借金一本化で返済を簡略化。お得に完済するための方法は?

 

借金返済のプレッシャーを軽減する方法にはいろいろあります。「おまとめローン」も借金返済のプレッシャーを軽減する1つの方法です。
返済日を統一して、完済まであと何回返済すればいいのかを分かりやすくすれば、借金問題解決のゴールが見え、モチベーションが向上するでしょう。
ここでは、おまとめローンのメリット・デメリットに加え、審査に通りやすくなるコツやタブーまで解説しますので、おまとめローンを検討中の方はぜひご覧ください。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

借金一本化とは何?普通の借金とは違うの?

借金一本化とは、いわゆる「おまとめローン」のことで、銀行または消費者金融から借金の総額に匹敵する額を低金利で借りて、そのお金を元手に、その他の金融業者などに返済を行うことです。借金を一つの業者に一本化することで、今後は複数の業者から返済を取り立てられることがなくなり、一社に対してのみ返済を行えば済むことになります。

平成22年6月18日に施行された貸金業法のもとでは、原則、個人では消費者金融などから年収等の3分の1までしかお金を借りることができません(総量規制)。しかし、いわゆる「おまとめローン」と呼ばれるローン商品は、「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」(貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号、第1号の2)に該当するため、住宅ローンや自動車ローンと同様に総量規制の制約を受けません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

返済が楽になる?借金一本化をするメリット

複数の業者から借金をしていると、ある業者に返済したと思ってもまたすぐに別の業者から返済を求められ、心の休まるときがないかもしれません。すべての返済日を覚えておくだけでも大変で、どの業者からいくら借りているのか、利息を含めるといくらになるのかを把握できていない人もいるでしょう。

このような状態の方が借金を一本化すると、借金の総額を把握することができ、返済日も毎月一日だけ覚えるだけでよく、精神的なゆとりを持てるようになるでしょう。メリットは精神面だけではありません。毎月の返済額を少なくすることができ、一定の場合には利息額が減少するので、返済総額も少なくなります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

得をするとは限らない?借金一本化をするデメリット

借金一本化するにあたって、それぞれの貸金業者の借金について精査することは少ないかもしれません。このため、中には過払い金が生じていたためにきちんと手続きをすればお金が返ってきたはずの借金についても返済をしてしまうことがあります

このとき得られたはずのお金を失うだけでなく、その分だけ借金を重ねてしまいます。また、借金一本化をして月々の負担を減らすと、その分だけ返済期間は長くなるので、一定の場合には利息額が増え、それにより返済総額が増え、損をすることがあります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

損をしない一本化をするために。利息総額を計算しよう

先ほど、一定の場合には利息総額が安くなるが、一定の場合には利息総額が高くなるとご説明しました。紛らわしい表現ですが実際にこのようなケースが起こり得るのです。

消費者金融などのHPには「利息総額が安くなる」と書かれており、ほかのHPには「利息総額が高くなる」と掲載されていることがあります。これは低金利なので基本的には利息総額は減るものの、月々の返済額を少なくしすぎてしまうと、返済期間が長くなってしまうため、利息総額がおまとめローンを組む前以上の額になってしまう危険があるということです。

そもそも利息とは、お金を借りていることによって生じるものなので、返済期間が長くなればなるほど、金額は高くなります。損をせずに借金一本化をするためには、おまとめローンを組む前に、消費者金融のHPなどにあるシミュレーションツールを用いて、従来の状態で生じる利息と、おまとめローンを組んだ後の利息をシミュレーションして比較しておくことが重要です。また、おまとめローンを組んだ後の利息については、どの業者が良いのかを判断するためにもいくつかの業者を比較することをおすすめします。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

おまとめローンの審査。普通のキャッシングより厳しいのは本当?

一般的におまとめローンの審査は、貸与額が高額であることなどから、通常のカードローンの審査よりも厳しいといわれています。審査では申込者の各種ローンやクレジットカードの支払状況、金融事故情報など信用情報を確認します。

つまり、貸金業者は自己の利用履歴のみならず、申込者が他社でいくら借りているのか、他社の支払いが過去に滞ったことはないのかを知ることができるのです。3ヶ月以上の延滞、不払い、債務整理などの情報は5年から10年間は保存されていますので、10年以内にこのようなことがあると、審査を通るのは非常に難しくなるでしょう。そのほか、勤務先・継続勤務年数・年収などの経済状況などについて審査がなされ、将来安定的に収入が得られるかを判断されます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

審査に落ちてしまう?落ちる原因とタブーな行為

審査は厳しくても、きちんと返済してもらえると判断されれば審査は通ります。逆に、信用情報に返済トラブルが記録されている場合など、返済してもらえる見込みが低いと判断されてしまうと、審査で落とされることになります。

