借金返済のストレスもう耐えられない!債務整理で生活を楽にする方法

 

「終わらない借金のことを考えるとストレスでおかしくなりそう…」
「誰にも言えないし不安。借金のことばかり考える毎日…」
借金の返済に追われていると、不安で絶望的な気持ちになってしまいます。
この記事では、「借金返済のストレスへの対処法」と、「根本的に借金を解決する方法」について説明します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

借金返済の重圧、どう向き合うべき?

借金が降り積もってくると、返済の重圧は、とてつもない負担へと変貌します。
こういった状況まで追い込まれると、毎日借金のことばかりが頭をよぎってしまい、不安になってしまいます。

こういった場合は、以下のような方法で借金のストレスを解消させるのも良い方法です。

  1. なるべくお金を使うイベントを避ける
  2. 両親や親族からお金を借り入れる

①なるべくお金を使うイベントを避ける

まず、お金というのは何も考えないでいるとあっという間になくなってしまい、気付けば返済が苦しくなり、それがストレスになっているというケースは非常によくあります。

なるべくお金を使うイベントを避けるようにすることで、現金管理をうまく行うという方法があります。
お金さえ使わなければ、月末になって返済のストレスに悩まされることはありません。

とはいえ、それでもお金を使わざるを得ない状況というのはいくらでもあります。

②両親や親族からお金を借り入れる

こういった場合は、ご両親や親族からお金を借り入れるという方法もあります。

クレジットカードでショッピングやキャッシングを利用するとなると、どうしても金利が高くついてしまいます。
いくら低金利の銀行からの借入だといっても、まったくの無利子ではありません。

気付けば金利の支払いで手がいっぱいになり、毎月どれだけ返済を継続してもまったく元金が減らないことでストレスを感じている方も多いのではないでしょうか?

もし、ご両親や親族からお金を無利子で借り入れることができるのであれば、積み重なる金利に悩まされる心配はなくなります。

いずれも簡単な方法ではありませんが、うまく利用することで借金のストレスから一時的に解放されるため、うまく利用していきましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

日常生活で、ストレスなく支出を削減するためのコツとは?

上記の方法はいずれも有用ではありますが、お金の利用が避けられない状況、ご両親や親族から無利子での貸し付けが難しい場合は別の方法を考えなければなりません。

では、日常生活の中で自然にストレスなく支出を削減する方法はあるでしょうか?

ここで重要となるのが、家計簿をつけてみることです。
毎月どれだけの収入があって、どういった理由で支出されているのか。この収支状況を把握しないことには、お金の管理をすることはできません。

家計簿をつけるという習慣さえついてしまえば、収支状況を把握するのは容易となり、自然にストレスなく支出を削減できるようになります。

家計簿をつけることで、どの支出が多く家計を圧迫しているのかがわかれば、そこに自然と節約の意識が向くようになるため、心理的にも非常に効果があります。

なにが原因でお金がないのか、返済ができなくなるのかがわからないためストレスになってしまうのです。
現在は、スマートフォンにも家計簿アプリといったものがあるため、日常生活で携帯電話を利用するついでに、家計簿をつける癖をつけてしまいましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

やってはいけない!借金のストレス解消方法

なお、借金のストレス解消方法として、やってはいけない間違った方法もあります。
それは、開き直って借金を放置してしまうことです。

借金を放置することさえできれば、返済する必要はなくなりますし、開き直っているのだから返済しないことへの後ろめたさもなくなっていきます。

当然、貸金業者からは返済を求める電話や請求書が届くことになりますが、これも当たり前のように無視できるようになってしまえば、電話にでないことも届いた請求書の封を切りさえしないことも苦ではなくなっていきます。

しかし、いつまでも返済しないでいると、借金は遅延損害金といって、延滞した期間だけペナルティが負荷されていきます。
特に長期間放置していると、借金元金よりも遅延損害金のほうが大きくなってしまい、とても返済などできないなんて状況にもなりかねません。

そしていつまでも返済できないでいると、いずれは貸金業者に裁判手続きを起こされ、自身の銀行口座や職場に裁判所から差し押さえの通知が届くことになります。

気付けば預金残高が0円になっていたり、支払われるはずの給料の一部が強制的に差し押さえられたり、なんてことにもなりかねません。
ここまで発展してしまうと、今以上に生活が困窮する危険がありますし、かかるストレスも現在の比ではなくなっていきます。

借金というのは放置するのではなく、必ず返済する、もしくは以下で説明する債務整理によって根本から解決させなければならないのだと覚えておくようにしましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

