「借金地獄=ギャンブル依存症」ではない!専門家に聞く借金地獄から脱出する方法

2018.06.27 更新

こんにちは。ライターの菊地です。突然ですが、みなさんは「借金地獄」と聞いて、どういった印象をうけますか?なんとなく「ギャンブル」や「失業」をきっかけに陥る、そんなイメージをもつ人が多いと思います。

しかし、それは少し昔の話。日本クレジットカウンセリング協会の調査によると、近年、多重債務(複数の業者から借金をして返済が困難になること)を抱えてしまう一番の原因は、「生活費補填」によるものでした。

そこで今回私は、なぜ人は「借金地獄」に陥ってしまうのか、どうしたら脱出することができるのか、ファイナンシャルプランナーの藤川 太(ふじかわ ふとし)さんにお話を伺ってきました。

<プロフィール>

家計の見直し 相談センター 代表 藤川 太(ふじかわ ふとし)さん

ファイナンシャルプランナー CFP認定者、宅地建物取引士

「家計の見直し相談センター」を運営し、1万5000世帯を超える家計の見直しをおこなう。家計管理からマイホーム購入、不動産投資など幅広いジャンルを手がける。主な著書は『サラリーマンは2度破産する』や『年収が上がらなくてもお金が増える生き方』など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ借金地獄に陥ってしまうの?

『借金地獄』というと、ギャンブラーやお金にルーズな人に限った問題だと思っていました。なので、多重債務者の多くが「生活費補填」によるものだったと聞いて本当にびっくりして……

そうですね。確かに世間一般では、『借金地獄=お金にルーズな人』の問題といったイメージをもつ人が多いです。しかし、実際はそうではない。「借金地獄」に陥る原因として多いのは『生活費』、その次に『失業、転職、収入減』と続きます。だから借金があるからといって、その人がギャンブラー、お金にルーズというのは大きな間違いなんです

確かに、『ギャンブル』や『遊興費、飲食、交際費』といった理由で借金地獄に陥ってしまうケースもあります。しかし、『医療』や『冠婚葬祭』といった理由で多重債務を抱えてしまう人も多い

『医療』や『冠婚葬祭』に関しては、自分では防ぐことのできない理由ですね

そうなんです。だから、借金があること自体は悪いことではない。奨学金や住宅ローンだってお金を借りるという意味では同じ借金ですから

横からすみません。実は『借金地獄』とまではいかないのですが、私も借金を抱えていて……。なかなか返済できていなんですが、何かアドバイスをいただけますか

初耳だし、仕事できてるんですけど……

今まで『借金=悪いこと』と思っていて誰にもいえなくて……

なぜ借金をしたんですか?

買い物をしたい欲求を我慢できなくて……。当時は、ソファーとか大型テレビとか買いたいものが本当に多かったんです

借金地獄は女性の方が陥りやすい?

ソファですか。女性にしては少し珍しいですね。女性が借金地獄に陥ってしまうのは、ブランドものや化粧品の購入などのケースが多いんですよ

確かに女性は、化粧品やスキンケアにお金がかかりますよね。そういう意味では、女性の方が借金地獄に陥りやすいのでしょうか?

いえ、性別はあまり関係ないですね。相談者の割合でいえば男性の方が少し多いくらいです

話を戻していいですか……?私、本当に悩んでいるんです

すみません、どうぞ続けてください

最初は、銀行カードローンで20万円くらい借りました。それもお給料が入ったらすぐに返そうと思っていたのですが、いざお給料が入るとまた買い物しちゃって。それを繰り返していくうちに、借金が自分の収入では返済できない額まで膨れていて。気がついた時には、利息もバカにできない額になっていて。借金を一括返済するために両親に頭を下げてお金を借りることにしたんです

……まあ両親なら利息もかからないから、一旦は安心ですね

でも、その両親から借りたお金も買い物に使っちゃったんです

全然安心じゃなかった

…………

そんなことを繰り返すうちに、借金が120万くらいに膨れ上がってしまって。最終的には、『もう二度と借金しないから』と両親に頼み込んで、一括返済してもらいました。今は両親に少しずつお金を返しています

