借金を任意整理したい!銀行口座が開設できなくなることはある?

2018.07.07 更新

借金の支払いが苦しい場合、任意整理をして支払いを楽にすることが有効な解決方法になります。

でも任意整理をして、銀行口座が開設できなくなると、生活が大変不便になってしまいます。

実際、任意整理によって、銀行口座が使えなくなることはあるのでしょうか。
また、任意整理後、銀行口座を開設することが出来なくなることはないのでしょうか。

そこで今回は、任意整理後銀行口座を開設できなくなることがあるのかについて、先生に聞いてみましょう。

借金問題に強い司法書士事務所の詳細を見てみる

借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用できなくなる?

先生、こんにちは。今日は、任意整理した場合に銀行口座が開設できなくなるのかについて教えてください。

こんにちは。確かに銀行口座は給与振り込みや光熱費支払いに使っていることも多く、生活に密接な関わりがありますから、これが使えなくなると大変ですね。

そうなんです。それで、任意整理するとブラックリストに載ってお金が借りられなくなったりするので、同じように銀行口座も開設利用できなくなるのかどうかについて知りたいんです。

わかりました。では、順番に解説しますね。

借り入れのある銀行の口座だけ一時的に利用不可

確かに銀行からの借金を任意整理すると銀行口座が凍結され、一定期間口座が利用できなくなりますよ。

やっぱりそうなんですね。でも口座が止められるっていうことは、開設できないということとは違うんですか?

違いますね。任意整理するとき、その対象となる借金が銀行ローンや銀行からの借り入れであることがありますよね。

それはあると思います。じゃあ、任意整理するとそういう借入先の銀行の口座が止められると言うことになるんですか?

そうです。だから、逆に言うと、任意整理しても借り入れのある銀行以外の銀行口座は問題なく利用できますよ。

そうなんですね。それで、その止められる期間ってどのくらいなんですか?

銀行は、債務整理があるとその口座を止めて借金を預金と相殺しますので、その相殺が済むまで止められると言うことになります。

じゃあ、任意整理して銀行口座が止められるとしても、それは借入先の銀行の口座だけで、しかも一時的ということですね。

任意整理後は自由に銀行口座開設ができる!

それで、任意整理が終わった後、銀行口座の開設に何か影響はないんですか?

それはないです。それどころか、任意整理中であっても借り入れ先以外の銀行であれば問題なく口座開設ができますよ。

そうなんですね。じゃあ、もちろん任意整理後の開設にも問題ないですね。

そうです。ただ、クレジット機能付きの口座やカードローンなどの利用はできなくなるので注意が必要ですよ。

よくわかりました。銀行口座は自由に開設できるとわかって安心しました。こんな任意整理と銀行口座の開設の関係なんて、一人で悩んでいても本当にわからないことですよね。

そうですね。このような一見小さな悩みも、自分にとってはとても大きな悩みであったりします。このような心配がある方は、一度弁護士などの専門家に話を聞きに行くといいと思いますよ。

そうですね。弁護士なら、このような一つ一つの悩みに丁寧に答えてくれますよね。

はい。最近では、無料相談を実施している弁護士事務所や司法書士事務所も増えているので、そのような場所を利用すると良いと思いますよ。

ちょっとした悩みを相談するのにぴったりですね。助かりました。どうもありがとうございました。

関連記事

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?3つの減額法で楽に返済!

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の返済額がどのくらい減るの?3つの減額法を紹介将来の利息をカッ…

学生のための債務整理のカンタン解説|返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学金は任意整理できないの?未成年者の場合は任意整理に親の同意が…

任意整理の期間と手続きの流れ|和解・返済期間とブラックリスト期間

目次任意整理が終わるのは3~5年|手続きの流れを解説弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすると督促が止まる任意整理の和解手続…

債務整理の条件ってなに?弁護士・司法書士に相談するべき基準と手…

目次【最初に読んでほしい】債務整理には3つの種類がある債務整理は3つの種類がある「任意整理」「個人再生」「自己破産」任意…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られる3つのケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【返済能力】収入によっては弁護士・司法書士に任意整理を拒否され…