限界なら、債務整理の検討を

上記で触れたいずれの方法でもストレスから解放されず、借金生活に限界を感じた場合は、借金を放置するのではなく、債務整理という手段を利用するようにしましょう。

債務整理とは、合法的な方法で借金を整理することで、決して借金を踏み倒すといった性質のものではありません。債務整理を利用する方、個々の状況にあわせて最適な方法にて借金問題を根本から解決させることを目的としています。

では、具体的にどういった解決方法があるかについても見ていきましょう。

    ・任意整理
    ・個人再生
    ・自己破産

任意整理

ある程度の収入があるにも関わらず、支出に収入が若干追い付いていないような場合、貸金業者との交渉により長期分割返済に変更し、毎月の返済額を調整することで生活に無理が生じないよう調整する、「任意整理」という方法を利用します。

個人再生

任意整理でも完済までの見通しが立たない場合、もしくは交渉時に貸金業者側の提案とこちらの希望が著しくかけ離れている場合は、借金の一部を裁判所に免除してもらう、「個人再生」という方法を利用します。

自己破産

任意整理、自己破産のいずれの方法でも解決が難しい場合、すべての借金を裁判所に免除してもらう、「自己破産」という方法も残されています。

自己破産については、債務整理の中でも最終手段に位置する方法ではありますが、逆にいえば自己破産で解決できない借金問題はありません。
裁判所に自己破産さえ認められれば、どれだけ借金に悩まされていても問題解決できるのです。

とはいえ、自己破産はいつでも好きなタイミングで自由に利用できる手続きではなく、あくまでも裁判所に自己破産が必要と判断してもらうだけの事情がなければなりません。

債務整理で借金の根本的解決を目指しましょう

よって、債務整理とは、任意整理・個人再生・自己破産という借金解決方法を個々の事情にあわせながら駆使し、借金問題を根っこから解決していくという手続きです。

まさに借金問題を解決させるために存在している手続きなので、借金生活のストレスに限界を感じた際は、非常に有効な解決策と言えるでしょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

借金問題の相談に乗ってもらえるところは?

とはいえ、いくら債務整理に興味があっても、具体的にどうすれば良いのかわからない方がほとんどなのではないでしょうか?

こういった場合は、借金問題に特化した悩みについて相談に乗ってくれるサービスや専門機関をうまく利用して、債務整理を進めていきましょう。

まず、債務整理というのは法律を用いた手続きに含まれるため、法律の専門家に相談するのがもっとも賢明です。

債務整理を取り扱っている法律の専門家は、司法書士と弁護士になるため、自身の近くにある司法書士事務所や弁護士事務所に相談するのも1つの手です。

ただし、法律相談が有料という事務所は過去において当たり前であったため、どうせ利用するのであれば無料で相談できる事務所を利用しましょう。

近年では、リーガルサービスの質の向上化や、専門家同士の顧客争いなどの影響から、無料法律相談を実施する専門家の事務所が増えてきました。

特に債務整理問題の相談については無料で取り扱っている事務所が増えてきているため、お近くの専門家事務所に相談する際は、無料かどうかについて確認しましょう。

もし、法律相談を無料で受け付けてくれる専門家事務所が見つからなかった場合、地域ごとにある弁護士会や市区町村役場の法律相談会を利用するという方法もあります。

弁護士会によっては、無料法律相談を行っていないこともありますが、通常、専門家事務所にて有料相談にかかる一般的な相場よりも金額が低めに設定されています。

市区町村役場であれば、多くは無料での法律相談が実施されているため、一度、自身が住んでいる市区町村役場に債務整理の法律相談会を行っていないか確認してみましょう。

上記、いずれの方法でも無料法律相談の利用ができそうになかった場合、国が設立した司法援助機関である「法テラス」を利用するという方法もあります。

法テラスであれば3回までは無料で専門家に法律相談に乗ってもらうことができますし、もし、依頼したいとなれば専門家への費用を一時的に立て替えてもらうことも可能です。

ただ、利用には収入に要件があり、あまり収入が多すぎる場合は無料相談などを利用できない場合があります。

しかし、債務整理を検討している方であれば、それほど難しい要件になっているわけではないため、多くの方が無料法律相談を利用できるはずなのでご安心ください。

    債務整理は法律の専門家に相談しましょう

    ・弁護士事務所や司法書士事務所に相談する
    ・地域ごとにある弁護士会や市区町村役場の法律相談会を利用する
    ・法テラスを利用する

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き