浪費癖が招く当然の結果

2019.03.25 更新

OL

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
5年4カ月
毎月の返済額
8万円

ショッピングにはまり、借金しても購入することをやめられなかった

ブランドが大好きで、新作が出ると次々に買い集めていました。購入出来た時の満足間や優越感が忘れられず、買い物をする事がやめられない状態に。しかし収入には限りがありますから、当然資金が不足する訳です。そんな時は決まってカードで借金をし、買い物をする日々。数十万単位の現金を払って買い物をすると、店員が私を見る目も変わります。当然お店からはVIP待遇を受け、その優越感からさらに買い物に拍車がかかるように。お店で商品を進められると、それを即決して買う事もしばしばあり、どんどん借金が増えていくという状態でした。

300万円の借り入れになり、月々8万円を返済

家には使っていないブランドの品が溢れかえるようになり、それでも買い物を続ける病的な状態でした。しかし傍目からはお金持ちのOLとみられていましたので、今更その印象を変えたくはありません。プライドが邪魔をして、自分を変える事ができませんでした。しかし借金は雪だるま式に増え、月々の返済は借りているマンションの家賃と同額になり、返済が難しい状態へと追い込まれる事に。しかし恥ずかしさが先にたち、誰にも相談できませんでしたし、お金が無い事がばれてしまう事を恐れ、借金をしても買い物を続けるという最悪の状態でした。

返済が不可能と思われた借金が減り、月々の返済が楽になった

いよいよ支払いが出来なくなり滞納を続けるようになってはじめて専門家に相談しました。とても悩みましたが、行動を起こさない限り自分を変えられない事は分かっていたからです。任意整理により、いつ完済できるかも分からない額の借金は、3分の1以下の80万円に減額されるという驚くべき結果となりました。月の返済も8万円から2万円へと大幅に減り、自分の収入の範囲での返済が可能となったのです。任意整理によりこれまで取引のあった会社への新たな借金は難しくなりましたので、ショッピングをする資金源も絶たれ、何とか元の生活を取り戻す事に成功しました。

自分の収入の範囲でやりくり出来る、当たり前の生活を取り戻せた

借金を続けていると借りている感覚も麻痺しますし、完済しようという意志より目先の返済に注意が集中し、長期的な視野で物事を見る事が出来なくなります。現実から逃げ、自分の抱えている問題を直視できない状態になってしまいますが、債務整理を通して、自分がいかに愚かな事をしたのかはっきりと思い知る事が出来ました。立ち直る大きなきっかけを下さった弁護士の先生には本当に感謝しています。自分の弱さをさらけ出すというのはとても勇気がいる事ですが、必ず状況は良い方向に向かいます。専門家の力があってこそ、最善の解決策が得られるという事を自部の経験から知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

楽天カードの債務整理体験談

結婚詐欺にあって借金を作りました

借入額100万円

毎月8万円も返済が任意整理で3万円以下に減りました

借入額350万円

債務整理を行ったら安心できる生活がもどりました

借入額210万円

会社倒産で生活費の捻出から借金に陥りました

借入額100万円

アイドルのハワイツアーに行くために借金をしました。

借入額220万円

自宅を手放したくなく借金も相続しました

借入額150万円