クレジットカードのリボ払いは金銭感覚が麻痺します

2019.03.25 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
5年1ヶ月
毎月の返済額
9万円

三井住友カードから80万円、オリコから120万円、エポスカードから50万円の借金。月々9万円の返済。

入社して最初に作成したクレジットカードは、銀行キャッシュカードと一体型のものでした。三井住友銀行のVISAカードでしたが、リボ払いへの変更がすぐに出来たことから同期の多くが同じく切り替えていました。大学時代もアルバイトをしていなかったので、初めての一人暮らしと買い物の楽しさからリボ払いでは毎月の支払額が一定となるため、収入に見合わない買い物を続けてしまったのです。金利がいかに高いものか気付くまでに1年かかりました。結果として2枚目、3枚目とクレジットカードが増えて借金額が膨らむことになってしまったのです。

自己破産で全ての借金返済が免除されました。

三井住友カードの支払日が給料日の5日前という設定だったので、最初に苦しくなりました。給料日前にカードを使いすぎてリボ払い残高が増えてしまう悪循環に陥ったものの、手取りの19万円のうち9万円が支払いに消えてしまうと家賃5万円を支払うと残りが5万円だけになりました。食費から光熱費まで節約すると交際費や被服費が残らず結局更にリボ払いで使ってしまう状態が続き、借金総額が増えてしまう状態になったのです。三井住友カードの滞納が起こると、会社に連絡が入るようになりましたが、給与振込銀行となっていたためにカードの滞納が会社にバレてしまう状態になり、退職を余儀なくされました。

生活を一からやり直すチャンスをもらえて、現金主義の生活を行なうことが出来るようになりました。

収入の半分近くを返済に充てる生活が長続きするはずもなく、会社に滞納がバレた結果として退職を余儀なくされ、すぐに派遣社員として働き始めました。手取りは21万円に増えたものの、いつ派遣切りに遭うか分からないので不安に思い、債務整理に強い弁護士へ相談して個人再生手続きを依頼しようと考えたのです。実際に弁護士に相談してみるとリボ払いが原因で買い物や生活費目的での使用ならば、自己破産が良いという話から手続きを依頼することにしました。免責決定を受けることで、借金返済義務が無くなり生活再建が出来ました。

債務調査を行った段階で弁護士から説明された事実に唖然としました。

リボ払いでは手数料が金利に相当し、毎月少額の支払いで済む代わりに元金が返済額の3割程度しか返せていないことを初めて知ったのです。現金のみで生活していれば自分の生活費は手元の現金で済みますが、リボ払いを利用すると手数料だけで毎月5万円以上もお金が目減りしていたことになります。生活費を今まで家計簿を付けて確認したことが無かったので、改めて陳述書を作成する期間内に弁護士に言われて付けた家計簿から、毎月必要な生活費を計算出来るようになりました。派手な生活をしなければ、十分生活に困らない給料を得ていたことを知り、今では身の丈に合った生活を送り貯蓄を行なえています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アコムの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまと…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

三井住友カードの債務整理体験談

相談することの大切さ知りました。

借入額130万円

ストレスから買い物依存症になり借金が膨らみました。

借入額200万円

債務整理してスッキリした話

借入額2000万円さらに友人の借り入れの連帯保証が5000万円

利用可能枠は貯蓄とは異なります

借入額230万円