過払い金返還の手続きが上手く行き過払い金が戻ってきました

2019.04.09 更新

自営業

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
5年10ヶ月
毎月の返済額
3万円

自分のお店を開業した直後に運転資金が不足して、消費者ローンから借り入れをしてしまった。

長年の夢だったパン屋を開業したのですが、当初は営業が上手く行かずに、運転資金が足らない状態が続きました。パン屋の開業の際にすでに大手の金融機関からお金を借りていたので、さらなる借り入れは出来ない状況で本当に困っていました。お金がないとパンを作れないので、仕方なく近所にあった消費者ローンのATMでお金を借りてしまいました。その後はなんとか経営が軌道に乗って、きちんと収益を上げることが出来たのですが、借金の返済が毎月苦しくなるので、パン屋の経営に悪影響を及ぼしていました。

アイフルから120万円の借金。毎月の返済金額としては3万円程度

パン屋の経営がある程度上手く行っていたので、なんとか滞納をすることなく借金を返済出来ていたのですが、パンの売れ上げが芳しくない時期には、返済がとても辛かったです。4人いる従業員に対してはきちんと給料を確保する必要があり、それに借金の返済が加わり、毎月の支出が増えていくので常に高いレベルの不安感を憶えていました。アイフルからの借金は大手金融機関よりも金利が高く設定されていて、毎月きちんと返済をしても借金の元本がほとんど減らない状態で、なぜここまで金利が高いのだろうと疑問に思っていました。

過払い金を請求することで、多くの過払い金を得ることが出来た

色々と借金のことを友人に相談していると、過払い金が戻ってくる可能性を指摘され、必要な手続きのために司法書士事務所を訪れました。司法書士事務所では、細かい部分の解説を色々としてくれて、分かりやすく過払い金返還のプロセスを提示してくれました。説明に納得出来たので過払い金の返還訴訟の手続きに移ってもらいました。3ヶ月ほど経った時に連絡があり、過払い金が返還されると知らされました。実際にすべての手続が完了してお金が戻って来たのですが、60万円ほどの金額が返って来たので嬉しかったです。

借金問題がクリアになりパン屋の経営がより良くなりました

過払い金が返還されたことで、以前から必要だったパンを効率的に焼く設備を導入することが出来ました。新しい設備の導入の成果で収益が大きく改善して、毎月の経営がとても楽になりました。過払い金という臨時収入がないと新しい設備の導入は出来なかったので、過払い金の返還訴訟をして良かったと実感しているところです。借金の問題がすべて解決して、後は開業の時に借り入れたお金を返済すれば良いだけなので、月末のお金の管理がとても楽になりました。2店舗目の出店に向けてこれから頑張りたいと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

取引期間が短いと、借金の任意整理はできないの?

目次取引期間が短い場合でも借金を任意整理するメリット短い取…

アイフルの債務整理体験談

借金問題は一人で抱え込まず、専門家に相談を

借入額150万円

私を救ってくれた債務整理体験談

借入額120万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円

誰にも知られずに債務整理できました

借入額215万円

返済は地道で長い道のりですが、ゴールは見えています。/30歳会社員

借入額210万円

FXでお金を失い借金生活に突入。

借入額310万円