任意整理のおかげで300万円もの借金を完済出来ました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
7万円

当時の年収は400万程度でしたが、僅かな帰省費用捻出のための借入がきっかけで多重債務状態に。

当時の私は東京の小さな印刷会社に勤めており、年収は400万円程度。結婚願望が無い独身主義者だったこともあり、全く貯金をせずに毎月の収入はきっちり遊興費として全部使ってしまうという生活を入社以来ずっと続けていました。そして10年前の年末、実家に帰省するための旅費が足りなくなったことが、借金地獄に陥るようになったきっかけです。残しておいた旅費を些細な理由で使ってしまった私は、帰省するためのお金をクレジットカードのキャッシングで賄ってしまいました。すぐ返せば良いと思って安易に利用したのですが、意志薄弱な私はすっかり借金に抵抗がなくなってしまい、安直な借入を繰り返す結果に。

三井住友VISAから100万円、消費者金融4社から各50万円の借金。月々7万円もの返済。

一度借金することに抵抗がなくなると、クレジットカードのキャッシングとショッピング枠合計100万円はあっという間に一杯に。その後は武富士のカードを作り、次はアイフルといった具合に次々と借金を重ねるようになってしまいました。借金総額が300万円に達するまでの期間はわずか1年足らず。流石に何とかしなければと思い、借金を減らそうと頑張ったのですが、当時の年利では利息払いだけで手一杯です。毎月7万円も返済に充てても借金がほとんど減らないストレスを解消するため、夜遊びやギャンブルで散財してしまうという悪循環が結局3年以上も続くことになりました。

任意整理で300万円の借金が120万円に減少。相談時に掛けて貰った優しい言葉が嬉しかったです。

転機が訪れたのは、最初の借金をしてから4年数ヶ月後のことです。こんな生活を何時までも続けていてはいけないと思っていた私は、たまたま見たテレビ番組で過払い金という存在を知りました。早速ネットで検索して見つけた近所の弁護士事務所に相談することに。情けない理由で膨らませてしまった借金だっただけに、叱責されてしまうのではないかと思いましたが、優しい言葉を掛けて貰えて涙が出そうになったものです。相談の結果、任意整理がベストだという結論に至り、そのまま一任することになりました。債権者との和解は約2ヶ月後に成立し、300万円の借金は120万円にまで減額されました。弁護士費用との合計は145万円ですが、その金額を毎月3万円の4年分割で事務所に支払うことで決着した次第です。

利息が免除されたことで蟻地獄に嵌まったような日々から解放され、建設的に生きる意欲が芽生えました。

恥ずかしながら今までずっと債務整理という手段があることを知らなかった私にとって、弁護士が提案してくれた任意整理はマジックのような驚きがありました。債務は半分以下に減って、しかも利息は帳消しになれば私でも完済できます。毎月3万円の支払いも楽とは言えませんが、元金が確実に減っていくという手応えは私にとって本当に素晴らしいことでした。過払い請求に怒った債権者が私の借金を知らせてしまうんじゃないかと不安でしたが、弁護士がしっかりとその対策をしてくれたのか、幸いにして会社に知られることはありませんでした。過払い請求先の金融業者からは二度と借金出来ないらしいですが、私にとっては幸いです。自分の意志の弱さが良く分かったので、もう二度とカードを作らないよう自戒し続けて行きたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

武富士の債務整理体験談

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万

ぼったくり風俗に引っかかってしまい、借金をしてしまいそのままずるずると借金地獄に。

借入額350万円

精神的に楽になりました

借入額290万

長年の苦労が報われました。

借入額300万円

引っ越し費用のために借りました。

借入額100万円

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円