個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

2018.07.07 更新

借金があって支払が苦しい場合は、債務整理が有効な解決方法になります。
そして、この債務整理については、民事再生とか任意整理という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

でもこの民事再生と任意整理って、どのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、借金問題を解決するための手続きである民事再生、任意整理、個人再生の内容や違いについて先生に聞いてみましょう。

借金問題に強い司法書士事務所の詳細を見てみる

任意整理とはどんな制度なのか?

先生、こんにちは。今日は、任意整理と民事再生や個人再生の内容や違いについて教えてください。

こんにちは。任意整理も民事再生も個人再生もみんな借金問題を解決するための制度だということは知っていますよね。

はい、知ってます。借金を解決する債務整理という手続の一種なんですよね。

そのとおりです。それで、まず任意整理とは、借金している人が消費者金融会社などの貸し手と直接話し合って、借金の総額や返済方法(月々の支払い額や一括返済か分割返済かなど)について和解することにより、借金の返済を楽にするものですよ。

なるほど。任意整理の場合、裁判上の手続きではないので、その和解内容は当事者で自由に決めることができるんですよね。

そうです。なので任意整理は、当事者間で合意さえ整えば、迅速に借金問題の解決が期待できる債務整理方法といえますよ。任意整理の手続き期間は比較的短いのが特徴です。

民事再生とはどんな制度か?

次に、債務整理のうちでも民事再生は、基本的に中小企業を対象とした制度ですよ。返済しきれないほどの負債(借金)を作ってしまった会社が、その借金額を減免するための手続きです。その会社の再建を図ることを目的としていますよ。

そうなんですね。じゃあ、「民事再生」とは、個人が利用する制度ではないってことですか?

そうです。民事再生は、会社を対象とした制度なので、あまり個人の借金とは関係ないです。

民事再生の個人バージョンが「個人再生」

それで、最後に個人再生です。民事再生は会社を対象にした制度だということは説明しましたよね。

はい。もしかして、それを個人が利用できるから個人再生なんですか?

そのとおりです。民事再生を個人が利用しやすいようにアレンジしていますよ。内容としては、これも会社の民事再生と同様に、返済しきれない多額の借金を作ってしまった個人が、一定の条件の下に借金を減額できる手続きです。

そうなんですね。借金を減額することで、個人が経済的に再建できるんですね。

最適な債務整理方法の選択のためにも法律専門家に相談しよう!

説明してきたとおり、任意整理も個人(民事)再生も全部、借金問題を解決する債務整理方法の一種ですよ。

そうなんですね。債務整理は、借金問題を根本的に解決することのできる手続ですよね。債務整理には、その他にも方法ってあるんですか?

そうですね。自己破産などもあります。そして、それらのそれぞれにメリット・デメリットがありますよ。

じゃあ、債務整理するときは、そういういろいろな手続きのメリット・デメリットを熟知した上で、自分に最適な債務整理方法を選ぶ必要がありますね。

はい、でもそのような選択は専門的な知識が必要なので、個人で判断するのはなかなか難しいですよ。法律的知識や債務整理の経験が豊かな法律専門家に相談するのがベストです。

なるほど。じゃあ、この機会に無料の法律相談を受けて、自分に一番合った債務整理方法についてアドバイスを受けてみるといいですね!

関連記事

任意整理で月々の返済額はどのくらい減る?3つの減額法で楽に返済!

目次任意整理とは?メリットは主に2つ!任意整理によって月々の返済額がどのくらい減るの?3つの減額法を紹介将来の利息をカッ…

学生のための債務整理のカンタン解説|返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学金は任意整理できないの?未成年者の場合は任意整理に親の同意が…

任意整理の期間と手続きの流れ|和解・返済期間とブラックリスト期間

目次任意整理が終わるのは3~5年|手続きの流れを解説弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすると督促が止まる任意整理の和解手続…

債務整理の条件ってなに?弁護士・司法書士に相談するべき基準と手…

目次【最初に読んでほしい】債務整理には3つの種類がある債務整理は3つの種類がある「任意整理」「個人再生」「自己破産」任意…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られる3つのケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【返済能力】収入によっては弁護士・司法書士に任意整理を拒否され…