任意整理の結果、200万円もの高利負債を無利息の80万円に減らすことが出来ました

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

脱サラ後に始めたラーメン店経営が上手くいかず、消費者金融を利用したことをきっかけに多重債務状態に。

当時の経営が全く上手くいかなかったラーメン屋の資金を捻出するため、消費者金融に手を出してしまいました。サラリーマン時代、唯一の趣味がラーメン屋通いだった私は、ほとんど昇給がない当時の待遇に嫌気が差して脱サラを決意。ラーメン作りに関して殆ど素人だったにも拘わらず、根拠のない自信に満ちていた当時の私は、300万円程度あった当時の貯蓄を見せ金として、国の補助金を勝ち取ることに成功。何とかラーメン店を開業するに至りました。しかし、ほとんど客が来ない毎日が続き資金は半年を待たずに枯渇。そこで断念していればまだ救いがあったのですが、諦め切れなかった私は高利の借金に手を出してしまった次第です。

武富士、プロミス、アイフル、モビットから各50万円の借金。毎月5万円を返済することに。

半年を待たずラーメン店経営が行き詰まった時点で諦めていれば良かったのですが、自分が間違っていることをどうしても認められなかった私は、消費者金融の武富士からの融資に頼ることにしました。幸か不幸か、当時は自営業者の私でも比較的簡単に融資を受けられました。武富士から借りたお金は瞬く間に溶け、次はプロミスといった具合に借金を重ね、その総額は200万円に到達。さすがに審査が甘い当時でも、私のような自営業者ではそれ以上の借入は不可能になり、ラーメン店を畳むことになった次第です。残った負債を返済するため契約社員として働くようになったのですが、手取り15万円程度では利息支払いだけで手一杯。そんな生活が4年ほど続いたある日、派遣契約を一方的に破棄され無収入になり、滞納に至ってしまいました。

初見から頼もしさを感じた弁護士先生の推す通り任意整理を選択した結果、負債が80万円にまで減りました。

世界同時不景気をきっかけに一方的に派遣契約を破棄された私は次の仕事を必死に探したのですが、見つかる前に返済日が来てしまい、ついに滞納する羽目に陥ってしまいました。ほとんど自暴自棄になり次の仕事を探す気力も失せ厳しい督促から逃げ回りながら、日雇い労働などで何とか生きながらえる生活を半年ほど続けていたある日、債務に関する相談を無料で受け付ける旨の張り紙を偶然見かけ、その弁護士事務所に駆け込んだ次第です。担当の弁護士先生は非常に明快かつ親切で、私の悩み全てを丸ごと受け止める包容力を持ち合せていました。その先生の勧めに従い任意整理をお願いしたところ、約50日後に和解が成立。借金総額は80万円まで減額され利息は免除。事務所への支払いと合わせて、毎月約2万円を4年分割で支払うことで決着が付きました。

こそこそと逃げ回る生活から解放され、人生をやり直す気力を得られました。

「たった200万円の債務で自己破産は難しいが、過払い期間が4年程度あるから債務をかなり減らせる」という弁護士さんの言葉は、当時の私にとって半信半疑な内容でしたが、その通りの結果になり本当に驚きました。また、弁護士事務所と契約を締結した直後から厳しい督促が収まったことは私にとって何よりのメリットだったと思います。おかげで精神を真っ当な状態にする猶予を得られましたし、新しい仕事を探すための気力を取り戻すことができました。当時の私を信用してくれた弁護士さんだけは裏切れないという思いで必死に仕事を見つけ、残った債務の返済を頑張りましたが、その努力が無ければ現在の私は無かったでしょう。信用を裏切ることの愚かしさと、守ることの大切さを同時に学べたことを糧として、今後は真っ当な人生を歩んでいきたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

武富士の債務整理体験談

浪費が原因で作った借金250万円が任意整理の結果、120万円に減りました

借入額250万円

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

払えないと思っていたのにお金がもらえました。

借入額160万円

長男の大学費用の為に借金

借入額50万

債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

借入額600万円

債務整理による借金地獄からの脱却

借入額150万円