失業後に仕事が無い状況は精神的にも辛かった

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
7年9ヶ月
毎月の返済額
12万円

転職予定先が業務停止となり、内定が白紙となったことで借金。

契約社員として働いてきた実績が認められて、上位会社への転職が認められることになりました。直接的な関係は無いものの、互いに仕事を融通し合う環境にある会社だったので、互いに顔は知っている間柄でした。正社員としての内定に合わせて、本社勤務となるために転居も済ませて有給消化期間に入っている時に、突然東日本大震災に襲われました。幸い住居は関東地区だったので影響は少なかったものの、転職先の業務が当面停止となり、入社内定が全て取り消しされる事態に発展してしまったのです。大元の業務発注会社が、セールスプロモーション部門をインバウンドに切り替えてしまったことで、アウトバウンド業務を行っている会社の倒産が相次ぎました。

オリコ、ニコス、GEカード、セディナから各80万円の借金。月々12万円の返済。

突然の転職先内定取り消しという事態に、失業状態となってしまい新たに就職先を探す必要が出ました。計画停電が実施されている状況下で、各社採用を積極的に行なう状況にはなく、半年間はマトモな就職活動が出来ませんでした。アルバイトすら厳しい状況下だったので、クレジットカードと消費者金融のカードから生活費を賄うしか手段が無かったことを覚えています。金融業者としても、災害の深刻さから柔軟な運用を行っていたので、当面は督促が厳しくなる状況ではありませんでした。ようやく契約社員として再就職出来た時には、借入総額が320万円に到達していたので、何とかしなければと感じたわけです。

自己破産を何とか申請出来たので、実際に免責決定を受けるまで不安でしたが、無事に全額免除されました。

暫くは契約社員の給料で返済を続けましたが、毎月12万円の返済は厳しい状況でした。弁護士に相談して債務整理方法を検討すると、状況から自己破産を行ってやり直すことが得策と勧められました。確かに目ぼしい資産が無い状況では、自己破産の免責決定を受けて1から契約社員の給料で生活して行くことが、暮らしを再建する近道と考えられました。家計簿をつけて陳述書を作成して自己破産申請を行なうと、4ヶ月後には免責决定が下りたので、晴れて借金から開放されることになりました。今まで毎月12万円の支払いを行ってきたものがゼロになるわけですから、開放感は想像以上でした。

家計バランスに常に気を付けながら、貯蓄が計画的に出来るようになりました。

今までは家計簿を全く付けていなかったので、家計バランスを月ごとに詳細に確認することはありませんでした。自己破産の準備を行なう段階で、家計バランスを保つことがいかに大切かを弁護士と事務員の方からアドバイス貰えたことが大きいです。今までなぜ家計簿を付けて活用して来なかったのかを悔やまれました。当面は自己破産を行ったことで、借入が出来ない状況が続くことを意識して、毎月の積み立て貯蓄を継続することが重要だと弁護士からアドバイスを貰いました。長い人生では緊急の出費があることを見越して、先に準備しておくことがいかに大切かを知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

生活費が足りなくなった時に軽い気持ちでキャッシングに手を出したら、それが癖になってしまい、我に返った時には借金だらけの生活になっていました。

借入額190万円

クレジットカードで金銭感覚が麻痺!気づけば数十万の借金が!

借入額60万円

債務整理をして、借金問題が解決された体験談

借入額120万円

破綻する日は突然やってきます

借入額360万円

保証債務を負担するために行った借金が重くのしかかりました

借入額250万円

自己破産を選択肢に加えることが時には必要です

借入額320万円