払い忘れていた借金が2倍に!?突然来た督促への正しい対応とは

2018.10.24 更新

過去にしていた借金。忘れていた借金。特に請求もなかったので払い忘れていたら、突然支払うよう催促が来た場合、返済しないといけないのでしょうか。
しかも、なぜか借金の返済額が膨れ上がっていた。。。
気になる時効や、遅延損害金についても知りたいです。

そこで今回は、払い忘れていた借金やいきなり来た督促への正しい対応について解説します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

この記事のポイント

借金の払い忘れをいきなり一括請求された方は弁護士や司法書士に相談を!

請求されなかったので、放置していた借金も返済義務があります。
支払い忘れていただけで、わざと滞納していたわけではなくても、事情を考慮してくれるなど特別な措置はありません

最後に返済してから5年以上経過していれば、時効が成立し、支払わなくてもよい可能性がありますが、これは非常に稀なケースです。

膨れ上がった借金額の理由は、遅延損害金というものです。
返済が遅れていたことに対する罰金と考えてください。
これは放置すればするほど増えていきます。

早期の相談が解決につながりますので、そのお悩みを弁護士・司法書士事務所にお話しください。

借金の払い忘れ。忘れていたころに支払いの通知が…これって時効じゃないの?

先生、こんにちは。今日は、過去に借りた借金を払い忘れていたら、何年も経ってから急に支払いの通知が来た場合の対処法を教えてください。

こんにちは。確かに、ずっと請求が来ていなかったのに数年経っていきなり業者から支払いの請求書が来たり、時には突然裁判を起こされることもありますね。

そんなとき、その借金を払わないといけないものなんですか?時効というものがあると聞きました。わざと滞納したわけじゃなかったり、完済したと思い込んでいた場合は、借金は時効になっているのではないですか?

借金を滞納していたのが、たとえわざとでなくても、返す必要があります
借金が時効になる条件は「期間」だけなので、意図的に滞納したかどうかは関係ありません。

そうなんですね。その、借金のが無効になる「期間」って何年なんですか?

貸金業者からの借金の場合は5年、個人間の借金(例えば親戚や友人からの借金)の場合は10年です。
消費者金融やクレジットカード会社からの借金の場合5年ですね。

最後の返済から5年以上たっていれば時効になっているということですね。

はい、でも時効になっていても、時効の効果を得るには「援用」という手続きが必要ですよ。
それに、絶対に返済してはいけませんよ。
時効後に返済をすると、借金を認めたことになって時効が無になってしまいます。
時効についての詳しい説明はこちらの「借金の時効を考えている人が知っておきたい4つのこと」の記事で紹介されているので参考にしてみてください。

忘れたころに一括請求の督促が!金額が莫大になっているのはなぜ?

時効になっていたらいいですが、過去の払い忘れの借金がまだ時効にかかる前に、借金の返済を請求されることもありますよね。

もちろんです。普通はそういったケースが多いと思いますよ。しかもそのような場合、請求金額が、借りたときよりも相当膨らんでいることがありますよ。

それは、長期間支払いをしなかったことで、遅延損害金がついているからですか?

そのとおりです!借金を支払わないと最悪の場合20%を超える高利率の遅延損害金が加算されます。これは滞納期間に応じてどんどん加算されていくので、何年も放置していたときは莫大なものになっているんです。
遅延損害金も払えなくなり、借金の滞納で差し押さえなんて事態にならないためにも、滞納を放置は絶対に避けるべきです。

なるほど。それで払い忘れの借金について久しぶりに請求された場合は、金額が大きくなっているんですね。

放置していた昔の借金。返済の請求が来ても支払わないとどうなるの?

このように払い忘れて金額が大きくなってしまった借金、ふつうは一気に返せないことも多いですよね。

そうですよね。払い忘れていた借金であっても、やっぱり支払わないといけないものなんですか?
故意に支払いをしなかったわけでもないのだから、配慮とかはしてもらえないものなんですか?

それは無理ですね。借金がある以上支払いはしないといけません。払い忘れがわざとかどうかは、関係がありません。

やっぱりそうなんですね。それで、この借金を支払えないとどうなるんですか?やはり、差し押えなどをされてしまうんですか?

そうですね。放置しておくと、裁判をされて最終的には財産を差し押さえられてしまいます

そうならないためには借金を返済してしまうしかないのでしょうか?

返済してしまうのが一番いいのは確かです。
でも、払い忘れの借金があって、支払いの請求がきた場合も債務整理は有効な解決法になりますよ。

債務整理って難しそうですよね。

一度法律の専門家に相談に行ってもいいでしょう。かなり昔に借りていた借金なら、「過払い金」といって払いすぎた利息が発生していて、借金が大幅に減ることもありますし、まずは弁護士や司法書士に状況を聞いてもらうだけでも状況が改善するかもしれません。

関連記事

借金の滞納払えないとどうなる?裁判所から督促が来た時の対処法

目次借金を滞納したらすぐにやるべきこと正しい相談先に相談する借金を滞納すると、消費者金融やカード会社から督促状(一括請求…

差し押さえ通知が届いたら危険!借金を滞納したらすぐ対応すべき理由

目次【裁判所からの督促が届く前に】差押予告通知が届いたら今すぐ対応すべき理由差押予告通知が届いて1ヶ月以内なら差し押さえ…

借金を一括請求された…放置は危険!滞納した借金を返済する方法

目次一括請求は借金を2か月滞納したら届く消費者金融から借金の一括請求通知が届いたときの対処法貸金業者から届いた督促状の内…

督促状と催告書の違いは?督促状の無視が絶対にダメな理由とは

目次2種類の督促状|督促状と催告書とは?貸金業者からの催促状とは内容証明郵便とは?時効を延長する催告書裁判所からの特別速…

悪質な借金の取り立てを止めたい|債務者が業者にとるべき対処法とは

目次怖い取り立ては違法行為|正しい借金の取り立てルールとは?借入先によって異なる督促内容銀行カードローン大手消費者金融…