24時間365全国対応 無料

TEL:0120-819-029

借金があるのに結婚して大丈夫?相手の借金が発覚したら

2019.03.14 更新

結婚したいけど借金が…どうすればいいの?

結婚相手の借金が発覚した…

借金を抱えたまま結婚生活を送るのはとてもリスクのあることです。

この記事では、借金が結婚相手にバレたときの大変さや、借金を抱えたまま結婚することの危険さについて解説していきます。

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

借金があるけど結婚したい…幸せになれる?

借金があるけどそろそろ結婚したいな…」と考えている方は少なくないと思います。

しかし、借金をしたまま結婚したとして、本当に幸せな結婚生活を送ることができるのでしょうか?

きちんと借金の返済を続けていたら、督促などの連絡も来ないため、借金を隠し続けることは可能です。ですが、いったん返済が滞ると、連絡が来て借金のことを隠すのは困難になってしまいます。

結婚後にバレて家庭問題になるよりも、今のうちに借金問題を解決した方が絶対にいいはずです

借金をしているのならば、正直に相手に伝えることが大切でしょう。

借金を隠したまま結婚するのにはリスクが…

ここでは、借金を隠したまま結婚した場合のリスクについて考えていきます。

考えられるリスク

  • 結婚生活に借金問題を持ち越すことになる
  • 家族に影響を及ぼす可能性が高い
  • 秘密にしていてもバレる可能性が高い
  • 最悪の場合は離婚に

このように、借金を隠したまま結婚生活を送るのには相当なリスクがあります。しっかり結婚前に借金問題を解決しましょう。

結婚前に借金問題を解決する方法とは?

結婚をする前に借金問題を解決した方が良いと伝えてきましたが、借金問題を解決する方法とは何があるのでしょうか?

借金問題を解決するためには、法律の力債務整理を使うのが一番いいでしょう。その中でも特に、任意整理をおすすめします。

比較的手間がかからず、弁護士・司法書士費用も安いからです。

任意整理とは、借入先の業者に対して返済条件の変更や債務の圧縮などの話し合いを求めて、和解を行う手続きです。手続きを行う際、交渉力がとても重要になるため、自分で行うよりも、弁護士や司法書士に依頼した方が、確実に借金の圧縮などができるでしょう。

その他の借金返済方法

  • おまとめローンを利用して借金を一本化
  • 親や友人に借りる
  • 退職金で返済する
  • 保険を解約する

その他の借金返済方法について、詳しくはこちらをご覧ください

結婚前に借金問題を解決したほうがいい理由

ここでは、結婚をする前に借金問題を解決した方が良い理由を具体的に考えていきます。

借金問題を解決したほうがいい理由

  • 家族にかかる迷惑が少ない
  • 後からバレるとかなり面倒
  • 借金をしている、していたことがバレにくい

これまでの内容からも、結婚前に借金問題を解決した方が絶対にいいことが分かるでしょう

借金問題はしっかりと解決しましょう。

結婚相手の借金が発覚…生活に与える影響とは?

結婚相手に借金があることが発覚したとき、ショックを受けますよね。

結婚相手だけでなく、相手の親などにも借金があった場合も不安になります。

親に借金があった場合についてはこちらをご覧ください

では、借金が生活に与える影響はどんなものがあるのでしょうか?

まずは、家族に大きな迷惑をかけることになるでしょう。特に家計面で大変になります。収入にもよりますが、月々借金返済に5万円かけているとしたら、かなり生活費を圧迫することになります。貯金も満足にできないでしょう。

子供にも奨学金の保証人になれないなどの影響が及びます。

借金を滞納するとどうなる?

滞納を続けてしまうと、最悪の場合裁判になってしまいます

借金滞納の督促の流れは以下の図です。

借金滞納の督促の流れ

滞納している人はやがてブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリスト化されたら、クレジットカードを作れない、車や住宅などのローンを組めなくなります。

しかし、これらはブラックリスト化された人の名義で行えないだけです。ブラックリストに登録されていない人の名義であれば、問題なくクレジットカードの作成などは行えます。

借金が発覚したときは、放置は絶対にせずにきちんと話し合う必要があります。

結婚相手の借金を肩代わりしてもいい?

結婚相手の抱えている借金の肩代わりをすることはできるのでしょうか?

借金の肩代わりをしなければいけないという義務はありませんが、肩代わりをすることは可能です

しかし、肩代わりをするとしても、100~300万円以上の借金の場合、自力で支払いを続けるのはかなり大変な額です。

そのようなときの借金返済方法はこちら

最悪の場合は離婚に

借金があることを相手に隠し続けたり、生活費が圧迫されるようになると最悪の場合離婚を選択せざるをえないケースも考えられます

そうならないためにも、しっかりと話し合って借金を解決する方法を考えましょう。

借金問題を解決したいなら専門家に相談を!

借金問題を解決したいなら債務整理をおすすめします

債務整理を行う際、どの方法が適しているのかが分からなかったり、手続きが大変であるため、一度専門家に相談した方が良いでしょう。

専門家に相談するメリット

  • 債務整理の手続きが始まり次第、督促がストップする
  • 家族などにバレずに借金問題を解決できる可能性が高い
  • 負担が少ない

専門家に相談するデメリット

  • 弁護士・司法書士費用がかかる

今の借金滞納生活から抜け出す方法を知る

関連記事

奨学金の返済がつらい 負担の少ない返済方法と返済できないときの…

目次奨学金の返済は軽くできる? 4つの制度と条件収入に応じて返済額が変わる所得連動返還方式月々の返済を減らす減額返還制度…

国民年金・税金 借金の滞納で差し押さえの対象となるもの

目次「差し押さえ」とはなにか?国民年金や借金の滞納で差し押さえられるもの預貯金や有価証券(債権執行)給与(債権執行)自…

苦しい生活から抜け出したい!シングルマザーに最適な借金の解決法

目次節約していても苦しい生活…母子家庭のための公的な救済制度とは①児童扶養手当②母子父子寡婦福祉資金貸付金③生活保護借金を…

公務員が借金を債務整理したら処分される?ばれない返済方法とは

目次公務員が債務整理しても免職されない共済からの借り入れを債務整理した場合、職場にバレる。職場に知られず借金問題を解決…

ブラックリストの登録期間はいつまで?

目次「ブラックリスト」とは何かブラックリストとは「信用情報に事故情報が登録される」ということ「信用情報」を管理する信用…