24時間365全国対応 無料

TEL:0120-810-010

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

2019.04.05 更新

任意整理をした後でもアパートの賃貸契約はできるの?
今住んでる家を追い出されることはないの?

任意整理をするとブラックリストに登録されるため新たに借金をすることはできなくなります。

しかしブラックリストと賃貸契約は、直接的には関係ありません

とはいえ、任意整理後の賃貸契約にまったく影響がないかというとそうでもありません。いくつか抑えておきたい注意点があります。

このページでは、任意整理した後の賃貸契約と更新をスムーズに行うための方法について解説していきます。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

この記事のポイント

任意整理後の賃貸契約で、注意すべき点と対処法

現在居住している賃貸物件の家賃をクレジットカード払いしている場合

事前の対応策 賃貸を払っているクレジットカードだけ任意整理の対象から外す
事後の対応策 家賃さえ払っているのなら強制解約はされない為、支払い方法について不動産会社と協議

新しく賃貸契約する場合

保証会社を要求された場合 弁護士などの専門家に相談し、不動産会社と協議、もしくは保証会社不要の物件に絞る
保証会社を要求されなかった場合 そのまま契約できる

任意整理は整理する対象を選べるので、使えなくなったら困る、というカードを事前に把握しておく必要があります。
また、賃貸の契約更新に関しては、家賃を払うことができていれば強制解約はされません

任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶことは可能

以前こちらの記事で任意整理について教えていただきましたが⇒「毎月の苦しい返済…借金の任意整理で楽になる?
今日は任意整理をし、ブラックリストに載ったことでアパートなどを借りる賃貸契約に何か悪い影響を及ぼすことがあるのか教えてください。

いいえ、そのようなことはありません。
任意整理してもアパートの賃貸借契約をすること自体に影響はありませんよ。

そうなんですか?
でも、アパートの契約を進める中で、不動産会社が信用情報を調べたりしないんですか?

不動産会社側ではブラックリスト情報を見ることはできません
なぜなら、信用情報機関に登録されている情報は、クレジットカード会社や信販系の会社、消費者金融系の会社、銀行などしか見ることができないからです。

そうなんですか、よかったです。

住人を強制的に追い出すことはできない!

ブラックリストに乗ることで、今住んでいる賃貸を追い出されることはありませんか?

先ほども言いましたが、ブラックリストに載ることと、賃貸契約は関係ありません。
また賃貸人は正当事由がない限り、原則自動更新が普通で拒絶できないため、住人を強制退去させることはできません。

正当事由とは

  • 契約上の義務を住人が履行できているか
  • 建物をどのように利用しているか
  • 建物の老朽化により、修繕、建て替えが必要になっている、など

契約に反していない限りは、基本的には追い出されないということですね!

はい。ただ2点注意があります。

任意整理後の賃貸契約における注意点2つ

何に注意をすればいいですか?

家賃の支払いがクレジットカードになっている場合と、保証会社が信販会社系の金融機関になっている場合の2点には、注意が必要です。

家賃の支払いが指定のクレジットカードになっている

1点目は家賃の支払いが指定のクレジットカードになっている場合です。
家賃を支払っているクレジットカードを任意整理の手続きに含めた場合、そのカードは利用停止になり支払いが不可能になります。

   

また家賃の支払いをしているクレジットカードを任意整理の手続きから外した場合も、途上与信が行われると使えなくなる可能性があります。
その場合には不動産会社と協議して、口座引き落としなどの、別の支払い方法を認めてもらうことが必要です。

途上与信とは

クレジットカードを発行した後、クレジットカード会社が利用状況に問題がないか確認すること。

賃貸契約の際、保証会社をつける必要がある

任意整理した後、新たに賃貸契約をする際に不動産会社から保証会社を付けるよう求められる場合は注意が必要です。

どうしてですか?

保証会社は不動産会社と違い、信用情報を見ることができるからです。
保証会社は家賃を払えなくなった場合に立て替えをしてくれる会社なのですが、信販会社系の金融機関の場合があります。
そのため、信用情報を見ることができる会社もあります。

それってつまり、不動産会社ではなく、保証会社の審査で入居ができない場合があるってことですか?

そのとおりです。
入居拒否されたり、連帯保証人を求められたりすることがあります

そうなんですね。
そうなったら保証会社が不要の物件に限られてしまいそうですね...

しかし、すべての保証会社が信用情報を見るわけではありません。見る可能性があるのは信販系の保証会社のみです。
以下のような会社が信販系の保証会社です。

  • アプラス
  • エポス
  • オリコ
  • ジャックス
  • セゾン

そうなんですね!信販系の保証会社以外の賃貸を探せば大丈夫ですね!

はい!
賃貸に保証会社が必要であるとわかった場合には、どこの保証会社になるのか、事前に問い合わせて確認しておくと良いですね。

わかりました!
事前に確認しておけば、借りることのできる賃貸を探す手間が省けそうですね。

そうですね。
さらに自分に当てはめて細かく知りたい場合は、無料相談を受け付けている事務所もたくさんありますので、是非とも利用してみてください。

関連記事

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険には「掛け捨て型」と「積み立て型」の2種類がある任意整理の場…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁護士や司法書士に依頼すると家族に内緒で債務整理できる一人で抱…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?官報に氏名等が掲載されるのはどういう仕組み?裁判所を利用しな…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由契約書や領収書が手元に残っていない場合は?取引履歴の開示請求…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整理のデメリット債務整理のデメリットブラックリスト状態の仕組み…