100万円の借金の返済方法は?月々の返済を減らしたい人へ

 

100万円の借金は、金額的にはそれほど大きなものとは言えないのかもしれません。

しかし、100万円といえども返済に時間がかかると利息はどんどん大きくなります。
生活費のために新しく借金をすると、あっという間に返せない金額になってしまいます。

以下の条件に当てはまる方は債務整理を検討しましょう。
(1)返済の資金が用意できない
(2)完済の見込みが立たない
(3)月々の返済で生活が苦しい

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

今すぐ生活を楽にしたい人は「債務整理」を

債務整理とは、借金がどうしても返せないときに利息のカットや借金の免除などを認めてもらう手続きです。

毎月の返済が厳しいという方は、債務整理をすれば借金を軽くすることができます。

借金額が100万円ほどの人であれば、「任意整理」がおすすめですが、以下に任意整理を含めて債務整理の種類についてまとめます。

任意整理 貸金業者と弁護士の交渉によって、利息をカットして月々の返済額を見直す。裁判所を介さないことなどから、リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い。
個人再生 裁判所を通して、3年で完済できる金額に借金を圧縮する手続き。継続した収入を得ていることが条件。
自己破産 裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで、返済を免除してもらう手続き。借金はなくなるが、自分の財産も全てなくなるハイリスクハイリターンな手続き。

4種類ある債務整理の内容を比べた場合、比較的に少額である100万円の借金を整理するには、任意整理以外では制約が大きいと言えるでしょう。

個人再生や自己破産の場合、100万円の借金では選択するメリットがないケースもあります。また、条件的に適用外となることもあります。

こうした理由から、100万円の借金を整理するなら、任意整理が好ましいと言えます。

任意整理では、対象とする債権者を選択できます。銀行などの金融機関を含めたくないなら、そのほかの貸金業者だけを相手にすることも可能です。

過払い金が判明することも

また、債務整理手続きの引き直し計算の結果、残高が0どころか過払いになっているのが判明することもあります。

この場合、任意整理から一転して過払い金の返還請求が可能です。

利息制限法の上限利率を超える取引が長かった場合には、過払いではなくても元本が激減する期待が持てます。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

債務整理(任意整理)の流れとデメリット

任意整理の大まかな流れは以下の通りです。
任意整理の流れ
ここで重要なのは相手方との条件交渉です。任意整理においては、利息(将来利息)を0(ゼロ)として交渉します。

このような条件は、一見すると債務者にだけ都合のいい話に見えるものの、債権者側としても元本の回収を見込めるメリットがあります。

和解を蹴って裁判にしたところで、よりよい結果を得られるとは限らないため、同意するケースも多いのです。

一般的に、任意整理では元本だけを3年程度の分割で返済することになります。

100万円を36回分割にすれば、毎月の返済額は2万7777円ほどで済みます。仮に、3社が相手なら1社あたり9000円ちょっとです。

もちろん、条件はケースバイケースなので、毎月の返済額をこれより少なくできる可能性もあります。

任意整理のデメリット

任意整理をすることで利息を払う必要がなくなり、毎月の返済額も減らせる。これ以上のメリットはないでしょう。

しかし、メリットがあればデメリットもあって当然です。任意整理のデメリットを確認しておきましょう。

100万円の借金を任意整理で解決した場合、その事実は信用情報機関に5年などの一定期間登録されます。
俗に言う「ブラックリスト入り」です。

借りたときの約束を守れなかったということで、この情報は抹消されるまでの間、各種のローンなどの利用を妨げるものとなってしまいます。

もし、将来的に住宅ローンなどを利用する可能性があるなら、一刻も早く任意整理をするべきでしょう。遅れれば遅れるほど、抹消される時期も遅くなります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

100万円の借金返済体験談3選

アコムから100万円の借金を債務整理した体験談

(1)車とローンの返済が遅れたため借金をした
(2)両親の体調不良をきっかけに任意整理
(3)過払い金請求をしたところ、50万円の減額に……くわしく読む

バンクイックで100万円。借金の恐ろしさを知りました

(1)転職するまでの間、生活費のために借金
(2)返済遅れの対応がとても厳しかった
(3)返済中で仕事も見つからないので債務整理をする予定……くわしく読む

モビットから100万円の借金。債務整理で60万円に

(1)借金のきっかけは体調不良によるきっかけ
(2)他の消費者金融のキャッシング審査に落ちて滞納
(3)月々2万8000円が返せず、弁護士に相談……くわしく読む

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

債務整理だけはしたくない人向けの借金返済方法

収入と支出をきちんと管理して、元本の返済額を増やす

100万円の借金を効率よく返済することは、利息の総額をできるだけ抑えることだと言えます。

利息は元本の残高に対して付けられるものであり、元本が少なければ、かかる利息も少なくなります。したがって、できるだけ元本の返済額を増やせば、100万円の借金を効率よく返済することが可能です。

大前提として、自分の経済状態を明確にしておく必要があります。どんぶり勘定では、借金の効率的な返済など不可能だからです。「気がついたらお金が減っていた」という使い方では、返済額を増やすどころか、借金が増える危険性さえあります。

借金を一元化できる「おまとめローン」を利用する

複数の貸金業者から借入れた合計額が100万円の場合には、業者数の分だけ返済額が積み上がるため、毎月の返済が困難になることがあります。

不足分の返済を催促されるだけでなく、それが重なれば、一括での返済を求められることにもつながります。それ以外では、返済した直後に空いた枠の借入を行う「究極の自転車操業」を行うことになるでしょう。

このようなリスクを回避する手法の1つが「おまとめローン」の利用です。おまとめローンとは、複数の貸金業者からの借金を別の1社からの借入で一括返済するもので、返済相手の管理を容易にし、毎月の最低返済額を減らすことを期待できるローンです。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンを利用できれば、毎月何度も行っていた返済が一度で済みます。また、業者数が1社だけなので、最低返済額の積み上げがありません。

元本30万円の最低返済額よりは多くなるとしても、複数社合計の100万円よりは低く抑えられる可能性が高いです。これが、おまとめローンのメリットです。

また、前述のように1社との契約で元本が100万円のケースと、複数社との契約で元本が100万円のケースとでは、利息制限法の適用利率が変わります。これも、おまとめローンのもう1つのメリットです。

一方で、毎月の返済額を抑えることで、当然ながら元本の減りが遅くなります。したがって、かかる利息の合計額が多くなるというデメリットがあります。

さらに、返済に充てずに使ってしまうことが考えられます。そうなれば、その先には借金地獄が待っているだけです。ただし、一元化した(まとめた)資金を立替払いするタイプのおまとめローンなら、その点の心配はありません。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き