24時間365全国対応 無料

TEL:0120-292-005

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

2019.04.05 更新

借金の支払いが苦しくなっている場合、任意整理が有効な解決方法になります。

しかし、任意整理後に起業するとしたら、法律上制限されたりすることはないのでしょうか。

そこで今回は、「任意整理するとその後の起業ができなくなるのか」や「任意整理後資金調達ができなくなってしまうのか」について法律の専門家の弁護士・司法書士に聞いてみましょう。

債務整理をするべきか無料で診断したい方はこちら

借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できなくなることはある?

先生、こんにちは。今日は、任意整理すると起業ができなくなるのかや、資金調達ができなくなるのかについて教えてください。そもそも任意整理したことによって、法律上起業ができなくなることはあるんですか?

こんにちは。わかりました。任意整理は借金した人と業者などが直接交渉をして借金の額や支払い方法について決め直す手続きですよね。

そうです。だとしたら、任意整理しても、特に資格や身分に影響はないっていうことですか?

そのとおりです。任意整理しても、特に法律上起業について制限がかかることはありませんよ。自由に起業ができます。

任意整理すると、ブラックリストに載って借り入れができなくなる!

でも、任意整理すると資金調達が難しくなるんじゃないですか?

そうですね。任意整理すると、信用情報に事故情報が載ってその後の借り入れができなくなりますよね。

はい、いわゆるブラックリストの状態ですよね。それだとやっぱり資金調達は難しいですよね。

そうですね。借り入れによって資金調達することはできません。このことは自己破産した場合も同じ事ですよ。

そうですよね。自己破産でもブラックリストに載りますもんね。

自分で資金を用意すれば任意整理後の起業はできる!

じゃあ、任意整理した場合は、起業があきらめるしかないってことなんですか?

いいえ、そうではありません。単に借り入れで資金調達ができないというだけの問題ですから、貯金などで自己資金を用意すれば起業はできますよね。

あっそうですね。それに、ブラックリストとは無関係な親兄弟や親戚などからお金を借りたり援助を受けることもできますね。

はい。また、資金のほとんど要らない業態の起業なら問題になりませんよね。

任意整理後一定期間が経過すれば、資金を借り入れで調達することも可能!

それに、ブラックリストは任意整理後一定期間が経過すれば消えますのでまたお金が借りられるようになりますよ。

そうですよね。そうなったらまた借り入れによっても資金調達できるようになりますね。

そのとおりです。任意整理後だいたい7年程度が経過すれば、ブラックリストから消されてまたお金が借りられるようになりますよ。

その場合は本当にまったく問題なく起業ができるってことですね。

そうです。このあたりの流れも、自己破産の場合もまったく同じですよ。自己破産でも、免責後7年くらいたてば借り入れでも資金調達できるようになります。

なるほど。よくわかりました。でもこんな任意整理と起業の問題って、しろうとにはまったくわからないことですね。

そうですね。専門家に聞いてみないと正しい情報を得るのは難しいでしょう。

じゃあ、このようなことが気になっている場合も、一度弁護士や司法書士に相談に行くといいですね。

最近では無料相談などを実施している弁護士事務所や司法書士事務所もありますので、利用すると良いでしょう。

わかりました。ありがとうございました。

関連記事

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合、自己破産以外の債務整理は可能自己破産手続きができない理由~…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学金は任意整理できないの?未成年者の場合は任意整理に親の同意が…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わる債務整理をすべき「デッドライン」を理解しよう過払い金が発生…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」「破産」がある任意整理は借金を作った原因は問題とならない個人…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへの影響債務整理のタイミングについて債務整理のタイミングと判断…