離婚をしても過去の清算は続くものです

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
7年1ヶ月
毎月の返済額
7万円

結婚当初に購入した家具類の代金を借金で購入しました。

結婚生活は実質的に2年で終わりを迎えたので、結婚当初に購入した家具や設備の費用については、支払いが離婚後も継続することになりました。大した財産は無かったので、慰謝料や財産分与請求が無かったものの、互いに抱えている結婚時までの借金については、各自清算を続けることになりました。最も大きかったのは、家具は購入時は高いものの転売が難しいので、売却して清算する許可が信販会社からは下りない点が問題でした。毎月の返済額が大きかったので、何とか解決する方法が無いものかと日々調べる生活が続いていました。

オリコ、セディナ、ジャックスから各80万円の借金。月々7万円の返済。

毎月7万円の返済額は、返済を続けることで徐々に減額されることになりますが、計算してみると減額された金額を払い続けたのでは返済期間が伸びてしまうことが分かりました。そこで、無理をしてでも毎月7万円を払い続けて完済を早く目指すことにしました。3年経過した時点で元金が半分以下に減ったので、完済が目指せると分かった時にクレジットカード会社から来た案内が、借り換えれば金利が下げられるという案内でした。何か裏があると思って、すぐにインターネット検索をした結果、グレーゾーン金利を知ることが出来ました。

過払い金請求により借金が無くなりました。

弁護士事務所に相談に向かうと、金利引き直し計算を行った結果として既に過払い金が発生しているので、弁護士費用に充てれば費用を掛けずに借金返済から開放されることが分かりました。全取引履歴を開示請求して、確かに完済が出来ていることを確認する必要がありました。なぜなら、金利引き直し計算をしても債務が残る場合には、個人信用情報に異動情報が書き込まれてしまうからです。最終的に完済済みが確認出来たので、過払い金返還請求を行って全額回収し、手元には弁護士報酬を払った残り5万円が戻ってきました。

債務整理は計画的に行なうと、安全に手続きが出来ると分かりました。

債務整理を行なう際には、弁護士に依頼すると確実です。個人の状況に合わせた最適な方法を探して提案してもらえるからです。債務整理を行なう時に、グレーゾーン金利があれば金利引き直し計算を行なう点は共通ですが、結果として個人信用情報に載るかどうかが変わります。完済済みになることが確認出来てから、過払い金返還請求を行なえば他社のクレジットカードに影響を与えることが無いので、安全に自分のお金が取り戻せるわけです。戻ってきたお金は少ないですが、完済出来たという事実の方が特に大きかったので、結果に満足しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

セディナの債務整理体験談

クレジットカードを使いすぎて払えなくなりました

借入額180万円

過払い金の返還請求をするとグループ会社のクレジットカードが利用停止になる

借入額180万円

生活費が足りなかったので。

借入額100万円

当時の毎月の収入16万円、サラ金を中心に200万円の借金

借入額200万円

思っていたより少なくなりました。

借入額80万円

自動車期間工で働いていたが、その後フリーターになってしまい、借金が増えた。

借入額140万円