クレジットカード利用者なら必須の知識。使い方が試されるリボ払いとは

 

多くのクレジットカード会社が積極的に売り出している「リボ払い」。請求書の中に毎月のようにリボ払いによるキャンペーンやポイント倍増といったチラシを入れているカード会社もあります。
しかし、このリボ払いには思わぬ落とし穴があり、リボ払いで楽しく買い物を続けていたら、最終的には債務整理で弁護士にお世話になったケースもあります。カード会社の甘い誘い文句に乗る前にリボ払いの危険性を正しく知って、賢く利用しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

リボ払いとは一体どういうもの?支払いのシステムは?

クレジットカードには翌月一括払いや分割払い、ボーナス払いなどいくつかの支払方式があります。

支払方式の一つであるリボ払いとは、すべての利用料金をまとめて、元本返済額と手数料額の合計を毎月一定額ずつ支払っていく仕組みを指します。たとえば毎月5,000円ずつ支払う契約であれば、2万円分の商品を購入しても3万円分のサービスを利用しても、月々5,000円の利用料金と手数料を支払うことになります。

リボ払いと混同しがちなのが分割払いです。分割払いは、利用料金に手数料を加えた代金を何回かに分けて支払っていく仕組みです。たとえば2万円の商品と3ヶ月のサービス料金をそれぞれ4回に分けて支払う場合、前者なら月の支払額は5,000円になり、後者なら6,000円になります。

イメージとしては、リボ払いで決めるのは「月々の支払額」、分割払いで決めるのは「支払回数」です。また、リボ払いによく似たものに、自分の好きな時に好きな金額だけ返済するフレックス払いがあります。もっとも、リボ払いであっても自由に返済額を変更できるので、リボ払いとフレックス払いの違いはほとんどありません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いは便利?利用するメリットは?

リボ払いであれば支払額を低く設定することができるため、高額な買い物をしても月々の負担は軽くなり、「今月どうしよう……」と悩まずに済みます。負担を軽減した月の分はいつでも繰り上げ返済できるので、余裕がある月にまとめて支払えます

このため、月々の支払額が明確で家計の管理をしやすくなるというメリットがあります。基本的に通常のクレジットカードよりも還元率が高いので、お得といえるでしょう。

リボ払い専用カードの中には還元率が5.0%のものもあります。繰り上げ返済をうまく活用すれば、手数料を抑える一方で、高い還元率によるメリットを享受し、うまく家計をやりくりすることができます。ちなみに、分割払いであっても繰り上げ返済可能なカード会社がありますが、その場合にはカード会社に直接連絡しなければならず、さらに事務手数料がかかる可能性があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いのデメリットってなにがある?

リボ払いの最大のデメリットは、高い金利手数料(15%~18%)です。分割払いの金利手数料(12%~15%)とあまり変わらないように感じるかもしれませんが、分割払いではあらかじめ決められた額だけ支払えばいいのに対し、リボ払いでは支払残高がある限り、手数料を支払い続けなければなりません

低額で支払い続けていると、支払いが長期化し、元本より高い手数料を支払う羽目になりかねません。また、一括払いや分割払いであれば利用料金に応じて支払うため、お金の使い過ぎにいち早く気づくことができますが、支払額が一定であるリボ払いの場合、支払残高を把握しづらく、知らず知らずのうちにお金を使いすぎてしまう危険があります。たとえば月々5万円支払うことになっていた場合に、毎月7万円ずつ利用すると1年後には24万円の借金を抱えていることになります。手数料を含めると、この金額はさらに膨れ上がります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

リボ払いには種類がある?方式の違いとは

リボ払いの返済方式には大きく分けて、

  1. 定率方式
  2. 残高スライド方式
  3. 定額方式
  4. の3種類があります。定額リボビング方式は支払残高に関係なく毎月同じ額を支払う方式で、返済まで時間がかかります。日本ではあまり馴染みのない定率方式は、利率を固定して毎月支払残高の一定割合を支払います。

    残高スライド方式は、支払残高が10万円未満のときには5,000円支払い、支払残高が10万円以上15万円未満ならば7,500円支払うというように、支払残高に応じて毎月の支払額が変化する方式です。

    さらに定額方式は元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式の2種類に、定率方式は元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式の2種類に分けることができます。

    元利定額リボルビング方式は一定額だけを支払い、その金額から利息を差し引いた金額を元金の返済に充てます。支払残高が多いと、元本の支払いに充てられる金額が減ります。元金定額リボルビング方式は一定額に加えて利息を支払います。元利定率リボルビング方式は締め日の支払残高に利息を加えた額の一定割合を、元金定率リボルビング方式は締め日の支払残高の一定割合に加えて利息を支払う方式です。

    リボ払いは月々同じ額だけ支払うイメージが強いですが、厳密にいえば毎月同じ金額だけ支払うのは元利定額リボルビング方式だけです。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    リボ払いの利用方法が知りたい。使い方は?

