クレジットカードの継続審査で引っかかりました

 

<借り入れ先業者名>プロミス、オリコ、ニコス
<借り入れ金額>210万円
<借入期間>7年10ヶ月
<毎月の返済額>8万円
<滞納状況>なし

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

会社を辞めた後で次の仕事が見つからずに借金。

上司から違法な指揮命令が下される状況に嫌気がさして、違法行為を止めるために退職をしました。ハローワークに通いながら失業保険給付を待つ間も、生活のためにアルバイトを行っていました。しかし、正社員時代とはアルバイトでは給料差がありすぎるので、不足した生活費をクレジットカードのリボ払いや消費者金融のカードで借りて埋め合わせしていました。借金で返済をしても、借入残高が増えるだけですから、多重債務者になることは意味がありません。それでも、日々の生活費を賄うために借入を行なうしかない状況が1年も続きました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

プロミス、オリコ、ニコスから各70万円の借金。月々8万円の返済。

正社員への転職に拘っていたので、ハローワークに出されている会社へ面接に行くものの、あまりのブラック企業の多さに辟易していました。募集要項と採用条件が余りにも異なる会社が多いのです。派遣社員でも良いからすぐに就職したいと考えたら、すぐに仕事は見つかりました。視野が狭かったことに気がついたのです。給与面では確かに正社員ほどのメリットはありません。しかし、中には契約社員へのステップアップが出来る場所もあるので、働きながら経験を積んで行くことも1つの方法だと知りました。毎月入る固定収入から返済を続けることになりました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理により借金を圧縮して返済することになりました。

毎月8万円の返済が厳しかったので、法テラス経由で弁護士の相談を受けられる機会が得られました。これまでの返済状況と、取引明細一覧をぢさんすると、金利が27%と違法金利が課せられていることを知らされました。任意整理を行なうことで、借金を半額以下に圧縮出来ると判断されたので、そのまま弁護士に依頼することになりました。6ヶ月程度で和解案がまとまり、将来金利は無しにした上で、プロミスは残り30万円、ニコスは20万円の残債があり、オリコは5万円過払いがあったので既に借金は完済済みで5万円が戻ることになりました。結果的には、45万円を返済するだけになったので、毎月8万円の支払いが2万円にまで圧縮出来ました。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金を圧縮出来たので、暮らしにゆとりが出来て貯蓄まで可能になりました。

正社員時代に作成したクレジットカードは、次の更新時まではそのまま使えてしまったことで、借金を増やす結果となってしまいました。クレジットカードの利用規約では、勤務先の変更はすぐに行なう必要があるので、未連絡はいつカードの利用停止を受けてもおかしくない状況だったのです。任意整理を行なう最大のメリットは、将来利息をカットする交渉が出来るので、元金だけ返済すれば良い状況になります。今まで金利の高さに苦しんで元金が減らなかったことからすれば、元金のみを返済できるだけでも完済へ大きく近づくことになるでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き