債務者が自己破産をするリスクは?保証人への影響はあるの?

 

借金の支払いが困難になった時、債務整理をして解決をはかります。借金の額が大きくて支払えそうもない場合、自己破産を考える人が多いでしょう。この手続きを利用すれば、借金を免除してもらえるので、債務者にとって都合がよいからです。しかし、安易に自己破産を選択するべきではありません。この手続きをするか否かは、保証人への影響を考えて決める必要があります。そこで、自己破産によって保証人へどのような影響があるのか、その対処法とともに見ていきましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

保証人の支払い義務はどこから?支払い不能で連帯責任

人が借金をする場合、保証人を立てる場合があります。特に借入金が高額になる場合、保証人を求められることが多いでしょう。保証人とは、債務者の肩代わりをする人のことです。民法446条1項において、債務者が債務を履行できなくなった場合、保証人がその責任を代わりに負わなければならないと規定しています。そのため、借金の保証人は、債務者が支払い不能になった場合、代わりに返済しなければならなくなるのです。保証人を立てて借金をした場合、債務者が支払い不能になると、保証人へ迷惑をかけてしまうことを頭に入れておきましょう。また、借金の保証は通常連帯保証なので、一般の保証人よりも重い義務が課せられます。借金の保証契約が連帯保証である場合、債権者は支払期日を経過すれば、保証人に対して全額請求することが可能です、債務者が支払い不能になったか否かは関係ありません。ただ、実際は保証契約が連帯保証の場合でも、支払期日を経過した後、まず債務者へ請求するのが通常です。そのため、一般の保証人と同じように、債務者が支払い不能となったとき、連帯責任として保証人の支払い義務が発生することになります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

債務者が自己破産で免責。保証人に督促が来る?

債務者が支払い不能の状態になった場合、保証人は債権者から請求されてしまいます。しかし債務者が自己破産をした場合はどうでしょうか。自己破産の申立をして、裁判所から免責の決定を得ると債務を免除してもらえます。つまり、借金を支払う必要はなくなるわけです。債務者が借金の支払い義務を免れるのであれば、保証人も責任を負わなくてもよいのではとも考えられるでしょう。しかし、このような場合、保証人の支払い義務は残ってしまいます。自己破産によって免責されたのは、あくまで債務者です。保証人の保証債務は、依然として残ったままとなります。債務者が自己破産をして免責されても、保証人は債権者から請求を受けてしまうのです。債権者は、自己破産をした債務者に対して支払いの請求ができません。したがって、債務者の借金はすべて保証人へ請求が行ってしまうので、その負担は計り知れません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

債務者がするべきこと。自己破産前に相談しよう

保証人を立てて借金をした場合、債務者が自己破産をすると、保証人に多大な迷惑がかかってしまいます。しかし、債務者も支払い不能の状態になっていて、自己破産をするしか解決方法がない場合、この手続きを利用するしかありません。このような場合、迷惑を被る保証人を配慮しながら、自己破産の申立をする必要があります。そのため、債務者が自己破産をする場合、申立前に必ず保証人へ相談することが大切です。できれば申立をする1ヶ月以上前に相談しましょう。債務者が自己破産の申立をするまである程度の期間があれば、保証人も対策を練ることができるからです。また、債務者が保証人へ自己破産をする旨を相談する場合、誠意を持ってその経緯を正直に伝えましょう。これは、自己破産によって大きな負担を強いられる保証人に対する最低限の道義です。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

保証人にも返済できない。一緒に債務整理することになる…

債務者が自己破産をした場合、保証人は債権者から請求を受けてしまいます。保証人が請求を受けた借金を支払うことができれば特に問題ありません。しかし、債務者が支払い不能になっているからこそ、自己破産するわけです。保証人に対する債権者の請求は、高額になることが少なくありません。したがって、保証人も請求された借金を支払えなくなる場合が出てくるのです。このような場合、保証人は債務者と一緒に債務整理をしなければなりません。通常は請求が高額となるので、自己破産を選択することになるでしょう。債務者と同様、保証人も自己破産すれば、借金の支払い義務がなくなります。これにより、債権者からの高額な請求を免れられるのです。ただ、債権者は、保証人が自己破産したということを知りません。そのため、自己破産をして免責を得た後も、悪質な金融機関から請求を受けてしまう可能性も考えられます。このような場合、保証人が免責を受けたことを証明する免責決定書を提示するとよいでしょう。それにより、悪質な金融機関のしつこい請求から逃れられます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

保証人ができること。一括請求への対処方法は?

