24時間365全国対応 無料

0120-260-041

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?

2020.01.30 更新

堀川 民人
弁護士法人サンク総合法律事務所

堀川 民人

この記事の監修

「任意整理で月々の返済額はどれくらい減るのかな?」

任意整理は、債務整理の中で最も利用者が多く、デメリットがとても少ない手続き方法です。

その反面、他の債務整理に比べて借金の減額幅が少ないと指摘されており、任意整理で月々の返済額がどれだけ減るのか、不安に思っている方も多いと思います。

そこで、今回は、任意整理でどれだけ月々の返済額が減額できるのかについて詳しく説明していこうと思います。

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

任意整理とは?メリットは主に2つ!

今日は債務整理の手続きの中のひとつ、「任意整理」のことについて詳しく教えてください。

まずは「任意整理」がそもそもどんな手続きであるかを説明しましょう。
分かりやすく言うと、「任意整理」とは、借金の月々の返済額を減らして、無理のない返済額で完済を目指していこうという手続きになります。

借金を帳消しにするわけではなく、借金の返済額を減らす手続きなのですね!
任意整理をする大きなメリットは何ですか?

任意整理をすることで、まず将来の利息や遅延損害金の支払いを免除してもらえる可能性があります
利息や遅延損害金は借金を返す上でかなりの負担となります。そのためこれらを減らせば完済の目途が立ちます。

また、弁護士・司法書士と相談することで、将来の利息をカットした上で、依頼者の収入と支出のバランスを考えて毎月の返済額を無理のない分割払いに設定することも可能です。

とはいえケースバイケースになりますので、詳細は弁護士・司法書士にご相談することをおすすめします。

これらの会話文をまとめると、任意整理のメリットは以下の2つになります。

任意整理の主なメリット2つ

  • 将来の利息などの支払いを免除できる
  • 毎月の返済額を無理のない分割払いにできる

任意整理によって月々の返済額がどのくらい減るの?3つの減額法を紹介

任意整理後の月々の返済額を調べる基本的な計算方法は以下の通りになります。

(現在の借金額-任意整理による減額高〈将来の利息+遅延損害金+払い過ぎたお金〉)÷返済期間〈3~5年×12か月〉

※現在の借金額=貸主が主張する完済までに返済しなければならない金額

返済期間を延ばすことで月々の返済額を減らすことはできますが、元金は変わりません。

任意整理により将来的な利息などをカットし、月々の返済額を無理なく減らすことができれば、借金返済にとって大きなメリットになりえます。

そこで、任意整理による減額高がどれくらいになるのかを次の段落で1つ1つ説明していこうと思います。

将来の利息をカットすると返済額はどれだけ減額されるの?

利息をカットすることは、任意整理をするすべての人に適用されます。

では、実際に返済額の減額をどれだけしてくれるのでしょうか?

消費者金融の金利は、大体年利15〜18%とかなり高額です。

仮に100万円を年利15%で借り入れて3年間かけて返済すると、利息額は約25万円にも上ります。

利息をカットすることは、元金そのものを減額するわけではありませんが、かなりの減額が可能なのです

遅延損害金とは?任意整理の返済額も減らせる可能性がある

遅延損害金は、期日までに借金を返済できなかった場合に生じる損害賠償金のことです

そのため利息とは違い、遅延損害金は任意整理を利用する、一部の方にのみ適用できる減額金になります。

遅延損害金は利息の計算と同じように、年率で日割り計算をします。よって、遅延した日数が増えれば増えるほど、遅延損害金の金額は上がっていきます。

そのため、遅延損害金の計算式は以下の通りになります。

例)返済額200万円で遅延損害金年率20%、これを1年滞納している場合

200万円 × 0.2 ÷ 365日 × 365日=40万円

この見出しを見て、遅延損害金が発生している可能性が考えられる方は、すぐに司法書士・弁護士に無料相談することをお勧めします。

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

払い過ぎたお金があった場合は、大幅に返済額を減額できる可能性がある

長い間消費者金融などから借金をしている場合、法で定められた上限を超える利息を払っている可能性があります。

つまり、このような支払いをした人には、任意整理の際に、返済すべき金額を減らせる可能性があります。

任意整理の手続きで弁護士や司法書士は、払い過ぎたお金はなかったかを確認します。もし払い過ぎたお金があった場合は元金自体を減額することができます。さらに場合によっては、借金を返す必要がなくなり、むしろお金(過払金)を返すよう請求できることもあります。

*ただし、2008年以降は多くの消費者金融などが法の上限を超えるような利息では貸付け等をしなくなりました。したがって任意整理で過払金の請求が行われるのは2008年初頭以前から借金を続けていた場合がほとんどです。

関連記事

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイントは過去に支払った利息分にあり「過払い金」とは「過払い金」が…

任意整理を依頼するなら弁護士がいい?メリットとデメリットを解説!

目次任意整理は弁護士に依頼はすべき?知っておきたい司法書士との違い弁護士と司法書士は、それぞれ業務内容が違う司法書士と…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任意整理の相談と手続きに必要な書類一覧任意整理の書類を用意する…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだけの収入がない任意整理できないケース2|弁護士・司法書士に断…

任意整理にかかる費用は?弁護士・司法書士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士・司法書士費用の相場と内訳「手元に依頼費用がない…」それでも任意整理は可能「受任通知」によって…