クレジットカードの今後の利用を考えて債務整理は行なう

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
7万円

派遣社員として働いていた頃には、待機期間があったので生活費のために借金していました。

正社員として採用される前までは、同じ会社に派遣される派遣社員として勤務していました。同一の派遣先への派遣では以前は1年間の縛りがあったので、定期的に3ヶ月の待機期間がありました。この期間のみ別の派遣先へ勤務することは不可能に近かったので、生活費のために借金して乗り切っていた時期があります。最終的には正社員として雇用されるに至りましたが、別の会社への就職を考えていたことも確かです。正社員と同じ仕事を派遣社員にやらせていた現状から、他社へ行かれると面倒という理由で急遽正社員登用されたわけです。

オリコ、クレディセゾンから各80万円の借金。月々7万円の返済。

次の派遣冷却期間が来たら、転職する旨を派遣先に伝えていた所、正社員登用の話が舞い込んできたので言ってみるものだと思いました。正社員として採用された後も、特に仕事内容が変わらないわけですが、ボーナスが支給されることと失業期間が無くなる点が嬉しかったです。派遣社員時代に作ってしまった借金をボーナス併用で返済を続けることに成功したので、何とか完済に至りました。クレジットカードもゴールドカード案内が来るようになったものの、借金に対する抵抗感があったので、あまり枚数を作らないようにしていました。

払いすぎたお金を返金依頼すると同時に、増えていたクレジットカードの整理も出来ました。

完済から4年経過した時に、突然オリコからカード更新案内が来ました。今までのクレジットカードが廃止となり、新しいタイプに切り替わるという案内だったのです。不思議に思い背景を調べると、グレーゾーン金利撤廃に伴う契約変更が理由でした。この時に過払い金の存在に気付くことなり、勤務先近くの弁護士事務所に相談に行くと、過払い金は交渉なら7割、訴訟提起で全額戻ってくることを告げられたので、訴訟提起依頼をして合計88万円の回収に成功しました。注意点として、クレディセゾンのグループではカードが利用停止になるので、実際にUCカードの利用が停止になった時にこのことかと実感しました。

過払い金は今利用しているクレジットカードの利用停止を考えて、完済後に申し込むと良いと分かりました。

過払い金は、確かに自分のお金ですから、取り戻す際に割引するほど裕福ではありません。そこで、不当利得返還請求訴訟の提起が必要となりますが、一度揉めることになるので以後は該当するグループとの取引が出来なくなることを考えてから決断する必要があります。弁護士に相談したことで、最初から利用停止となる可能性があるグループ別のカードリストを提示してもらえたので、実際に過払い金返還請求を提訴する前に請求後に利用する別グループのクレジットカード発行を済ませておきました。債務整理は、計画的に専門家の指示の下で行なえば、影響は少なく回収額が増えることを実感出来たのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

セゾンカードの債務整理体験談

キャバクラ通いが原因で多重債務者に

借入額120万円

キャッシングで気付いたら毎月の返済額が9万円!任意整理をしたら穏やかな暮らしが返ってきました

借入額180万円

スピーディーに過払い金の返還請求ができた

借入額300万円

親の入院がきっかけでつくった多額の借金

借入額350万円

借金で苦しむ彼を助けたくて借金をしたら、自分も借金で苦しむ羽目になってしまいました。

借入額170万円

買い物依存症になってショッピングリボから多重債務となりました

借入額180万円