ニッテレ債権回収の無視は危険!時効を待つよりも分割払い交渉を

 

「ニッテレ債権回収って何?請求が来たけど身に覚えがない…」
ニッテレ債権回収株式会社からの請求は詐欺ではありません。
クレジットカードや携帯電話の支払いを滞納している場合、債権回収会社から電話や郵便での督促が来ることがあります。

この記事では、
・督促が届いても裁判や差し押さえを避ける方法
借金を減らしたり分割払い交渉をする方法
時効援用のデメリット
について説明します。

時効を待って踏み倒すよりも債務整理が確実

借金の時効の成立は難しく、督促を無視し続けると利息で借金が増えてしまうこともあります。

「ニッテレ債権回収」から以下のような書類が送られてきた人は、なるべく早く弁護士に相談しましょう。 
「債権譲渡通知」…クレジットカード会社などからニッテレ債権回収に「支払いを請求する権利」を受け渡したことを通知する書類
「催告書またはご通知」…無視し続けると銀行口座や給与の差押えがされる
借金はひとりで悩まず
まずは弁護士事務所の無料相談


電話はちょっと…という方はメールでのご相談

web_button

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

ニッテレ債権回収株式会社とは?ハガキは架空請求?

督促がきたら…電気代や借金の滞納を疑うべき

ニッテレ債権回収株式会社は、NTSホールディングス株式会社参加の債権回収会社です。

債権回収会社というのは、法律(いわゆるサービサー法)に従って、金融機関などからの委託、または債権(お金を取り立てる権利)の譲り受けによって、お金の回収を業務にしている会社のことです。

簡単に説明すると、「債権回収会社」はクレジットカード会社などに依頼された借金の回収を専門としています。

よって、ニッテレ債権回収会社からの督促が来た時には、電気代やその他借金の滞納をしている可能性があります。
身に覚えがない場合でも、弁護士に借金状況の調査を頼みましょう。

ニッテレ債権回収会社の他には、アビリオ債権回収株式会社などが有名です。

東京だけでなく、北海道(札幌)、大阪、愛知(名古屋)、福岡など、全国各地に支店があり、比較的規模の大きい債権回収会社という特徴があります。

なお、放送局の日本テレビとはなんら関係がない点も覚えておくと良いでしょう。

主にクレディセゾンなどクレジットカードの借金回収を担当

ニッテレ債権回収では、主にドコモやソフトバンクといった携帯会社、クレディセゾンやヨドバシカードなどのクレジット会社からの委託、または債権の譲渡を受け、債権回収を担当しています。

この他にも、銀行、医療機関や電力・ガス会社など、多数の契約企業数があります。

ニッテレ債権回収会社からハガキや手紙が届き、身に覚えのある借金がある方は、すぐに詐欺などと断定せずに問い合わせをしてみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

債権譲渡通知を無視してはいけない。届いたときの対処法

債権譲渡通知が来たということは、借金を滞納しているということになるので信用情報に傷もついてしまっています。
放置すると、遅延損害金(延滞金)なども発生するので早めの対応が必須となります。

「債権譲渡通知」が届いたらニッテレからの督促の始まり

では、ニッテレ債権回収からは、具体的にどういった書類が届くことになるのでしょうか?

まずは、「債権譲渡通知」についてご説明します。

債権譲渡通知とは、債権譲渡があった事実を通知する書類です。実は、債権譲渡というのは、必ず債務者(お金を借りている人)に対しても通知しなければならないとされているのです。

たとえば、ドコモの料金が未払いになっていて、その料金を請求する権利をドコモがニッテレ債権回収に譲ったとしたら、その事実は未払いになっている人に対しても通知しなければならないということ。

債権譲渡通知は、届いた段階ですぐになにかされるわけではありませんが、債権譲渡があったのだという事実を通知する書類だと覚えておくと良いでしょう。

届いたからと焦るような書類ではありませんが、ニッテレ債権回収による具体的な債権回収業務がスタートすると考えて間違いありません。

具体的な債権回収業務

①電話による支払い督促
②郵便による支払い督促
③裁判による差し押さえ

「催告書」が届いた人はなるべく早く返済か債務整理か選ぶこと

次に、「催告書」(請求書)についてご説明します。

催告というのは法律用語の1つで、相手に対して一定の行為を請求することです。つまり、ニッテレ債権回収から催告書が届いたということは、金銭の支払いを請求されている場合がほとんどです。

ただ、上記の債権譲渡通知書と同様、催告書が届いた段階でも、すぐになにかされるわけではありません。とはいえ、債権譲渡の後、実際の請求が開始していますので、何かしら手を打たないと、最悪のケースでは銀行口座や給与の差し押さえなどの法的手続きをされる危険があります。

