時間差で過払い金返還請求はしても良い

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
360万円
借入期間
9年10ヶ月
毎月の返済額
8万円

中学から予備校に通わせた結果として資金不足となり借金。

小学生の頃には塾に通わせることは無かったものの、中学に入り予想外に成績が良くなったので進学校を受験するために予備校に通わせることになりました。既に通い続けている他の子供に追いつくためには、講習会への参加も必要となるので、不足する教育費は借金で賄うことにしました。小学生のうちから通わせていれば、無理して追いつかせる必要が無かったと自分の無策に子供に対する申し訳無さを感じていました。何とか高校は進学校に進めたことで、学校側の授業を補足する程度の予備校通いで済むようになりました。

アイフル、レイク、ライフカード、スタッフィより90万円ずつの借入れを行っていました。

借金がある程度増えても、学年が上がるに連れて必要となる予備校の費用が少なくなったことが幸いしました。私立へ進むわけではなく、大学は国立大学を目指してもらえたので、それまでの負担増で済むからです。大学の学費については、予め積み立てをしてあったので心配はありませんでした。必要な金額が見えてきたことで、完済に向けた計算を進めることが出来ました。中でも返済額を自由に変更出来るライフカードとスタッフィの完済を先に目指すことにしました。返済先を早く2つに減らすことが先決だと考えたからです。

任意整理を行なうつもりでしたが、過払い金が多かったので2段階に分けることで全額返済出来ました。

弁護士に相談して、スタッフィとライフカードの過払い金返還請求を先に行なうことにしました。既に先に完済していたので、金利引き直し計算をすると、弁護士報酬を引いて合計70万円戻る計算だったからです。弁護士に訴訟を提起してもらい、72万円が戻ってきたことで残りのアイフルとレイクの任意整理に着手することにしました。金利引き直し計算をすると、アイフルが残り20万円、レイクが15万円だったことが判明しました。金利引き直し計算をした時に残債が出ないように計算した上で随時返済を行い、返済額が反映した段階で過払い金返還請求訴訟を提起しました。アイフルとレイクは残債が残らなければ良かったのですぐに和解しました。

金利引き直し計算をして残債が残らないように、金融会社別に工夫して個人信用情報を綺麗に保てました。

債務整理方法には、任意整理と過払い金返還請求は同じグレーゾーン金利がある場合に有効な方法です。金利引き直し計算を行った結果として残債が残る場合が任意整理で、借金が完済となり残債が残らなければ過払い金返還請求となるわけです。任意整理に該当しないように、過払い金が多い所から回収して、任意整理が必要な金融会社への返済に充てることで全部過払い金返還請求で処理出来ることが分かりました。過払い金を取り戻すだけならば、個人信用情報は綺麗な状態のまま保てることを知って動くと良いでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

任意整理を依頼すると取り立てがすぐ止まるってほんと?

目次任意整理でつらい取り立て、督促はすべて止まる任意整理を…

レイクの債務整理体験談

借金がなくなっただけで十分です。

借入額200万円

手間が掛からない過払い金請求

借入額90万円

借金を返済したいなら、専門家に相談をすべきです

借入額240万円

母親が買い物依存症で借金があり、家の生活費は自分が入れていた。生活費が足りない時にキャッシングをし、自分も借金地獄に。

借入額250万円

家を守ることができました

借入額1620万円

借金問題は専門家による過払い金請求

借入額120万