保証人は、債務者が自己破産をすると債権者から一括請求されます。債権者と債務者が借金をする際に締結した金銭消費貸借契約書には、期限の利益喪失という条項が定められているのが通常です。債務者の自己破産もこの条項に含まれています。これにより、債務者は分割返済していく権利を失ってしまうのです、そのため、保証人は債権者から一括請求されてしまいます。しかし、保証人も債権者からの一括請求に関する対処法があります。それは、保証人が債権者と分割返済の交渉を行う方法です。保証人にとって、一括で返済するのは難しくても、分割であれば対応可能なこともあるでしょう。また、債権者も保証人に自己破産されるよりは、分割返済に応じたほうが得です。そのようなことから、保証人は任意整理の方法により、債権者と分割交渉によって話をまとめられる場合があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

求償権に気をつけよう。自己破産した債務者への権利はなくなる?

保証人は、債務者の履行ができなくなった場合、保証債務を履行しなければなりません。債務者が支払い不能になった場合、その借金を負担する必要があるのです。この行為は、保証人が債務者に代わって借金の支払いをしたことに他なりません。したがって、保証人が保証債務を履行した場合、その分を債務者へ請求できるのではと考える人もいるのではないでしょうか。このような権利を求償権といい、民法で規定されています。ただ、法律上で認められている権利であっても、実際に保証人が債務者へ請求するのは難しいでしょう。債務者は資力がないからこそ、支払い不能になったわけです。そのような状況の債務者から借金の支払い分を返してもらうことは期待できません。また、債務者が自己破産をすると、保証人は求償権を行使できなくなります。保証人の求償権も債務者に対する債権です。したがって、自己破産によって免責となるので、求償権もなくなってしまいます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

任意整理なら迷惑がかからない。自己破産は避けるべき。

多額の借金を抱えてしまい、支払い不能になってしまった場合、自己破産を考えるでしょう。しかし、自分が抱えている借金の中に、保証人付きのものがある場合は自己破産の選択肢は避けたいところです。このような場合、自己破産をすると保証人へ多大な迷惑をかけてしまいます。できれば、保証人に迷惑をかけないで、自分の借金問題を解決しましょう。借金問題解決の方法は、自己破産だけではありません。債務整理やその他、いくつかの手続きがあります。例えば、任意整理の方法を利用すれば、保証人に迷惑をかけずに手続きすることも可能です。債権者と債務者が直接話し合いをして、今後の支払額、方法、期間などを決める手続きなので、これにより保証人へ一括請求が行くことはありません。ただ、保証人付きの借金を任意整理の対象とする場合、注意が必要です。債権者の中には、債務者の利息や損害金の免除には応じるが、その分を保証人へ請求すると主張する場合があるからです。このような場合、保証人へ請求しないように合意する必要があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

連帯保証人にはなるべきではない。断るコツは?

債務者が自己破産をした場合はもちろん、借金の支払いが滞った場合などいろいろな場面で保証人は迷惑を被ります。特に連帯保証人になると、借金において債務者と同等の責任を負わなければなりません。そのため、友人や仕事上で親しくしている人から依頼された場合でも、連帯保証人にならないようにしましょう。そこで、もし連帯保証人になってほしいと頼まれた場合、どのように断ればよいのでしょうか。まず、家族内で連帯保証人にはならないとの約束を持ち出して断る方法があります。そのような事情を出されれば、依頼する側もお願いしにくくなるので効果的です。それから、自分も借金しているので、保証能力がないという理由でもよいでしょう。少し無理して住宅ローンを組んで、その返済が厳しいと告げれば、納得してもらえます。カードローンで支払い遅延を起こし、信用情報に傷がついていると言って断るのもよいでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

家族や友人に負担をかけないために… 債務者は保証会社を利用する

金融機関から借入する場合、資力の問題から保証人を要求される場合もあるでしょう。このような場合、頼みやすい家族や友人へお願いしようと考える人もいます。しかし、保証人になると債務者が支払い不能になった場合、保証債務の履行義務を果たさなければなりません。そのため、借金を債務者の代わりに返済しなければならなくなるので、家族や友人に負担をかけてしまいます。そのようなことから、保証会社の活用を考えたほうがよいでしょう。保証会社とは、人が金融機関で借入する場合、保証人となってくれる会社です。支払い不能になった場合、保証会社が代わりに返済してくれます。銀行のカードローンの大半は、保証会社の保証を受けられることが利用条件となっています。そのため、借入する際、保証人を用意する必要もありません。家族や友人に負担をかけないためにも、金融機関から借入する場合、保証会社を活用しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金で悩んだら

“支払い不能の状態になって、借金問題で悩んでいる人もいるでしょう。債権者からの日常的な催促、家族や勤務先に知られてしまう不安などにより、少しでも早く逃れたいと考えてしまいます。そのため、自分のことだけを考えて、先走ってしまう人も少なくありません。しかし、借金問題は自分だけの問題ではありません。保証人を立てている場合、その人にも多大な迷惑をかけてしまいます。借金問題は保証人を含めたまわりの人のことを考えながら解決することが大切です。自己破産はその内容においても、保証人に与える影響においても、最終手段の手続き方法です。

このようなことは、法律の専門家である弁護士が熟知しています。債務整理を専門に扱っている法律事務所へ相談すれば、適切な解決を実現できるでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き