見栄を張った生活のためにキャッシングリボで借金地獄に陥りました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
175万円
借入期間
1年4か月
毎月の返済額
5万円

周囲に対して見栄を張るために、キャッシングリボで買い物をして借金地獄に陥りました

結婚を約束していた相手と破局して、周囲に対して自分が幸せであると見せつけるために、見栄を張った生活をはじめるようになりました。身にまとうブランド品を買い漁り、現金での支払いが難しくキャッシングリボを使うようになりました。毎月一定の返済額なら問題はないと思っていましたが、利息のことは失念していました。しかも半ば買い物依存症に陥り、限度額いっぱいになったカードの返済をしながら、別のカードでリボ払いにして買い物をすることを繰り返してしまい、生活費が足りなくなり消費者金融からキャッシングもするようになりました。

タカシマヤカード75万円、楽天カード80万円、アコム20万円、月々の返済が5万円

周囲に幸せだと見せつけたいためにブランド品を買い漁り、限度額いっぱいまでショッピングリボを使用して、生活費も足りなくなり消費者金融からキャッシングして、返済に追われる苦しい生活がはじまってしまいました。給料だけでは返済が難しく、夜のバイトをするようになり、肉体的と精神的な疲れや睡眠不足が続きました。リラックスできる時間がなくなってしまい、常に焦燥感に付きまとわれていました。それでも欲しいものを買うのがやめられず、返済とリボ払い、キャッシングを繰り返す日々が続いていきました。

個人再生が可決されて、借金が減って完済が目指せるようになりました

本業に加えて夜のバイトを始め、毎日が疲れ果てていてある時に倒れて病院に運ばれました。疲労と栄養失調と診断されて、しばらく入院生活を送ることになり、借金返済が滞ってしまいました。さらに見舞いに来た両親や兄弟にも知られてしまい、退院と同時に弁護士事務所に連れて行かれて債務整理の手続きを取ることにして、悩みましたが個人再生を頼むことにしました。無事に許可が下りて総額が減り、家族がかなりの額を支払ってくれて、私自身は月1万の支払いになり、夜のバイトを辞めて体調を整えるようにと言われました。

無理をしないで、精神と体調と健全にすることに力を注げるようになりました

債務整理による個人再生が通って借金の総額が減り、両親と兄弟の援助によって大部分の負債がなくなりました。ただすべてを返済すると再び買い物依存症になると言われて、カウンセリングを受けて治しながら月1万円の返済を行うようにしました。そしてカードが使えなくなり、久々に現金で支払うようになり、自分がどれだけ見栄のために無駄なお金を使ってきたのかが分かりました。まだ完全に依存症がなくなったわけではありませんが、商品を購入する前に必要か否かを自問自答するようになり、心身の健康に力を注ぎつつ、今さらながらお金の使い方を学ぶようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理すると住宅ローンは組めなくなる?

目次任意整理後に住宅ローンは組めなくなる任意整理すると住宅…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

楽天カードの債務整理体験談

こんな手続きもある、任意整理で借金減額

借入額250万円

債務整理をして、借金問題が解決された体験談

借入額120万円

事業で失敗をして借金を作りました。

借入額220万円

借金の悩みが亡くなりました。

借入額120万円

スマホゲームで借金地獄に…

借入額総額200万円

浮気が原因のイタい代償

借入額280万円