1社でも過払い金返還請求は可能なのか

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
4万円

資格試験を取得するため予備校に通う際に借金。

新入社員として入社した会社では、入社前の説明とは異なり残業代が一切出ないにも関わらず、毎日22時まで残業しなければ帰れない状態が続いていました。労働基準監督署へ通報すると、報復解雇されてしまったので、契約社員として別の会社に務めることになりました。資格を持っていれば、資格手当と正社員登用試験の受験が出来ることから、予備校に通って資格の取得を目指すことにしました。計画では2年で3つの資格取得を目指しましたが、最終的には3年かかってしまいました。学資ローンや教育ローンには頼れなかったので、借金で賄うことにしたわけです。

オリコから120万円の借金。月々4万円の返済。

予備校に通って取得した資格により、毎月の給料に手当が4万円付きました。返済額と同様だったので、残高スライド元利定額リボルビング払いだった返済方法にも関わらず、毎月定額で増額返済をしていたので、完済が予定よりも早く進みました。資格を取得完了までの3年間が、返済と勉強に借入管理とバランスを取るのが難しかったと感じました。完済後にオリコから増枠可能という連絡が来ましたが、利用可能枠を100万円に減額する申請を行いました。もう借金総額と高い金利に悩まされるのが嫌だったからです。

過払い金返還請求により、全額回収に成功しました。

過払い金返還請求が行えることは、テレビCMなどで確認していました。しかし、どこに依頼すれば良いか分からなかったことと、1社のみだったので引き受けて貰えそうな専門家が見つかるか不安でした。調べてみると、司法書士は和解により7割返還を目指すことが得意で、弁護士は訴訟による判決取得で全額回収が可能とあったので、弁護士に依頼することにしました。1社だけでも快く引き受けてもらえる所を探すのに半年かかりましたが、契約書と利用明細を全て整理しておいたので、引き受けてもらえた弁護士は感心していました。全額回収目的で提訴希望だったので、半年ほど掛かりましたが過払い金が82万円戻ってきました。

過払い金返還請求は、弁護士に最初から依頼することで全額回収出来ることが分かりました。

過払い金返還請求の依頼は、過払い金を受け取れる金額に応じた報酬設定となっていることが多いので、1社のみの場合には引き受けて貰えない場合もあります。過払い金返還請求をすることで、相手の金融会社とは取引出来なくなることは明らかなので、7割回収を目指して和解する司法書士事務所に依頼することは勿体無いと思いました。弁護士ならば、最初から裁判を行った場合の報酬体系で計算してもらえるので、1社でも金額がそれなりにあれば割に合うと考えて引き受けて貰いやすいです。金融会社から見ると、弁護士に依頼された方が嫌だと感じることが良く分かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

オリコの債務整理体験談

任意整理ですべてに安心感

借入額300万円

免責不許可事由にあっても反省次第では自己破産出来る

借入額400万円

兄弟の借金を肩代わりして思い知らされました

借入額400万円

パチンコにはまってしまい、借金地獄に。

借入額240万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

仕事で使う機材を借金で購入しました。

借入額240万円