自己破産で税金や保険料を免責したい!払えず滞納するとどうなるの?

2018.08.14 更新

「税金や保険料がどうしても払えなくて滞納してしまった…自己破産で解決できる?」

「自己破産したら、滞納していた税金って払わなくていいのかな?」

自己破産したら借金がなくなり、滞納していた税金や保険料も払わなくてもいいと考えていませんか?

しかし実際には、滞納していた税金や保険料は免除されないため、自己破産をした後でも支払わなければなりません

ここでは、税金と自己破産の関係について詳しく解説していきます。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

この記事のポイント

払う税金がますます増えてしまう前に、法律のプロに相談を

  • 自己破産では税金は免除されない
  • 税金の滞納を続けると給料などを差し押さえされてしまう
  • 市区町村に自己破産の旨を伝えれば税金の分納に対応してもらえる可能性がある

税金だけを滞納している場合、自己破産をすることはできません。市町村に分納の交渉をしましょう。

税金滞納の放置は延滞金を取られてしまうので、税金以外の借金がある場合には自己破産や任意整理で借金を減らしましょう

自己破産をしても滞納していた税金は免責されないって本当?

税金を滞納していても自己破産はできますが、税金を支払わなくて良くなるわけではありません。

自己破産による支払い免除の対象は、あくまでも借金やローンといった名目の支払いのみで、税金の支払い義務は免除の対象外です。

よって、自己破産後に発生する税金はもちろん、今まで滞納していた税金も支払っていかなければなりません

税金や保険料等が免責にならない理由

自己破産では税金の他にも、国民健康保険料や国民年金も免除になることはありません。

自己破産を定める破産法によると、「租税等の請求権は免除にならない」としています。

ここでいう租税とは、上述した税金に加え、地方公共団体から強制的な徴収が認められている所得税や市民税、国民健康保険料や国民年金も含まれています。

これらはすべて「非免責債権」と言われるものです。

「非免責債権」とは、免責の効力が及ばない債権のことなので、自己破産しても免除にならない支払いとして定められています

非免責債権について詳しく知りたい方はこちら

どうしても払えない…税金の放置は財産の差し押さえに

税金を払わずに放置してしまうとどうなってしまうのでしょうか。

税金の支払い義務から免れる方法として、「時効」というものがあります。時効とは、期間経過によって権利の効力を消失させるというものです。

たとえ税金であっても、時効期間さえ満了すれば、支払い義務は消失することになっています。しかし、時効というのは相手への督促といった手続きにて簡単に中断させることができてしまいます。

税金の場合は、「滞納処分」といって裁判などの手続きを経ずに、即座に財産の差し押さえをすることも可能です。

よって、時効期間の満了によって税金の支払い義務を免れることに期待すべきではありません。

税金の滞納をしていると、借金の滞納よりも簡単に差し押さえがされてしまいます。給料の差し押さえや郵便物で家族や会社にばれてしまうこともあるので、なるべく早く対処が必要となります。

滞納していた税金や保険料を分割返済する方法

滞納した税金の対処法
自己破産→△ 自己破産で税金は免除されないが、他に抱えている借金を0にすることで税金の支払いに充てることができる
市区町村に相談→〇 分割払いを許可される可能性あり
時効→✕ 時効を待って踏み倒すことは難しい

では、滞納している税金はどのように支払っていけば良いのでしょう?

通常であれば、自己破産により借金の返済義務から免れ、税金を支払う余裕もできるというもの。しかし、すべての方が滞納していた税金を支払っていけるわけではありません。

特に滞納期間が長ければ長いほど延滞税も付加されますし、滞納を理由に一括請求されている方もめずらしくはないのです。

しかし、とても一括で支払えるような金額ではありません。

こういった場合は、市区町村役場や税務署などとしっかり話し合うことが重要です

支払いが難しい事情をよく理解してもらい、場合によっては自己破産した事実を証する「破産手続開始決定書」や「免責決定書」を提示しましょう。

そうすることで、滞納分については分納に応じてもらえます。ただし、分納後の支払いまで遅れてしまうと、強制的に銀行口座といった保有財産を差し押さえられる危険があるため注意です。

分納後も支払いが難しい場合は、再度事情を伝えるなどして、話し合っていきましょう。

場合によっては、「生活保護申請」を視野に入れるなど、ケースバイケースな対応が必要となってきます。

【税金滞納中】他の借金を債務整理しましょう

税金滞納中の場合でも、税金以外の借金を自己破産することができます

税金を滞納することが自己破産の弊害になる心配はありません。もちろん自己破産は誰でも好きなタイミングで利用できるわけではなく、一定の条件を満たしている必要があります。

しかし、税金を滞納しなければならないほど生活に困窮している方は、自己破産の条件の1つである「支払い不能状態」を満たしている可能性が高いのです。

むしろ税金を滞納している方ほど、自己破産は認められやすいと言えます。

他の自己破産が認められやすい条件についても見てみる

関連記事

自己破産すると慰謝料も免除される?免責にならない非免責債権とは

目次相手が自己破産をしたら慰謝料や養育費はどうなるの?ほとんどの場合、慰謝料や養育費はもらうことができる全額回収するこ…

自己破産っていくらからできる?金額よりも支払い能力の有無が重要

目次自己破産っていくらからできるの?支払い不能状態かどうかで自己破産ができるか決まる支払い不能状態って何?支払い不能状…

自己破産で財産隠しは必ずバレる!詐欺破産罪の恐ろしさとは?

目次自己破産で財産隠しが発覚するとどうなる?「詐欺破産罪」とは?詐欺破産罪になるケースとは? 財産隠しは必ずバレる自己破…

実は自己破産をするのは2回目だけど、何か問題はある?

目次そもそも自己破産で、二度も免責決定を受けられるものなの?「前回の免責から7年以上経っていること」と「やむを得ない事情…

ギャンブルが原因でも自己破産できる?~免責獲得した体験談~

目次ギャンブルで作った借金も自己破産できるの?免責不許可事由とは?浪費?ギャンブル?「裁量免責」とは?ギャンブルも自己…