    店頭で商品を購入したときには一括払いで支払えると思っていても、思わぬ出費がかさみ、支払いができないかもしれないと不安になることもあるでしょう。このようなときのために多くのクレジットカードでは、後からリボ払いに変更できるようになっています(あとからリボ)。

    ただし、支払日の直前には変更を受け付けてもらえないことがあります。また、クレジットカード会社のホームページで事前に登録しておくと、店頭でボーナス払いや分割払いなど他の支払方法を指定しない限り、すべての支払いにリボ払いを適用することができます(いつでもリボ)。

    また、事前に設定した金額を超えた場合にリボ払いとすることもできます(あとからリボ)。そのほか、リボ払い専用のクレジットカードもあります。これを利用すると、リボ払いに対応していないお店であっても、リボ払いにすることができます。また、通常よりも還元率が高く、付帯サービスが充実しているのが特徴です。リボ一回払いであれば手数料がかからないこともあるので、お得に利用しましょう。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    リボ払いをすると実は損?手数料を踏まえて計算しよう

    手数料は支払残高に持ち越した日数をかけ、365で割り、金利をかけた値です。たとえば金利が15%のカード会社のカードを用いて10万円分の商品を購入すると、1年で15,000円を金利手数料として支払います。

    この15%の値は年利(1年を単位として定めた利率)なので、10万円分利用してもその1ヶ月後に支払えば1,250円で済むのですが、リボ払いのメリットは月々の返済を少なくすることなので、1ヶ月~2ヶ月で利用料金を払い終えるケースは少ないでしょう(そもそも分割払いなら、2回で払えば手数料は通常かかりません)。

    リボ払いでどんどん買い物をしていく一方で、どんどん借金も膨らみ続けているのです。知らず知らずのうちに借金がかさんでいるので、リボ払いの利用者の方の中には利用後債務整理をした方が少なくありません。リボ払いによってできた借金であっても債務整理を行うことはできるので、もし高額に膨れ上がった借金でお悩みなら、その解決方法を弁護士事務所などに相談してみると良いでしょう。また、借金を重ねてしまわないためには手数料を踏まえながら毎月家計のやりくりをしていくことが大切です。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    リボ払いの落とし穴… 利用残高がいつの間にか増えていることも

    リボ払いでは毎月の支払額を把握しやすいのですが、支払残高を把握しにくいのがデメリットです。毎月きちんと支払えているつもりになってしまうせいか、借金をしている自覚もなく、ただいたずらに返済期間を長期化させてしまいます。

    最初は支払残高を気にしていた人でも、3ヶ月、半年ほど経つとリボ払いの便利さにばかり心を奪われ、支払い残高を次第に気にしなくなり、気づくと手数料のために驚くほど支払残高が増えていたケースは多くあります。還元率が高く、付与されるポイントも多いとはいえ、手数料から考えると微々たるものです。

    クレジットカード会社は自社が儲けるため甘い誘い文句を駆使していますが、リボ払いで得するのはクレジットカード会社であって、カード利用者ではありません。カード会社の落とし穴にはまらないようにしましょう。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    完済や節約のために。対策できる方法は?

    現在リボ払いを利用している場合には、できる限り繰り上げ返済をしましょう。返済期間が短くなればなるほど、必要な手数料は安くなります

    もし一括払いが難しいならば、5,000円ほど月々の支払額を引き上げることをおすすめします。それさえも難しいならば、低金利のカードローンに乗り換えることを検討してみましょう。

    15%の年利は安くはなく、15%よりも低金利であるカードローンが多くあります。支払残高が多い場合には低金利のカードローンに乗り越える方がお得なケースはあるはずです。ただし、低金利のカードローンを利用するときにはリボ払いの返済用だと肝に銘じておかなければなりません。完済や手数料を節約するためには、とにかく返済期間を短くすることが基本の対策です。

    「278万円の借金をゼロにした事例があります」

    まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

    弁護士の画像
    メールの画像

    弁護士法人
    サルート
    法律事務所

    リボ払いは使うべきではない?本当に困った時だけ利用するのがコツ

    リボ払いを使ってはいけないわけではありません。時には分割払いよりもリボ払いのほうがお得なこともあるでしょう。リボ払いの落とし穴にはまるのはカード会社の甘い言葉を信じて、手数料がかからないと思い込み、または自分で支払残高を確認しない人です。

    このため、リボ払いは手数料が必要なものと認識したうえで、本当に困ったときにだけ利用し、利用したらなるべく早く返済するようにするのが賢い使い方です。カード会社から送られてくる利用明細書等には、次回の支払額のほか、リボ払いの「支払残高」「手数料」等が記載されていますので、毎月きちんと確認する癖をつけると良いでしょう。

    現在リボ払いで多重債務に陥っている方は、債務整理で借金を清算することを検討してみてください。任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の中から、その状況に応じて的確な債務整理の方法を教えてもらえるはずです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き