緊急の借金で助かったものの法外な金利だったと後で知りました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
4年11ヶ月
毎月の返済額
6万円

ある日突然夫が逮捕されてしまい、生活のために借金。

突然会社から電話が入り、夫が警察に逮捕されたことを知りました。痴漢により現行犯逮捕されたという話でしたが、状況を聞くと冤罪だとすぐに分かりました。しかし、犯行を否認しているために逮捕勾留が長くなることが予想され、仕事をしていなかったので生活費と弁護士費用を工面するために一時的に借金で賄うしかありませんでした。幸いクレジットカードや消費者金融のローンカードは会社を退職する前に作ったものを持っていたので、すぐにお金を用意出来ましたが返済を考えると仕事もしなければとすぐに考えました。

アイフル、ニコス、ライフカードからそれぞれ60万円の借金。月々6万円の返済。

国選弁護人が最初に付きますが、知り合い経由で弁護士を紹介してもらい対応に当たってもらいました。夫とは婚姻関係にありますが、夫婦関係は無いという秘密を抱えていました。弁護士には夫がゲイで私がレズのために今回は冤罪だということが明白という理由を説明して、逆に被害者が嘘を言っていることを証明するために裁判まで黙っていることにしようと考えました。結果的に初公判から事実を公表して、逆に被害者を告訴する形にしました。会社でのカミングアウトをしていなかったために、会社をクビになりそうでしたが、何とか会社には復帰して返済出来る状態になっています。

過払い金が確認出来たので請求したら、払い過ぎていたお金を全額取り戻せました。

何とか冤罪を証明して賠償金を取れたことで、借金の返済は予定の半分の期間で完了出来ました。2年経過した時に、過払い金が発生していることを知り、弁護士に依頼して過払い金返還請求訴訟を提起してもらいました。第一回公判前にニコスとは和解が成立して全額戻ってきました。アイフルとライフカードは7割の和解条件しか提示されなかったので、判決により全額返金と法定利息5%を追加した過払い金を返金してもらうことになったのです。合計で68万円の過払い金が戻ってきたので、辛い思い出を忘れるために使い道を考えることになりました。

過去を清算するためにも、過払い金を取り戻して気持ちの整理が付きました。

夫の逮捕が原因で借金をすることになってしまいましたが、結果的にはゲイをカミングアウト出来たことが本人には良かったと思うようにしています。過払い金を取り戻すために請求を行ったことは、過去を清算して得られたお金で体外受精を試みて夫婦としてやって行こうという気持ちの表れです。心の結びつきは、パートナーとして十分に密になったと考えられるので、過払い金返還請求により借金があったことは全て忘れて、未来に目を向けて生きて行こうと考えることにしました。今では子供を授かり、外から見るとごく普通の夫婦となっています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

給料日前に飲み会に誘われ軽い気持ちでキャッシング。

借入額120万円

失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

借入額320万円

総量規制により自己破産を選びました

借入額360万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円

クレジットカードの継続審査で引っかかりました

借入額210万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円