借金がほとんどなくなりました

2019.04.09 更新

会社員

借入先業者名
借入額
110万円
借入期間
14年強
毎月の返済額
5万円

社会人になってすぐにクレジットカードを持つようになり、ポイント目当てで現金ではなくカード払いにすることが増えました。払った分をすぐに口座に入れればよかったのですが、自分のお金のように錯覚してしまい、いつの間にか限度額いっぱいまで買い物をしていました。当時の収入の半分近くが返済に充てられるようになり、その返済のためにサラ金からお金を借りて、払えなくなるとまた借り入れをするといった悪循環で、いつの間にかサラ金とも10年以上の付き合いになっており、借入額もトータルで100万円を超えるような状況です。

信販会社1社から20万円、金融業者3社から合計で90万円の借金で、毎月5万円近く返済しています。

オリエント信販から20万円、武富士とアコムから各25万円、アイフルから40万円借りていました。これくらいあちこちから借金をすると借りている金額がわからなくなり、計画を立てて返済を使用という気持ちが薄れます。返済ばかりにお金を使って自分のための出費はほとんどなくなったため、友達と遊びに行くときでも一人だけみすぼらしい格好で楽しめませんでした。また、車を買うときにローンが組めなくなり、親に車を貸してもらったことがあり、自分が多重債務者だと認識して肩身の狭い思いをしました。

借入がほとんどなくなり、負担が減りました。

専門家に手続きを依頼したところ、取引が長いので以前の高い利率で借金をしており、引き直し計算をすると借金はほとんど残っていないことがわかりました。すべて合わせても10万円もなかったため、ちょうど賞与の時期だったこともあり、すべての借り入れ残高を一括で返済して、借金のない体になりました。弁護士報酬はかかったものの、分割でもよいといわれており、毎月1万円ずつ支払っています。今まではゴールの見えない返済を5万円ずつしていたことを考えると、生活にも十分なゆとりが出てきました。

自分の家計の管理をするようになりました。

今まではクレジットカードでいくら払っているのかを分からないままに、欲しいものをどんどん買っていました。ですが、借金のなくなった今、新しい借り入れができなくなったのをきっかけにきちんと家計簿をつけるようにしています。おかげで、買っても使わなかった無駄なものを処分して、本当に必要なものだけを選ぶといった効率の良い買い物ができるようになりました。借金があるときにはやけくそになってあれこれ買っていましたが、ストレスがなくなったせいか、以前のような買い物依存症の症状も消えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

武富士の借金返済体験談