任意整理のおかげで、まるで借金が減らない苦しい日々から解放されました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

当時の私は年収250万程度にも拘わらず、夜の遊びを覚えてしまい借金苦に。

初めて借金をしてしまったのは今から10年前のことです。当時の私は高校卒業後すぐ上京し、学校の推薦で就職出来た小さな工場で働いていました。まだ仕事を覚えていないので年収は250万円程度。にも拘わらず、職場の同僚との付き合いで夜の街に繰り出したことをきっかけに、クラブ通いを始めるようになってしまいました。当然すぐにお金は足りなくなり、就職時に作ったクレジットカードのキャッシング枠をすぐに使い切ると、今度は消費者金融というお決まりのルートで次々と借入を重ね、1年後には250万円もの多重債務を抱えることに。

セディナから100万円、消費者金融3社から各50万円、毎月6万円の返済。

クレジットカードのキャッシングから始まった借金は、わずか半年で100万円に到達。それでもなかなか夜の遊びをやめられない私は次々と借金を重ね、利息払いを借金で支払う自転車操業状態に陥っていました。総借入金が250万円になり、私の収入ではもう借金をすることが出来なくなったところで、さすがに目が覚めて遊びを自重するようになりましたが時すでに遅し。どれだけ支払ってもほとんど元の借金が減らない状況は、徐々に私から仕事に対する意欲すら奪っていきました。それでも何とか3年間は頑張って支払いを続けていたものの、大きなミスが原因で職場をクビになったことでついに滞納に至ってしまった次第です。

過払い請求の結果、250万円の債務は60万円まで圧縮。おかげで私でも楽に借金を返すことが出来ました。

工場をクビになり厳しい督促に悩まされる日々を一ヶ月ほど過ごしたある日、当時ちょうど増えていた過払い金に関する無料相談広告をインターネットで目にしました。これぞ僥倖だと思い早速該当事務所に赴いて私の現状(借入先や負債総額、利息を支払っていた時期など)を、担当の司法書士先生に伝えました。先生によると若干支払時期は短いものの、総支払い利息額が多いのでかなりの減額を期待出来るとのこと。約2ヶ月後に債権者達との和解が成立。最終的に250万円の借金は60万円まで減りました。事務所に支払う手数料は着手金などを含めて合計19万円。いずれも一括支払いは無理なので、毎月約2万3千円を3年掛けて分割して支払うことで決着した次第です。

まるで減らない借金から解放されたことで、人生を前向きに考えられるようになりました。

250万円もの減らない借金を抱えながら勤め先をクビになったときは、当時の私でも知っていた自己破産以外手段は無いと思い込んでいたので、そのようなリスクの大きなことをせずとも借金を大きく減らせる任意整理は魔法のようだと思いました。実際、利息が免除された上に60万円程度にまで減ったと知らされた際は本当に有り難いと思いました。お世話になった司法書士の先生は、こちらの追い込まれた状況に対する理解があり、分割支払いなどに柔軟に応じてくれて嬉しかったです。おかげで非正規ではありますが次の仕事をすぐ見つけることが出来て、借金も延滞することなく完済できました。若い内にお金の怖さを思い知れたことはむしろ幸運だったと捉え、今後は二度と借金することなく生きていきたいと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

レイクの債務整理体験談

迷っている時間があれば、即行動

借入額200万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円

自ら意欲的に支払うことの意味

借入額150万円

やり直す事が出来ました

借入額280万

過払い金請求で借金の返済に成功しました

借入額180万円

任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

借入額410万円