クレジットカードの支払い遅れは2カ月でブラックリスト?対処法は?

 

お金が無くてクレジットカードの支払いができない…
支払えなかったら今後クレカはどうなっちゃうの?

支払いが遅れてしまったとき、カードの利用は一時的に制限されることがほとんどです。

このページでは、
・カードの支払いが遅れた時に起こること
・クレジットカードの支払いができない時のあなたがとるべき対処法
について解説します。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

私のカードはどうなる?支払いが遅れた時の各カード会社の対応

クレジットカードの支払いは銀行口座からの自動振替が一般的で、引き落とし日の口座残高が不足しないように注意していれば遅延は防げるとはいうものの、人間なのでうっかり忘れてしまうこともあります。

そのとき、各カード会社の対応がどうなのかは気になるところです。

JCBカードの場合

JCBカードの場合、「株式会社ジェーシービーが自社発行しているカード」と、「JCBグループ各社や多数のパートナー企業が発行しているカード」があります。

そのうち、株式会社ジェーシービーが発行しているJCBカードの支払いが遅れたときは、カードの利用が一時的に制限されます。

株式会社ジェーシービーへの支払いについては、振替口座がどの銀行かで対応が異なります。
なぜなら、「再振替が行われる銀行」と「行われない銀行」があるためです。

再振替日は概ね月の下旬で、しかも1日だけとなっているため、間違いなく残高を用意する必要があります。
対する再振替が行われない銀行の場合、JCB調査デスクへ電話で問い合わせることになります。

自社発行以外のJCBカードの場合は、カード発行会社により、またはケースによってカードの利用停止になるかどうかが決まるようです。

支払いについては、各カード発行会社へ連絡する必要があります。
ただし、楽天カードのように再振替サービスを行っているカード発行会社もあります。

振替口座のある銀行が再振替サービスの対象かどうかを確認する必要はあるものの、対象であれば、再振替日までに残高を用意しておけば支払いが可能です。

マスターカードの場合

マスターカードの場合、ブランドを展開しているMastercard社自体がクレジットカードを発行しているわけではありません。
カードを発行し、実際のクレジットカードサービスを提供しているのは、ライセンスを受けた個別のクレジットカード会社です。

そのため、「Mastercardブランド」のクレジットカードを利用した代金の支払いが遅れた場合でも、自分が持っているマスターカードの発行会社によって取り扱いが変わります。

この点は、「JCBグループ各社や多数のパートナー企業が発行しているカード」と同様です。
があれば、各カード会社へ問い合わせをしましょう。

VISAカードの場合

VISAカードの場合、かつての株式会社住友クレジットサービス(※現在の三井住友カード株式会社)が多くを占めていた時代を経て、現在では多数のカード発行会社が存在しています。

したがって、VISAカード会員との取引にかかる手続きや対応も各カード発行会社が独自に行うため、支払いが遅れたときの対応もVISAブランドで一律になるわけではありません。

このように、支払いが遅れた場合の対応がカード発行会社ごとになる点では、マスターカードやVISAカードと同じです。
遅れた金額に対する遅延損害金の扱いも、カード会社によって異なります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

支払いが遅れたときに出る影響|ブラックリストってなに?

いつから使える?利用停止から再開までの期間

クレジットカードの支払いが遅れた場合に、すぐに利用停止になるかどうかはケースバイケースです。
もし、利用停止になった場合は、解除されるまでに決済されるものにも影響が出てしまいます。

そこで、気になるのが利用再開までの期間です。
一般的には、支払いの確認がとれれば利用停止が解除されます。

したがって、すぐに支払った場合は、何日も待つことなく再び利用できる可能性があります。

ただし、支払いの遅れが複数回であるなど、信用状態によっては長期間の利用停止や強制解約になることもあります。

また、支払い方法や銀行営業日などのタイミングによっては、解除になるまでにタイムラグを生じることがあるため、支払いはできるだけ早めにすべきです。

他のローンへの影響は?支払い遅れとブラックリストの関係とは

クレジットカードの支払いが遅れたことで、住宅ローンなど、ほかのローンへの影響があるかないかについては、断定的なことは言えません。

まず、支払いが遅れた事実は、個人の信用情報(契約や申し込みに関する情報)を管理している信用情報機関に登録される可能性があります。

数日の遅れまでなら登録されない可能性はあるものの、まずは登録されると考えたほうが無難です。
支払いの遅延が登録されると、2年間は信用情報機関に残ります。

つまり、2年以内にほかのローンの与信や途上与信で信用情報機関の情報を照会されれば、支払いが遅れた事実が明らかとなり、与信判断に影響することが考えられます。

万一、支払いが遅れたときは、以後2年以上はしっかりと遅れないようにすることです。
実際に登録されているかどうかが気になるときは、各個人信用情報機関に本人情報の開示請求をすることで確認できます。

