リボ払いによる自転車操業を終わらせる2つの方法

2019.09.17 更新

リボ払いの仕組みがよく分からない
リボ払いで借金がなかなか減らず自転車操業になってしまっている

仕組みをよく理解せずカード会社から勧められるがままにリボ払いにしてしまっているという人は多いです。特に、リボ払いの返済がなかなか終わらず困っているという人は要注意です。

今回は、リボ払いの仕組み自転車操業状態から抜け出す方法について詳しく説明していきます。

リボ払いでの自転車操業について相談してみる

この記事のポイント

おまとめローンと債務整理という2つの方法

おまとめローンとは、今現在支払いをしている返済を銀行に一本化してしまうという方法で、債務整理は通常弁護士や司法書士に依頼して、貸金業者との交渉を通して借金を支払える金額に圧縮する方法です。

メリット
おまとめローン 複数の貸金業者から借金がある場合、金利を抑えられる可能性、手数料が浮く可能性があり有効
債務整理 弁護士や司法書士が貸金業者と交渉をして将来利息をカット、支払える金額に借金を整理することができる可能性がある

リボ払いの返済が長期化してしまう仕組み

クレジットカードの利用方法の一つに、「リボ払い」という方法があります。
単にリボ払いといっても、実際にはさらに細かく分類される(元利定額リボルビング方式などのこと)のですが、根本的には返済が長期化するというリスクを大いにはらんでいます。というのも、クレジットカードのリボ払いというのは、カード会社にとっても大きな利益になっているほど、多くの金利を支払わなければならない利用方法なのです。

では、なぜリボ払いは返済が長期化し、多くの金利を支払わなければならないのでしょう?
まず、クレジットカードの利用方法は大きくわけると、一括払い、分割払い、リボ払いの3つになります。それほど大きい金額でなければ一括払いを利用することが多いのですが、そうでない場合は、分割払い、リボ払いを利用される方が多いのではないでしょうか。分割払いとリボ払いの違いとしては、分割払いが最初に決められた回数にて返済していくのに対し、リボ払いは毎月の支払い金額が固定になる代わりに返済回数の指定はありません。

つまり、最初からいくら支払うかわかっている分割払いに対して、リボ払いの場合は利用額が増えれば増えるほど返済回数が増えるために、返済が長期化されてしまうというわけです。また、毎月同じ金額しか返済しないために、借金がたまっているという認識が少しずつ麻痺していき、気付けば利用限度額になっていたといった方もめずらしくはありません。
60万円の買い物をした場合、分割払いであれば、毎月5万円を12回、1年の支払いで済むところを、毎月1万円の返済に固定したとなれば、単純計算で60回、つまり5年間も支払いをしなければなりません。

さらに、この計算には金利が含まれていないため、実際には金利や手数料も考えると、毎月1万円の返済では5年の支払いではすまないというわけです。もちろん、この間に他の利用があれば、完済までの期間はますます長くなっていくため、リボ払いの癖がついてしまえば、下手すれば一生返済が終わらないなんて事態にもなりかねないのです。

リボ払いの金利と返済の注意点

リボ払いの金利は決して特別に高すぎるというわけではありません。リボ払いの金利は、一般的に年利15%前後となっていますので、金利について心配する必要はありません。これ以上の金利になっていた場合、違法な貸し付けになります。

貸金業として登録している一般的な業者であれば、違法な貸し付けを行うことはありません。というのも、現在、貸金の金利は利息制限法という法律にて定められていて、利用元金に応じて15~20%という制限があるため、リボ払いだけが高い金利になっているわけではないのです。

しかし、上記でも触れたように、リボ払いには返済の長期化、借金している認識が薄れるといった問題があります。返済が長期化するということは、それだけ長い期間、金利を支払い続けなければならないということ。借金している認識が薄れ、借り入れ元金が膨らんでいけば、金利は元金に対してかかってくるために、トータルの支払い額がどんどん増えてしまうというわけです。

これではまさに悪循環ですし、結果として借入限度額にまで達してしまい、自転車操業状態になってしまいます。リボ払いは、節度を守って利用しなければ、毎月の返済負担が軽減されるというメリットを生かすことができず、むしろ利用のしすぎはデメリットにしかならない点に注意が必要です。また、単に金利の高い低いが、支払い総額に影響しているわけではなく、必ず借入総額と返済期間についても考慮しなければならない点も覚えておきましょう。

