見込みが甘い状態で起業すると痛い目に遭います

2019.02.06 更新

自営業

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
5年10ヶ月
毎月の返済額
6万円

ドロップシッピングに関心を持ち起業を行ったものの失敗して借金。

会社に勤めている際に、同僚が始めたドロップシッピングで利益が出ていたので、自分でも出来ると考えて始めました。商品の更新作業に思いの外時間が掛かることが分かったので、会社を退職して本格的に起業することにしました。作業量を4倍にすれば収益も4倍になるだろうという単純な考えが甘かったのですが、当時は全く理解出来ておらずに通勤時間の長さに嫌気がさしていたので、一気に起業に踏み切ってしまったのです。最初の1年は収益の伸びが悪くても気になりませんでした。しかし、2年目に入っても伸びない事態に生活資金が底をついて借金をすることになったのです。

アイフル、アコム、スタッフィから各70万円の借金。月々6万円の返済。

ドロップシッピングを継続して生活出来るレベルまで上げるには、もっと勉強が必要だと分かったので、契約社員として勤務することにしました。あくまでも副業として行なう中で、限界まで収益を上げてから独立すれば良いと思うようになったのです。毎月一定の収入が確保されている安定感は、やはり捨て難いと考えられたのです。まずは、一度借りてしまった借金の返済を最低弁済額に関係なく一気に支払う必要に迫られました。金利を考えると、最低弁済額では元金が1/3くらいしか払われないことが分かったからです。

過払い金返還請求により、時間を掛けて手続きすることで全額戻ってきました。

クレジットカードを失うことは避けたかったので、弁護士に相談すると完済状態になってから過払い金返還請求をすれば、個人信用情報には影響が無いと言われました。当初の方針に間違いが無いことが確認出来たので、完済後にすぐ全取引履歴開示請求を行い、過払い金返還請求訴訟提起を依頼しました。途中で和解提案が来た場合には、満額回答以外は全て拒否するように弁護士に依頼しておいたので、時間は掛かりましたが合計で80万円の過払い金が戻ってきました。弁護士費用を支払っても十分な金額だったので良かったです。

過払い金を取り戻すためには、訴訟提起が効果的と分かりました。

任意整理を行なうという手段もありましたが、金利引き直し計算を行った際に残債があると、個人信用情報に悪い情報が書き込まれてしまうのでクレジットカードを失う可能性がありました。何とか完済を最優先として動けたのは、ドロップシッピングを継続したいという意思があったからです。債務整理の方法は、タイミングを誤ると効果が少なくなりかねないので、全ての手続が出来る弁護士に相談してから方法を決めることが大切だと実感しました。何事も継続することが重要だと、返済を継続することで経験出来たので、今度はドロップシッピングでの成功を目指して研究を続けて行きたいと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

スタッフィの債務整理体験談

見栄を張った生活は破滅への近道でした

借入額360万円

リボ払いは借金地獄の始まりでした

借入額200万円

個人事業主には限界があることを知っておくべきでした

借入額300万円

債務整理の方法は弁護士に相談して決めました/39歳派遣社員

借入額430万円

がん治療で3サイクル後の手術は厳しい

借入額150万円

派遣社員として勤務していた時に突然仕事が打ち切りになって借金。

借入額350万円