ギャンブルが原因でも自己破産できる?~免責獲得した体験談~

2018.08.14 更新

「ギャンブルや浪費が原因では自己破産できないか…」

自己破産は、借金返済や多重債務に追われているときにとても有効な方法です。しかし、パチンコなどのギャンブルや浪費が理由だと自己破産できないと言われています。

それは、ギャンブルや浪費が原因の借金は自己破産する許可が下りないと考えられているからです。

ですが、実際にはギャンブルや浪費が理由でも自己破産できたという体験談があり、ほとんどの場合で、自己破産する許可は下りています。

そこで今回は、免責が下りる理由や方法、体験談について解説しようと思います。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

ギャンブルで作った借金も自己破産できるの?

免責不許可事由とは?浪費?ギャンブル?

自己破産の手続きは、2つの申立てによって構成されていて、1つ目が「破産手続開始」、2つ目が「免責許可」と呼ばれています。

そして、免責許可申立てにて免責許可か不許可が決まるのですが、その判断材料として「免責審尋」といって裁判官との面接が行われることになっています。

ただ、この免責審尋は裁判所によっては行わない(書面による審査のみ)で免責決定が出されることもあります。とはいえ、以下の免責不許可事由に該当する場合は、審尋が行われるケースがほとんどです。

免責不許可事由と自己破産が認められる条件について詳しく見てみる

自己破産における主な免責不許可事由

  • パチンコをはじめとする賭博行為やショッピングなどによる著しい浪費行為
  • 株投資やFX取引などの偶然の利益や成功を目的としたもの
  • 特定の債権者にのみ返済する偏波弁済
  • 債権者や保有財産の隠匿行為など

細かく見ていけば他にも免責不許可事由はありますが、そのほとんどが上記の事由によるものです。

とはいえ、免責不許可事由に該当しているからといって、必ず免責不許可になるわけではありません。例外的に、「裁量免責」という制度が設けられているのです。

「裁量免責」とは?ギャンブルも自己破産が許される?

裁量免責とは、裁判官の判断によって破産者に免責許可を与える制度のことです。

たとえば、パチンコなどによる賭博行為によって多額の借金を抱えてしまった人を、すべて免責不許可にしてしまっていたら、自己破産という制度そもそもの目的を果たすことができません。

自己破産は、多重債務者を救済・更生させるために作られた制度です。

一度は賭博行為によって多額の借金を抱えてしまったとしても、誠実な態度で手続きに臨む人に対しては、裁判官による裁量免責によって救済・更生が図られるのです。

なので、たとえ免責不許可事由に該当していたとしても、よほどのことがない限り借金は免除になるケースがほとんどですので安心してください。

「裁量免責」は破産費用が高くなるかもしれない理由

裁量免責という制度によって、あまり深刻に免責不許可事由については心配する必要はありません。

しかし、免責不許可事由に該当した場合、破産管財人による調査が行われるケースが多くなっています。そして破産管財人が就く場合は、自己破産のために裁判所に納付する金額が20万円以上になる(少額管財も含む)ことが多くなっています。

破産管財人は一般的に、その地域で管財人として登録している弁護士が選任され、破産者の財産調査や債権者への配当といった管財業務を行います。

しかし、その業務への対価、つまり破産管財人への報酬は裁判所が支払うわけではなく、破産者が支払わなければならないのです。

こうした理由から、破産管財人が選任されてしまうと、裁判所へ納める金額が高額になってしまいます。

借金の理由はばれる?嘘をついたら危険!

借金の理由さえ隠してしまえば、免責不許可事由に該当する心配もないのでは?といった疑問をもつ人もいるかもしれませんが、あまりおすすめできる方法ではありません。

なぜなら、自己破産手続きをする以上、弁護士や裁判所は不審なお金の動きがないかを調査します。もちろん必要があれば、その理由を尋ねることになります。

借金の理由を隠し続けていても、どこかで矛盾が生じれば信用そのものに関わりますし、誠実な態度が見られないとして、裁量免責すら出してもらえない危険もあります。

また、弁護士に対して嘘をついて罪に問われるケースはほとんどありませんが、裁判所に対して嘘をつくとなると、「詐欺破産罪」に該当してしまう恐れもあります。正確には、「債権者を害する目的で」、嘘をついて自己破産することで罪に問われます。

ギャンブルの借金体験談まとめ

ギャンブルが原因で借金、再起をかけて自己破産を。

  1. 、同僚に誘われて行ったパチンコにのめり込んでしまいました。
  2. 手取り27万円の給料がなくなると、サラ金にお金を借りにいきました。
  3. ヤミ金でも借りてしまおうかと思いましたが、思い留まり…続きを読む

ギャンブル依存症で賭け事をやめられなくて借金を重ねていました

  1. 30代の頃からギャンブルにハマっていて、仕事で稼いだお金のほとんどをギャンブルに使っていました。
  2. 色々な手段で取り立てが行なわれ勤務先にまで催促状が届きました。
  3. 激しい取り立てに耐えられなくて弁護士に相談…続きを読む

関連記事

自己破産すると慰謝料も免除される?免責にならない非免責債権とは

目次相手が自己破産をしたら慰謝料や養育費はどうなるの?ほとんどの場合、慰謝料や養育費はもらうことができる全額回収するこ…

自己破産っていくらからできる?金額よりも支払い能力の有無が重要

目次自己破産っていくらからできるの?支払い不能状態かどうかで自己破産ができるか決まる支払い不能状態って何?支払い不能状…

自己破産で財産隠しは必ずバレる!詐欺破産罪の恐ろしさとは?

目次自己破産で財産隠しが発覚するとどうなる?「詐欺破産罪」とは?詐欺破産罪になるケースとは? 財産隠しは必ずバレる自己破…

実は自己破産をするのは2回目だけど、何か問題はある?

目次そもそも自己破産で、二度も免責決定を受けられるものなの?「前回の免責から7年以上経っていること」と「やむを得ない事情…

うつ病の人が自己破産の際にしておくこと2つ|診断書や生活保護につ…

目次うつ病で借金が払えない場合に自己破産はできるのか?うつ病の人が自己破産をするときにしておくべきことあらかじめ医師の…