【任意整理】毎月の苦しい返済を楽にする方法!

2018.07.07 更新

自己破産、特定調停、個人再生など借金を整理する方法はいくつかありますが、その中でも最もダメージの少ないの手続きが任意整理だと言われています。

手続きが始まれば督促が止まりますし、将来の利息はカットされ、毎月の返済額が減るので無理なく返済を行うことが出来ます。
また、弁護士・司法書士に相談すれば周囲に知られる心配なく手続きを行うことが出来ます。

借金でお困りの方は、まずは状況をお気軽にご相談ください。こちらから質問してお悩みをお聞きします。

借金問題に強い司法書士事務所の詳細を見てみる

任意整理で督促STOP!将来利息の支払い免除!

今日は債務整理の手続きの中のひとつ、「任意整理」のことについて詳しく教えてください。

まずは「任意整理」がそもそもどんな手続きであるかを説明しましょう。
分かりやすく言うと、「任意整理」とは、借金の月々の返済額を減らして、無理のない返済額で完済を目指していこうという手続きになります。
自己破産との大きな違いは、まず、「支払いが残る」というところにありますね。

借金を帳消しにするわけではなく、借金の額を減らす手続きなのですね!
任意整理をする大きなメリットは何ですか?

任意整理をすることで、まず将来の利息の支払いを免除してもらえます
借金の利息は高いのでこれだけでも返済の負担がかなり減り、完済の目途が立ちます。

次に、消費者金融などからの借金、クレジットカードの返済を滞納していて督促が来ている場合、任意整理をするとすぐに督促を止めることができます

任意整理は裁判所を介さずに行えるデメリットの少ない手続きです!

メリットがあることは分かったのですが、任意整理をすることで、周囲にばれてしまう可能性などはないのでしょうか?

任意整理を行う最大のメリットは、手続きの際に、裁判所を通さずに借金の整理が行える点ですね
弁護士・司法書士が依頼者の代理人となって貸金業者と交渉するので、借金をしている事実も、任意整理をしたことも、他の債務整理の手続きに比べて周囲に知られにくいです。
たとえば、「自己破産」や「個人再生」の場合は裁判所を通じて、氏名などが官報という国が発行している機関紙に掲載されてしまうので、手続きをとった事実が第三者に知られてしまうことになります。

任意整理だと裁判所を介さないので、家族に内緒で借金を解決できる、ということなんですね。
その他に任意整理の特徴は何でしょうか?

他にもアルバイトやパート、自身は無職だが家族に収入があるといった収入が少ない場合でも任意整理はできるんですよ!
継続した収入の見込みがあれば手続きに進むことができます。

「任意整理」ってとても便利な制度だと言うことはわかりました。
でもそんな任意整理などの債務整理にデメリットはないんですか?

そうですね。 最大のデメリットとして、事故情報として信用情報機関にのってしまうといういわゆるブラックリストの問題があります。
およそ7~10年程度、新たな借入はできませんし、クレジットカードを作ることも難しい状態となります。
また、銀行からの借金を債務整理すると銀行口座が凍結され、一定期間口座が利用できなくなり光熱費など生活費を口座引き落としにしていると支払いができなくなるといったデメリットもありますよ。
個人の考え方や状況にもよりますが、新たな借金をせず、任意整理で合意した金額を着実に返済しながら新たな生活がスタートできると考えれば、決して重すぎるハンディではないと思いますよ!

任意整理で返済額を無理のない分割払いにして借金の完済を!

やっぱり任意整理は借金で首が回らなくなって、債務整理を考えている人にとってはとても便利で良いシステムと言えるんですね。

はい。任意整理という形で決着がつけば、数年間で借金を完済し借金生活を終わらせることができ、これを機に借金から抜け出すチャンスが得られます
督促状や取り立ての電話、職場でもビクビクするような毎日が終わり、確実に終わりが見える解決法で、金銭的にも精神的にも本当に楽になるのでおすすめですよ。

さらに、任意整理の手続きの期間も、3か月~半年と比較的短いのでおすすめです。

また、弁護士・司法書士と相談することで、将来の利息をカットした上で、依頼者の収入と支出のバランスを考えて毎月の返済額を無理のない分割払いに設定することが可能です。
これは、借金を滞納して貸金業者や裁判所から一括請求が来ている場合でも可能なのです。

借金の返済や滞納で問題を抱えている場合は、一人で悩まずに債務整理に強い弁護士・司法書士に相談するのが最善策ということですね!

そのとおりです。 当サイトでは無料相談、全国どこからでも、土日祝日・夜間も対応してくれる弁護士・司法書士事務所を紹介しております。 借金問題は絶対に解決できるので、あきらめないことが大切です。

関連記事

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られる3つのケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【返済能力】収入によっては弁護士・司法書士に任意整理を拒否され…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減額できる任意整理の手続きをする一般的なメリットモビットの借金…

【任意整理後に返済を滞納】一括請求が来る前にするべき2つの手続き

目次任意整理での返済が不可能な場合の2つの対処法(1)個人再生で解決する方法(2)自己破産によって解決する方法任意整理後の支払…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」は難しい!個人の注意が必要です。任意整理をする事務所は、配慮…

債務整理で業者との和解にかかる期間を弁護士に聞いてみた

以前こちらの「毎月の苦しい返済…借金の任意整理で楽になる?」の記事で「任意整理」について基本的なことを教えていいただきま…