24時間365全国対応 無料

TEL:0120-819-029

医療費支払いのための借金や未払いの救済策

2019.03.14 更新

病気やケガで病院で治療を受ける際の医療費の支払いは自己負担額が大きく、支払いが苦しいことがありますよね。

さらに、消費者金融やキャッシングを利用して借入れた借金の返済が苦しく滞納している人には国民健康保険料の支払いも滞納し、健康保険証を使えず、医療費の全額を自己負担しなくてはならないことも多いようです。

そこで今日は、高額な医療費の支払いのために借入れた借金・医療費の支払いが苦しい場合の救済策について聞いてみましょう!

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

この記事のポイント

  • 高額な医療費の支払いのためにした借金であっても全額返済しなくてはならない。
  • 健康保険のきく範囲内で高額な医療費の場合は還付金を健康保険から受けられる。
  • 健康保険組合の制度でも医療費のための借金を返済できない場合は借金を債務整理すると良い。

高額な医療費支払いのために借金。医療費/借金への対処とは?

今日は、高額な医療費の支払いができず、借金をしてしまった場合の対処法について教えてください。

確かに、医療費はかなり高額になることがありますね。
特に手術費用など入院費用などは高額で保険の負担があっても支払いが苦しいことが多いです。

そうなんです。 手術や入院といった医療費は保険の負担があっても高額で支払いができず、消費者金融やキャッシングを利用して借金をしてしまう人が多いみたいなんです。

やむを得ない医療費支払いのためにできた借金でも、やっぱり全額返済しないといけないんですか?

それは支払わないといけません。どのような原因であっても借りたお金は返さないといけないです。

しかし、医療費が高額で支払いができず借金をしてしまっても返済へ与えられる還付金の制度や、借金の返済を楽にする債務整理というものを紹介していきますね。

国民保険からの還付金を医療費の支払い・借金の返済へ!

では、『医療費が高額で支払いができず借金をしてしまっても返済へ与えられる還付金の制度』について教えてください!

そうですね、まず、その医療費が健康保険のきく範囲内のものであれば、一定以上の金額を支払った場合は健康保険から還付金が受けられますよ。これを高額医療費の還付といいます。

それは、月に一定金額以上の医療費を支払った分については健康保険からお金が戻ってくるという制度ですか?

そのとおりです。
月にいくら以上の医療費の支払い分が還付金として返ってくるかという、還付金額については、加入している健康保険の種類や所得、使った医療費の種類や額などによっても異なってきますよ。

自分が加入している健康保険組合に問い合わせてみましょう。

なるほど。こうやって医療費の一部が還付されたら、それの還付金を借金の返済にまわせばいいですね。

はい。
でも、高額医療費の還付は、健康保険がきく範囲の医療費についてしか適用されないので注意が必要ですよ。

【任意整理】借金・健康保険料の滞納で保険が受けられない場合

しかし、以前から消費者金融やキャッシングで借金をし、返済が苦しく借金を滞納している人には、健康保険組合から還付金を受けたり、医療費に保険を適用したりする制度を受けるための国民健康保険料の支払いも滞納していることが多いと思うのですが・・・

この場合は当然還付金を受け取ることはできませんよね?
借金を返済する方法はないのでしょうか?

そうですね、高額医療費の還付を受けられても、それでも還付金が借金支払いには足りない場合や、そもそも健康保険組合の制度を受けられない場合は『債務整理』をすべきです。

医療費が原因で借金をして、その支払いが苦しい場合も債務整理で解決できると言うことですか?

はい、債務整理はほとんどあらゆる借金問題の解決ができますよ。

債務整理の中でも特に将来的な利息のカット、月々の返済額の減額などが見込める、任意整理を医療費による借金にお悩みの方におすすめしますよ。

なるほど、任意整理なら将来的な利息を免除し、月々の返済額の減額することで借金の返済を余裕もって行うことができますよね!

任意整理の詳しい説明はこちらの「【任意整理】毎月の苦しい返済を楽にする方法!」の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【債務整理】医療費のための借金は弁護士や司法書士に相談して解決しましょう!

高額な医療費の支払いのためにした借金の返済がどうしてもできない場合は任意整理で解決できるということはわかりましたが、任意整理の手順や借入れ先との利息や返済額に関する交渉はなんだか難しそうです・・・

そうなんです。
任意整理での交渉を行う場合、借入れ先は相手が弁護士や司法書士といった法律の専門家でないとまともに取り合ってくれない場合があります。

ほんとですか!?
では、任意整理の手続きや交渉は弁護士や司法書士に任せた方がスムーズに進むだけでなく、有利な条件で借金を債務整理できそうですね!

そのとおりです。
弁護士や司法書士に相談すれば健康保険組合から還付金を請求する手順も丁寧に教えてくれるでしょう。

医療費の支払い以外の借金に悩んでいる人もそれぞれの借金の状態にあった債務整理を提案してくれますしね!

はい。
当サイトでは、相談無料、24時間365日受付の弁護士・司法書士事務所を紹介しております。
まずは気軽に借金に関して無料相談で弁護士・司法書士事務所に相談してみるといいですね。

関連記事

奨学金の返済がつらい 負担の少ない返済方法と返済できないときの…

目次奨学金の返済は軽くできる? 4つの制度と条件収入に応じて返済額が変わる所得連動返還方式月々の返済を減らす減額返還制度…

国民年金・税金 借金の滞納で差し押さえの対象となるもの

目次「差し押さえ」とはなにか?国民年金や借金の滞納で差し押さえられるもの預貯金や有価証券(債権執行)給与(債権執行)自…

苦しい生活から抜け出したい!シングルマザーに最適な借金の解決法

目次節約していても苦しい生活…母子家庭のための公的な救済制度とは①児童扶養手当②母子父子寡婦福祉資金貸付金③生活保護借金を…

公務員が借金を債務整理したら処分される?ばれない返済方法とは

目次公務員が債務整理しても免職されない共済からの借り入れを債務整理した場合、職場にバレる。職場に知られず借金問題を解決…

ブラックリストの登録期間はいつまで?

目次「ブラックリスト」とは何かブラックリストとは「信用情報に事故情報が登録される」ということ「信用情報」を管理する信用…