典型的な借金地獄の陥り方ですね、でも抜け出せて本当によかった。買い物や贅沢による浪費、ギャンブルというのは中毒になりやすいんですよ。まとまったお金を使ったり、ギャンブルをしたり、そういうのは脳の刺激になるんですよね。だからそれ自体が快感になって依存しやすい

興奮して脳内麻薬が分泌されている状態ですね

そうですね。私も学生時代パチプロをしていたので、そういった高揚感や快感を味わいたいという気持ちはよくわかります

パチプロ

まあ、プロってほどじゃないけど、パチンコの収益で生活してた時期があったんです。毎日のようにオープンから閉店時間までパチンコ屋にいてね。でも、パチンコって時給換算したら、せいぜい2000円くらいなんですよ。よくよく考えたら家庭教師の方が稼げるじゃんって。それからパチンコはやめて家庭教師を始めました

よくやめられましたね……ギャンブルを楽しむというよりは、お金を稼ぐためにやっていたから、ハマらずにやめられたのかな。誰もが藤川さんのようにスッパリとやめることができればいいのですが、そう上手くいかないですよね

そうですね。私も買い物や浪費癖から抜け出すのは苦労しました

浪費やギャンブルをやめられずに、『借金地獄』に陥ってしまう人とそうでない人の違いってなんだろう……。一般的に、借金地獄に陥りやすい人を教えていただけますか?

借金地獄に陥りやすいケースとは

やはり自分の限界を把握せずに、ギャンブルや買い物にのめり込んでしまう人は『借金地獄』に陥りやすいですね

なるほど。では買い物やギャンブルによって、『借金地獄』に陥った人が、そこから脱出するためにはどうしたらいいですか?

借金地獄から脱出する方法とは

まずはクレジットカードにハサミを入れましょう。必要なのは、新しい借金を作れない環境を整えること。あとはコツコツ働いて、返済の苦しみをダイレクトに感じてもらいながら、着実に借金を減らしていく。それが1番ですね

そうしていくと少しずつ借金が減っていくから、精神的にも金銭的にも楽になってくるんですよ。そのうち、苦しかった時期には絶対戻りたくないという感情が生まれる

思いっきり借金の苦しみを感じてもらうことで、『借金=辛くて苦しいもの』という認識を持ってもらう、と

そうそう。借金地獄に陥っている人は、『借金=楽してお金が手に入る』と勘違いしている人が多いんです。だから、その認識が間違っていることに気づく必要がある

なるほど。では『失業』や『冠婚葬祭』などの理由で、借金をせざるを得なかった人たち。つまり『借金=辛くて苦しいもの』と理解している上で、『借金地獄』に陥ってしまった人はどうしたら良いでしょうか

おまとめローンを利用して利息を減らす

そうですね。まずは、ローンを一社にまとめることが大切ですね。ほぼ確実に利息が減ります。仮に利息が減らなかったとしても、返済日が1日にまとまるのは精神的に楽になる

私も返済日が複数あったときは、精神的にも本当にツラかった記憶があります。2万円返済したばかりなのに、また来週には3万円返済しないといけない!とか。いつも借金のことばかり考えていました。次第に自分がいくら返済したのかもわからなくなって、この生活が一生続くんじゃないかと不安で夜も眠れませんでした

たしかに返済日が複数あると、なにかと返済計画も立てづらいですね

でも一番大切なのは、借金地獄に陥らないことなんですよ

それはそうですね。では、(自分では防ぎようがない場合を除いて)借金地獄に陥らないためにはどうしたら良いのでしょうか?

やっぱり、自分の支払い能力の限界を把握することですね。例えば、無理な住宅ローンを組んでしまって『借金地獄』に陥ってしまう人って意外と多い

ギャンブルよりも怖い?住宅ローンの罠

住宅ローンがきっかけで『借金地獄』に陥ることもあるんですか?住宅ローンは、クリーンなイメージがあったので意外です

住宅ローンとはいえ、他人のお金を使って家を買うわけですからね。借金ということには変わりないんですよ

でも、どうして無理な住宅ローンを組んでしまう人が多いのでしょうか

ひとつの理由として考えられるのが、『家を買うことが当たり前』と考えている人が多いこと。たしかに、昔は当たり前だったかもしれない。でも考えてみてください。結婚したら、女性は専業主婦になることは当たり前ですか? 車を買うことは当たり前でしょうか?

