せなかったので、弁護士にお任せすることにして、提訴も辞さない覚悟で依頼しました。提携クレジットカードが利用不可となる注意点を確認してから、正式に依頼となったわけです。最終的には、3社から弁護士費用を除いた60万円の過払い金の返金がありました。

戻ってきた過払い金をすぐに貯蓄に回せたので、生活にゆとりが出来ました。

過払い金を返金するように求めると、提携クレジットカードが利用できなくなる点には注意が必要です。無関係のグループに属するクレジットカードならば、全く影響を受けないので過払い金返還請求訴訟を提起しても問題ありませんでした。本来は自分のお金を取り返しているだけの手続きですから、堂々と弁護士に依頼して待っているだけで済む点が良かったです。金利が27%を超える借金をしても、完済出来たことが自信となったので、過払い金返還請求によりお金を取り戻すこと自体が、過去を清算する意味合いを持っていると感じました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

モビットの債務整理体験談

内緒の投資が借金の原因に

借入額200万円

自己破産をして楽になる

借入額300万円

貸金業法改正により自己破産を選びました

借入額320万円

返済を助けてくれる道は必ずあります

借入額ほぼ500万円

手間が掛からない過払い金請求

借入額90万円

ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

借入額305万円