催告書が届いたということは、必要な対応について検討しなければならないタイミングだと覚えておきましょう。

なお、上記の催告書というのは、中には「ご通知」といった表題になっているケースもあります。

ただ、重要なのは、どの程度の金額を請求されているのか、このまま放っておくとどうなると書いてあるのかなどです。表題だけに惑わされず、必ず中身について確認するようにしてください。

どういった内容の書類が届いたかによって、その後の対応も変わってくるのです。

    請求書が届いたら?
    (1)期限までに返済する
    (2)債務整理をする

借金はひとりで悩まず
まずは弁護士事務所の無料相談


電話はちょっと…という方はメールでのご相談

web_button

分割払い交渉をするには弁護士に相談を

では、請求が届いても一括払いができない場合、どのように対処するのが良いのでしょうか?

まずは、弁護士といった専門家に今後について相談するのが何よりも賢明です。
もし、専門家に相談する予定があるのであれば、事前にニッテレ債権回収に電話し、支払いが難しいので専門家に相談しようとしていると伝えておきましょう。この際、すでに相談する専門家が決まっているのであれば、専門家の事務所に名前を出しても良いか確認し、告げてしまうのも手です。

ここまでしておけば、ニッテレ債権回収からしつこい電話連絡などはこなくなりますし、専門家に依頼さえしてしまえば、自身のもとに直接請求はこなくなるのでご安心ください。

    ポイント
    借金専門の弁護士事務所に依頼すると請求が止まる

借金を減らすことができる「債務整理」を知っていますか?

「自己破産」という言葉は聞いたことがあっても、任意整理や債務整理という手続きを知らない方は多いのではないでしょうか?

任意整理などは、官報に載らずに借金を軽くする手続きなので、借金返済に悩む方は検討してみてください。
(債務整理について詳しく知りたい方はこちらへ→債務整理とは|滞納した借金の返済が絶対終わる任意整理という方法)

とはいえ、専門家に依頼するとなると、どうしても費用について気になってしまいます。

しかし現在は、生活に無理の生じない範囲での分割払いに応じてくれる事務所が増えてきました。

また、弁護士といった専門家への相談を無料で受け付けている窓口や専門家の事務所がたくさんあります。

特に、ニッテレ債権回収からの請求に悩んでいるのであれば、その請求に対して時効の主張ができるのか?それができないのであれば、債務整理で解決することができるのか?どの手続きが適正か?といったことまで、すべて無料で知ることができるのです。

債務整理の種類
任意整理 利息をカットできる。リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い。
個人再生 3年で完済できる金額に借金を圧縮できる。
自己破産 借金はなくなるが、自分の財産も全てなくなるハイリスクハイリターンな手続き

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金の時効成立の難しさ/失敗すると借金は増えてしまう

場合によっては、請求されていても支払う必要がない場合もあります。
それが「消滅時効」です。

消滅時効とは、一定期間の経過によって法的に請求する権利を消滅させることをいいます。
貸金の場合、消滅時効は最終返済日から5年(相手が貸金業者の場合)となっていますので、届いた書類から請求されている貸金が時効になっていないかを確認してみましょう。

ただし、いくら時効が成立していたとしても、「時効援用」をしなければ意味がありません。

時効援用とは、上記で説明した消滅時効の効力を生じさせるための意思表示の1つです。

通常は、相手に対して「内容証明郵便」を送付するなどして、時効援用を行います。
ここで注意しなければならないのが、1回でも支払いをしてしまうと時効がリセットされてしまう点です。

届いた書類に分割払いでもいいといった内容が記載されており、指定の口座に1回でも支払いをしてしまうと時効援用ができなくなってしまうので、必ず時効期間を見極めてから支払うようにしてください。

実は、時効で逃げ切るのはほぼ不可能

上記にて時効について触れましたが、最後の取引日から5年が経過していたとしても、時効援用できない場合があります。
それが、相手に「債務名義」を取得されていた場合です。

相手に債務名義を取得されていると、時効は中断されるばかりか、リセットされてしまい、そこからさらに10年が経過しない限り、時効を主張することができなくなるのです。

この債務名義というのは、裁判手続きを経て取得する書類の1つです。
債務名義を相手に取得されていると、いつでも「強制執行」への移行ができてしまいます。

強制執行とは、上記で少し触れた、銀行口座や給与を強制的に差し押さえる行為です。
突然、口座残高が0円になっていたり、職場に裁判所からの通知が届いてしまったりもするため、強制執行されるのだけは可能な限り避けたいところです。

    時効成立の難しさ
    (1)5年経っていても、時効援用手続きが必要
    (2)債務名義を取得されると時効期間は10年に延びてしまう
    (3)時効踏み倒しに失敗すると延滞金で損をしてしまう

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き