自己破産したら起業できない?借金の返済が苦しい場合の解決策とは?

2018.01.17 更新

借金の支払いが苦しくて自己破産を考えているが、自己破産した後に法律上起業できなくなることはないのでしょうか。
また、自己破産後に起業する際に何か注意すべき点はないのでしょうか。

そこで今回は、自己破産後起業することができるのかどうかやその際の注意点を先生に聞いてみましょう。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

・自己破産後に起業をする場合、法律的な制限などはない
・自己破産した場合、一定の職につけなくなってしまう
・自己破産時に取締役についている場合、自動的に退任になる
・自己破産をすると7年間はブラックリストに載り借入れができないため、起業の際の資金調達が難しくなってしまう

知っておきたい自己破産のデメリット

自己破産後に起業したい!法律上の制限はある?

今日は自己破産後に起業することができるのかどうかを教えてください。

わかりました。
自己破産した場合でも、特に起業について法律上制限されるということはないですよ。

じゃあ、基本的に自己破産をした場合であっても起業自体はできるということですね。

【自己破産後】一定の職業に就けなくなる!注意が必要です!

法律上制限がないということは、自己破産後も自由に起業ができるということですか?

実はそうとは言い切れないんです。
自己破産すると、一部の職業に就けなくなると言うことを聞いたことがありますよね。

あっそうですね。
自己破産すると、弁護士や税理士など一部の職業に就くことができなくなるんですよね。

そうです。
不動産鑑定士などもですね。
ですから、自己破産をするとこれらの資格をもって起業することはできません。

それって一生続く制限なんですか?

いえ、そうではありません。
免責を受けて、自己破産後に債権者からの借金に関する追求を免れることになって復権すればまたその職につくことも可能ですよ。

自己破産時、取締役の場合は自動的に退任になる!

それともう一つ、自己破産するときの起業の問題と関連して知っておかないといけないことがありますよ。
それは、自己破産時に取締役に就任している場合の取り扱いです。

自己破産すると取締役を辞めないといけないんですか?

そうなんです。
自己破産すると取締役をいったん退任することになってしまいます。

取締役を解任されたら、もうずっと戻ることはできなくなるんですか?

いえ、そういうわけではありません。
いったん自己破産した後でも、再選任してもらえばまた以前と同様取締役の地位に戻ることができますよ。

【自己破産後】起業する場合、資金調達が難しくなる?

さらに、自己破産後に起業するときには資金調達方法にも工夫が必要ですよ。

それって、自己破産したらブラックリストに名前が載ることと関係ありますか?

それはあります。
自己破産すると信用情報に事故情報が載って、その後借り入れをすることができなくなりますよね。
これは任意整理の場合も同じです。

はい、それを世間ではブラックリストと言っていますよね。
ブラックリストに載るとお金が借りられないから、資金調達が難しくなるんじゃないですか?

そのとおりです。
借り入れによって資金を調達することが困難になりますよ。

自己破産したら、もう一生借り入れることはできないんですか?

いえ、そうではありません。
自己破産後だいたい7年くらいでブラックリストから名前が消えて、またお金が借りられるようになりますよ。
これも任意整理した場合も同じです。

そうしたら、また借り入れでも資金調達できますね。

はい、そのとおりです。
このように、借金の返済が苦しい場合や、自己破産後に企業を考えている場合などには専門家に相談するべきです。

当サイトでは、相談無料・24時間365日受付の弁護士事務所を紹介しております。

匿名でのご相談も受け付けていますので安心してご利用いただけますよ。
ぜひお気軽に相談してみてください。

関連記事

自己破産すると退職金はどうなる?破産前に知っておきたい知識2つ

目次自己破産しても退職金はもらえるの?すでに退職金を受け取っている場合は財産と見なされる退職金を受け取っていない場合は…

自己破産しても年金は差し押さえられない!受給に関する注意点4つ

目次自己破産しても公的年金は絶対に差し押さえられない「公的年金」と「個人年金」公的年金が差し押さえられない理由同時廃止…

自己破産すると生命保険は解約?親バレせずに契約を維持する方法

目次【自己破産時に注意】掛け捨て型と積立型の生命保険の違い解約返戻金が20万円以上だと生命保険は差し押さえ解約返戻金が20…

自己破産者と結婚できる?結婚後の生活のリスクや家族にバレる可能性

目次結婚相手が自己破産した場合のケース本人(自分)が自己破産した場合のケース自己破産後に結婚する場合の3つのリスク自己破産…

自己破産後の賃貸契約や更新はどうなる? 保証契約審査での注意点…

目次自己破産するだけでは賃貸契約を解除・更新拒否されない自己破産は賃貸の更新を拒絶するための理由にはならない 家賃を滞納…