今の時代では、どれも当たり前ではないんです。結婚をして子どもを産むのだって当たり前じゃない。しかし依然として、家を買うのは当たり前と考えている人は多い。だから無理にでも、ローンを組んで買おうとしてしまう

なるほど。たしかに僕も、いつかは家を買うものだと思っていました

ただ勘違いしてほしくないのですが、住宅ローンを組んで家を買うことは悪いことではありません。重要なのは本当に返済できるのかよく考えて、無理のない返済プランを立てること

無理のない返済プランとは、具体的にどういうものでしょうか

無理のない返済プランとは

年間返済額が、年収の2割以内に抑えられたプランですね。子どもができると教育費がかかります。それがだいたい年収の2~3割。さらに年収の2割は税金で消えてしまうんですよ。住宅ローンの返済額が2割を超えてしまうと、生活費や医療費などに使えるお金は3割しか残らないんです。年収300万円の人であれば、90万円しか残らない

90万円ということは、一ヶ月の生活は、7.5万円ということですね。そこから携帯代金とかを引くと……。確かにしんどいかも

だから住宅ローンの年間返済額が、年収の2割を超えた返済プランというのは現実的ではない。かといって年間の返済額を抑えると、完済までの期間が長期的になってしまうんですよね。完済予定が80歳になってしまったら返すのは難しい。せめて70歳までには完済できるプランを立てた方がいい

つまり、年間の返済額が年収の2割で、70歳までには完済できるものが『無理のない返済プラン』ということですね

そうですね。それが難しいようなら家を買うのは見送る、それくらいの気構えでいた方が良いかもしれません。もしくはグレードを下げて、自分の予算に見合った家を買うようにするとかね

借金地獄からお金持ち? 戸建てまで購入した元多重債務者

家を買うといえば、『借金地獄』から抜け出して一戸建てを買った男性(以下Aさん)がいました。奥さんに内緒でギャンブルにハマっちゃって、400万円近くの借金を作ってしまった方でした

『借金地獄』から一戸建ての購入はすごいですね!借金地獄からお金持ちじゃないですか! その方は、どうやって復活を果たしたんですか?

Aさんは、奥さんに内緒で借金を作っていたんだけど、自宅に督促状が届いたことをきっかけに奥さんにバレちゃってね。奥さんに連れられて、うちに相談に来たんですよ

幸い、旦那さんも奥さんも働いていて、返済能力は十分にあった。ただ、旦那さんはギャンブルが好きなだけでなく、お金にもルーズな人だったんですよね。すぐ買い物をしたり、移動にタクシーを使っちゃったりして。だから、お金があっても借金の返済に当てられなかった

そんな状況だったら、奥さんは離婚も視野に入れてそうですね

私もそう思ってたんだけどね、私の目の前で、奥さんが旦那さんに『ちゃんと借金の返済を一生懸命するなら、離婚しないで一緒に頑張る』って言ったんですよ

愛ですね

だから私も旦那さんにこう伝えたんです。『これから借金を返すためには、いっぱい我慢しなくてはならないし、本当にツラい思いをすることになります。それでも返済すると約束できますか?』って。そしたら、旦那さんは『約束します』といってくれたんですよ。だから、3年で返せる返済プランを提案しました

400万円を3年で返済するってことは、月に11万円以上ですよね。利子を含めるとかなりツラい生活になりそう。その旦那さんは約束を守れたんですか?

彼はちゃんと守ったんです。それも予定よりも早く、2年で完済したんです。奥さんと一生懸命働いてね。しかも一生懸命働いたから、仕事の収入も上がってね。住宅ローンをくめるようになって、一戸建てまで買えたんです

家族と一緒にいたい一心で頑張ったんですね……。ステキな話だ

本当にすごい…!じゃあ『借金地獄』から、一気に大富豪になった人はいますか?そういったお話も聞きたいです

ステキな話に水を差すような質問をしないでほしい

借金地獄からお金持ちになることは可能?