もっとも、過去に金融事故を起こしたからといってすべての業者が直ちに審査で落とすわけではなく、金融事故の中でも3ヶ月の延滞や強制解約ならば、申込み時点で延滞金を支払い終えていることなどほかの条件によって審査に合格する業者があります。

ただ過去に債務整理をしたことがあると、ほとんどの業者で審査に落とされるでしょう。申込者の各種ローンやクレジットカードの支払状況、金融事故情報などの信用情報は信用情報機関で管理されているため、仮に申込者が虚偽の情報を伝えたとしても、貸金業者は正確な情報を得ることができます。虚偽の情報を申告することは、審査に落ちる可能性を高めるだけなので、必ず正確な情報を伝えるようにしましょう。

また、信用情報を照会すると半年以内の申込記録を知ることができるため、複数の業者に一度におまとめローンの申込みをしていると、審査に落とされる可能性が高くなります。これは、お金に相当困っていることを意味するからです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

審査に通るためのコツが知りたい。合格できるポイントは?

過去に延滞したことがなく、現在複数の業者から借りている額をすべて合わせても年収の3分の1程度で、同じ会社で5年以上勤務している人ならば審査に通ることができるでしょう。これらの条件のうち、1つに該当しているだけでも審査に通る可能性は高まります。

しかし、これらの条件はおまとめローンの購入を検討し始めてすぐにどうにかできるものではありません。比較的すぐにできる対策としては、いくらか融資額を増やしてもらって借入れ件数を4件、できれば3件まで減らすことが挙げられます。借入れ件数が少ないほど審査に通りやすくなりますし、完済実績があることで信用が高まります。また、ローン審査は業者が年間の目標を意識する「年度末」に通りやすくなるといわれています。このため、年度末を狙って申し込むと良いでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金一本化のために。利用できるおまとめローン対応カードローン会社

消費者金融と銀行がおまとめローンの商品を販売しており、一般的には消費者金融のほうが審査にかかる時間が短く、審査に通りやすいといわれています。これに対し、銀行は低金利で、消費者金融よりも高額のローン商品を販売しています。

消費者金融の商品には、「借換え専用ローン(アコム)」「おまとめローン(プロミス)」「かりかえMAX(アイフル)」などがあります。これらの商品は、最短で申し込んだその日のうちに融資を受けることができます。プロミスの商品では最高500万円を借りることができますが、その他の商品では借入限度額が300万円に設定されています。

銀行の商品には「バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)」「スターワンバンクローン(東京スター銀行)」「ネットローン プレミアムコース(住信SBIネット銀行)」などがあります。一般的には三菱東京UFJ銀行が審査に通りやすいといわれています。注意すべきなのは、金利設定には幅があり、審査に通ったからといって、必ずしも低金利でローンを組めるわけではないということです。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

一本化したら忘れないで。他社のカードは処分しよう

精神的なゆとりを持てることはメリットですが、時にはリスクを生じさせてしまうことがあります。借金をしているときに臨時収入があれば、借金返済に充てるか、万一の時のために貯金をしておいたほうが良いでしょう。一本化する前に複数の業者から借金をしていたときには、臨時収入を次の返済のあてていたという人は少なくないはずです。

しかし、おまとめローンを組んだことにより月々の返済額が少なくなり、精神的なゆとりがあると、「これくらいなら大丈夫」と使い切ってしまう人がいます。なかには精神的なゆとりがあることによって、お金がない状況は変わっていないのにギャンブルや買い物によって新たに借金をしてしまう人もいます。

このため、借金完済に近づけるはずだった借金一本化によって、さらに泥沼化してしまう場合があるのです。そこで、借金を増やさないようにするために、完済が完了したカードから順に他社のカードを解約し、処分しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

おまとめローンが使えない… そんな時は債務整理を検討しよう

借金の額が多すぎて、どうしてもおまとめローンの審査に受かることができないのであれば、債務整理を検討してみてください。債務整理というと、手続きが煩雑で、高額な費用が必要なイメージが強いかもしれませんが、実際には弁護士が手続きを代行してくれますし、思っていたほどお金がかかなかったというケースも多くあります。

おまとめローンを組んだ人の中には利息総額が40万円近く増えてしまった人がいますが、弁護士の中には30万円ほどで債務整理を引き受けている人もいます。おまとめローンの審査に落ちたからといって落ち込むのではなく、弁護士事務所に債務整理で借金を清算することを相談してみてください。弁護士費用を支払うことに躊躇するのであれば、無料法律相談をお願いしてみるだけでもいいでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き