判決を取る勢いで過払い金返還請求は行いたい

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
9年8ヶ月
毎月の返済額
8万円

会社が解散して失業期間が長く生活のために借金。

大卒で入社した会社では、工場で特定の製品を作りメーカー向けに出荷する事業を行っていました。誰でも毎日目にする大型の製品を製造販売する会社でした。実際には、複数の製品を作っていましたが、親会社からの分離・切り離しが余儀なくされてしまい、ついには清算会社となってしまったのです。失業期間中には、同業他社への転職を誘われましたが、勤務地が遠すぎて転居が必要な状態となったので断念しました。失業保険給付を貰いながらの生活では、お金が足りなくなることは目に見えていたので、借金で生活費を補填していた状態です。

プロミス、アットローン、オリコから各80万円借金。月々8万円の返済。

今の会社に転職する迄には、ほとんどのクレジットカードから利用限度額一杯まで借りている状態でした。何とか就職出来たものの、契約社員のためにボーナス支給はありません。毎月の給料のみで生計を立てる必要があったのです。派遣社員よりは安定しているものの、終身雇用ではなく契約更新されなければ延長はありません。何とか最低約定金額よりも多い額を返済するようにしていました。元金を減らして行けば、完済が目指せると考えていたからです。29%の金利で3社からの借入がある生活は、今では再現出来ないほどの苦しいものでした。

過払い金返還請求により、全額が戻ってくることになりました。

何とか4年歯を食いしばって3社の借金を完済した後で待っていたのは、利用限度額アップの提案でした。借金からは無縁となりたかったので、増枠を断り弁護士事務所に相談に行きました。過払い金返還請求訴訟を提起するためです。グレーゾーン金利については、返済途中で気がついていたので、過払い金返還請求訴訟を完済したら行なうつもりでいました。なぜなら、過払い金が金利引き直し計算をすると合計で130万円もあったからです。苦しい思いをした分だけ、1円たりとも回収の手を緩めるつもりは無かったので、弁護士に和解なしの判決文を取るように依頼して、130万円全額回収を行いました。

過払いを何とかして取り戻そうとする時には、完済状態で行なえば全額回収しやすいと知りました。

任意整理で借金を減額してから、利子を付けずに返済する方法が最も返済額を引き下げられる方法といえます。しかし、任意整理を行って残債が残ると個人信用情報機関へ異動情報が書き込まれてしまうので、信用情報にキズが付いてしまいます。過払い金返還請求を行なえると確信した後も、返済額を上げてとにかく完済を目指したのは、個人信用情報を大事にしたかったからです。司法書士に依頼すると和解を勧められて7割程度しか回収出来ないこともあるので、最初から過払い金返還請求訴訟を提起して判決文まで取る完全な方法が確実と知りました。冷静に実行に移せる判断力が付いたと今では考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

プロミスの債務整理体験談

彼氏に貢ぐために給料だけじゃ足らず借金。それが重なって借金ばかりの生活を送る羽目になってしまいました。

借入額200万円

こんなに簡単だと思いませんでした。

借入額100万円

夫への密かな憂さ晴らし

借入額230万円

個人事業主には限界があることを知っておくべきでした

借入額300万円

過払い金請求は借金で苦しんでいる人の強い味方

借入額150万円

長年支払ってきた借金を完済することが出来ました

借入額70万円