いきなりお金持ちになることは難しいですが、『借金地獄』を抜け出した人は貯金をできるようになるケースが多いです。今まで借金返済に当てていたお金を、そのまま貯金に回すことができる

そうすると、貯金が増えていくのが喜びに変わっていきます。そして貯金を減らしたくないという気持ちから、浪費をしないようになる。苦労して借金を返済した人の方が、その傾向は強いようです

それは良いスパイラルですね。逆にいえば、苦労せず借金返済ができた人は、また借金を抱えてしまう可能性が高いと

そうですね

肝に命じます

専門家に相談して返済プランや債務整理を

やっぱり『借金地獄』から脱出するためには、地道にコツコツと働くしかないんですよ。でも、どうしてもお金の管理が苦手だったり、働きたくても働けなかったり、思うように抜け出せない事情がある人もいます。そういう人には、ファイナンシャルプランナーや弁護士さんに相談してほしい。ファイナンシャルプランナーであれば、借金の返済プランを一緒に考えることもできます。弁護士さんであれば、債務整理をして、借金の返済額を減らす手続きをしてくれるでしょう。大切なのは一人で悩まないことですね

本当に一人で悩まないことは大切ですよね。一人だと次の返済日は?とか、どうやってお金を工面しよう?とか、本当に切羽詰まってしまって。寝ても覚めてもお金のことばかりで、気分も落ち込んでしまうんですよ。そんな状況だと、ご飯を食べても映画を観ても全然楽しめない。一人で悩まず、誰かに相談する。それだけでも少し前進した気がして、気持ちが晴れるんです。現に今の私がそうなのですから

…….。では、借金を抱えないために大切なことはなんでしょうか?

借金を抱えてしまう理由は、本当に人それぞれ。一概にはなんとも言えません。ただ渡辺さんのように浪費を楽しみにしている人は、大きな目標を持った方がいいですね。結婚資金でもいいし、マイホームのためでもいいんだけど、大きな目標のためにお金を貯金する

今は大きな目標がないから、目先の小さな喜びのためにお金を使ってしまうんですよ。ダイエットと同じです。痩せることを目標にするのではなく、痩せたその先にあるものを目標におくんです。モテたいでもいいし、可愛い水着を着たい!とかね

借金地獄は誰にでも訪れる可能性がある

いかがでしたか?藤川さんは、「返済能力は本来誰もが持っているもの」といいます。そしてこう続けました。「借金があるからといって、人生を諦めるのは早すぎる。人は借金を返せる力があるということは、お金を貯める力もあるということ。ぜひ、お金を貯められる生活を取り戻してほしいと思います」。

今は借金地獄に陥っていても、返す方法はきっとあるはず。一人で悩まず、弁護士・司法書士やファイナンシャルプランナーの方に相談してみてはいかがでしょうか。何かが変わるキッカケにきっとなるはずです。それでは失礼いたします。

関連記事

【多重債務とは】確実に借金地獄から抜け出せる債務整理の4つの方法

目次多重債務とは?多重債務が招く最悪の事態多重債務を解決する2つの方法おまとめローンでは根本的な解決は不可能多重債務者を…

多重債務者が家族に与える悪影響

多重債務者も家族なら返済義務ってあるの? 多重債務者の債務は家族が返す義務がありますか? 家族の中にいくつもの消費者金融…

借金を完済する方法次第で信用情報に傷がつく|返済計画は任意整理で

目次借金を完済するための方法は返済計画を立てること『借り換えローン』『まとめローン』で借金完済はできる?消費者金融への…

借金をした本人が死亡したら返済義務は保証人に移ってしまう

目次そもそも借金の保証人にはどんな義務があるのか?本人の死亡時、相続放棄はできても保証人の義務は免れない そもそも借金の…

女性の借金の体験談まとめ|独身も主婦も苦しいときは債務整理を

目次女性の借金返済のさまざまなパターン借金の取り立てが怖い…督促を止める方法借金返済が厳しいならば債務整理の検討を 女性…