また、一時的な遅延ではなく、61日以上の長期の遅延となれば、異動情報(金融事故)として5年間は登録されます(※俗に言うブラックリストに載る状態)。

その間は審査で弾かれてしまうので、住宅ローンをはじめとする、各種ローンも借りられなくなる可能性が極めて高くなります。
つまり、事実上は無理だと言えるでしょう。

以上のように、クレジットカードのブランドにかかわらず、支払いが遅れたときは利用停止になる可能性と遅延損害金が発生する可能性、信用情報機関に登録される可能性があります。
そして、それを決めるのは各カード発行会社です。

長期の延滞になると、話が一気に深刻化するので注意しましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

新たな借金は危険!支払いが遅れた時の正しい対処方法

クレジットカードの支払い遅れによるほかのローンへの影響を回避するには、遅れないように支払うことです。
そのためか、遅れそうになったときに、別のカードや消費者金融のキャッシングを利用して支払う人もいます。

クレカの支払いのための借金は絶対にだめ。その理由は?

クレジットカードの債務が、必ずしも借金したものとは限らないものの、後払い債務である点で借金と一緒だと言えます。

その支払いのためにほかで借金する行為は「自転車操業」と呼ばれるもので、多重債務への近道となり得るものです。
信用情報の悪化を怖れるあまり、より状況を悪化させることにつながりかねません。

そのときだけお金がないなどの特殊な事情があって、1回限りの利用であれば、苦肉の策として使えないこともないでしょう。

しかし、その場合でも利息負担以外のデメリットがあります。それは、信用情報機関に一定期間残る、消費者金融などを利用した事実です。
また、根本的にお金がない状況が続くようなら、別の対処法を考える必要があります。

債務整理って?カードの返済に苦しむ日々から抜け出したい人の解決法

目の前の支払いどころか、来月以降も正常なクレジットカードの支払いができない状態なら、無理をして支払うことよりも、債務整理を考えてみるべきでしょう。なぜなら、支払えない状態のままだと、遅延損害金が膨らむだけで何も解決しないからです。

また、利息の付くお金を借りて目先の支払いをクリアしても、今度はその借金の返済ができなくなることが容易に想像できます。このように、どのみち債務整理をするしかなくなるのです。

債務整理をすれば、支払いや督促に悩まされることがなくなります。

3年程度の分割・無利息で返済できる経済力がある場合は、その範囲で返済すれば済むので楽になります。それでは追いつかないほどであれば、自己破産で免責を得ることも考えられます。免責を得ることができれば、支払いの義務はなくなります。

これらが債務整理のメリットです。

やっぱり気になる…債務整理のデメリットとは

債務整理をする場合に生じるデメリットには、表面的なデメリットと実質的なデメリットがあります。
ただし、債務整理をしなければならない状況になっている時点で、ほとんどが表面的なデメリットだと言えます。

債務整理の代表的なデメリット なぜ表面的なデメリットなのか
信用情報機関に登録される 支払えないままでも異動情報となる
ローンやキャッシングが使えなくなる これ以上の債務を抱える意味がない
自己破産の場合は就職制限がある(※) 一部の職業限定で復権すれば解除される
自己破産で旅行が制限されることがある そのままで旅行できる状態ではない
保証人や連帯保証人に迷惑がかかる 支払えないままでも迷惑がかかる

※警備員や特定保険募集人、弁護士、行政書士などの職業に就いている人にとっては、実質的なデメリットとなる。

結論として、債務整理をしないでデメリットを避ける意味がある人は限られます。
そして、一時的な支払い遅れではない場合、どうせやるなら早いほうがよいのが債務整理です。

まずは、弁護士などの専門家に相談してみましょう。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き