リボ払いの自転車操業を解決する2つの方法

では、リボ払いが原因で自転車操業になってしまった場合、どのように解決すべきでしょうか?この場合、おおまかには銀行などが行っている「おまとめローン」か、「債務整理」を利用するかのどちらかになります。いずれの手続きも借金の返済負担を軽減する手続きです。

おまとめローンとは
銀行などから返済資金を調達し、リボ払いなどの返済を一括で行うことで、返済窓口を銀行一本にまとめてしまおうという金融商品の1つです。複数の貸金業者からリボ払いをはじめとするカード返済があるという方は、毎月の返済を1回で済ませることができ、手数料を浮かせられるというメリットがあります。

銀行からの借入というのは、多くの貸金業者が設定するリボ払いの金利よりも安いことが多く、結果として総支払額が減るといったメリットが生じるケースもあります。しかし、おまとめローンの場合、一度完済したカード会社を解約するくらい徹底していないと、また同じカード会社から借入できてしまうという問題が出てきます。

通常、お金の借入というのは「総量規制」という法律によって年収の3分の1までしかできないと定められているのですが、銀行からの借り入れの場合、総量規制の対象外となります。となれば、おまとめローンの返済に加え、再度のリボ払い利用によって今までと同様の返済もしていかなければならないといった、さらなる自転車操業に陥る危険があるということ。これでは、借金の返済負担を軽減するといった、おまとめローン本来の意図が意味を成していません。
おまとめローンには、こうした危険があるのだとしっかり認識しなければなりません。

次に、債務整理手続きについてですが、こちらはおまとめローンとは違い、捉え方によっては借金問題を解決できるというメリットがあります。どういうことかというと、上記のようにおまとめローンでは、一括返済したカード会社を再度利用することができてしまいますが、債務整理をすると新たな借り入れをするのが困難になります。

債務整理をすると借り入れが困難に
債務整理をするデメリットには、「数年間は新たな借金ができない」ことがあります。債務整理を利用すると、その情報が個人信用情報機関に事故情報として記録されます。この事故情報というのは、借入審査の際に貸金業者が個人名などから照会する情報の1つで、事故情報があると信用がないとのことから審査に通れなくなるのです。

一般的には、借入審査に通れなくなる点をデメリットとしているのですが、借金完済への意志が弱い方にとっては、今以上に借金が増えることがないというメリットになり得るのです。つまり、債務整理を利用すると、それ以降は借金が増える心配がほとんどなくなります。債務整理には、任意整理や自己破産、個人再生といった手続きがありますが、いずれの手続きであっても、今以上に借金が増える心配はほとんどありません。

しかし、いずれの手続きも非常に専門性が高い手続きになるため、個人で行うには時間も手間もかかりすぎてしまいます。よって、債務整理を検討されている方、借金問題を解決させたいと考えている方は、弁護士や司法書士といった、専門家への相談・依頼を検討してみてください。
債務整理やおまとめローンをうまく利用して、これ以上、借金に悩まされない新しい生活を手にいれてください。

関連記事

リボ払いの返済が終わらない!? 完済のために知っておくべき3つの…

目次リボ払いは残高の増加に気づきにくく、返済期間が長期化しやすいリボ払いが減らないと感じたら、いますぐ残高を確認するべ…

リボ払いはなぜ”やばい”?怖い仕組みとリボ地獄のリアル

目次リボ払いが「やばい」3つの理由 やばい理由(1)手数料が高い やばい理由(2)支払額が一定やばい理由(3)危機的状況になっても…

リボ払いの危険性をわかりやすく解説

目次リボ払いとは?仕組みを分かりやすく解説 リボ払いの種類は「定額方式」と「残高スライド方式」の2つ リボ払いの手数料や金…

気づいたらリボ払いの残高が50万円に…効果的な返済方法とは?

目次リボ払いの残高が50万円に!…減らないのはなぜ?リボ払いの借金50万円を返済する方法繰り上げ返済をしてリボ残高を減らす月…

リボ払いからカードローンへの借り換えはお得?

目次そもそもリボ払いの借り換えとは? カードローンへの借り換えは必ずしも得ではない理由2つ カードローン=低金利とは言え…