バンクイック滞納したらやばい?体験談と延滞後の対処法を徹底解説

2018.04.20 更新

「バンクイック滞納してしまった。どうすればいいのだろう」

「バンクイック滞納したけど、どんな影響があるのかな」

バンクイック滞納をしてしまった時にどのような対処法を取ればいいのかと考えたり、これから自分にどんな影響があるのだろうかと不安になることがあると思います。

そこで今回は、以下の4点について徹底解説していこうと思います。

  1. バンクイック滞納をした後の影響
  2. 滞納期間に応じてどのようなことが起きるのか
  3. バンクイック滞納した時の対処法
  4. 実際に滞納した人が解決できた体験談

バンクイック滞納をしてしまうとどんなことが起きるの

三菱東京UFJ銀行は、カードローン事業を「バンクイック」と名付けてサービスを展開しています。このバンクイックを滞納してしまうと一体どうなってしまうのでしょう?

今回は、バンクイックを滞納した場合の流れや影響について詳しくご説明していきます。

滞納期間に応じてどのようなことが起きるの?

バンクイックを滞納すると、まずは電話や書面にて督促されることになります。

いずれも督促された段階で支払ってしまえば特に問題はありませんが、それでも支払いをしないでいると個人信用情報機関に事故情報が登録されることになります。

個人信用情報機関に事故情報が登録された後は、一括で支払うよう督促され、それも支払わないでいると裁判提起、最終的には強制執行されることになります。

強制執行とは、銀行預金は給与などを強制的に差し押さえる手続きのことです。事前に告知なく銀行残高が0円になったり、給与を差し押さえられれば職場にも通知がいってしまいます。

こうした事態になる前に、バンクイックの滞納は解消するように肝に銘じておきましょう。

バンクイック滞納をしてしまうと信用情報を失う

上記にて、バンクイックの返済を滞納すると、個人信用情報機関に事故情報が登録されると説明しましたが、これは一体どういうことななのでしょう?

個人信用情報機関とは、いくつかある個人の信用情報を取り扱っている機関の総称のことです。

ここに「支払い遅延」などの事故情報が登録されてしまうと、その他の金融機関やクレジット会社は信用情報機関を通じて、その情報を知ることができます。これはつまり、社会的信用が失われるということ。

社会的信用が失われると、バンクイックの大本の三菱東京UFJ銀行はもちろん、その他の金融機関のローン審査に通らなくなったり、クレジットカードを保有できなくなったりと、私生活に様々な悪影響を及ぼすことになります。

そして、一度登録された事故情報は、その登録事実を解消してから5年程度は消えることがありません。

つまり、なんとかバンクイックの滞納を解消したとしても、社会的信用は失われたままになってしまうのです。

こうしたデメリットを背負ってしまうことからも、バンクイックの返済を滞納している方は、強制執行はもちろん、個人信用情報機関に事故情報が登録される前に、解消しなければならないと覚えておきましょう。

バンクイック滞納をしてしまった時に取るべき対処法

上述したように、バンクイックの返済を滞納していても何も良いことはありません。

では、バンクイックの返済をどうしても滞納してしまった場合、どのように対処すべきなのでしょう?以下にて詳しくご説明していきます。

滞納して返せるならすぐに相談して返済しよう

滞納していても、返済できる資金を捻出できるのであれば早々に返済してしまいましょう。

しかし、生活をしていると、カードローンの返済は優先順位が低くなってしまうのも無理はありません。その他にも、生活を維持するためには家賃や水道光熱費といった費用、地方税や社会保険料や年金なども支払っていかなければならないのです。

もし、他に優先すべき支払いがあってどうしても滞納を解消できないのであれば、まずはサポートセンターに電話して現在の状況を説明してみてください。場合によっては、毎月の返済額の調整に応じてもらえる場合もあります。

滞納している状況下でなにより良くないのは、そのまま放置してしまうこと。

連絡が取れない状況が続けば、当然、個人信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますし、最悪の場合、強硬手段である強制執行手続きに入られる恐れもあります。

こうした事態を一時的にでも回避できるもっとも簡単な方法が、業者側に直接連絡し、状況を説明することなのだと覚えておきましょう。

滞納して返せそうにないときには弁護士に相談しよう

しかし、業者に直接連絡する方法はあくまでも一時的な対処法でしかありません。その後も滞納が続くようであれば、強硬手段を講じられる恐れもあります。

どうしても滞納し返済できそうにない方は、弁護士への相談を検討してください。

弁護士と聞くと敷居の高さを感じる方が多いかもしれませんが、現在はそんな世の中ではありません。今は無料相談に応じてくれる弁護士も数多くいますし、報酬の捻出が難しいのであれば快く分割にも応じてくれます。弁護士への相談に敷居を感じる必要はありません。

弁護士に相談すると、具体的には「債務整理」という手続きを利用することになります。

債務整理によって借金の一部、もしくは全部が免除になる可能性がありますし、専門家に依頼した直後は一時的に返済がストップし、生活にゆとりを取り戻すこともできます。返済に追われる必要がなくなるだけでも十分すぎるほどのメリットです。

まずは弁護士に相談し、自身にどういった手続きが必要かを知ることが何よりも大切です。

※「その他の借金返済方法」の記事を参照

バンクイック滞納の借金体験談まとめ

任意整理をして返済

任意整理をする前は毎月4.5万円の返済をしていましたが、相手側との交渉をしていただき、半分の2.3万円になりました。そのおかげで、最終的に元金のみの支払いで返済金額も最低限に設定していただき、現在も無理なく返済することができています。…体験談の続きを読む

当時
毎月の返済額
4.5万円
債務整理後
毎月の返済額
2.3万円

信頼できる弁護士に相談して返済

弁護士に相談した結果、以前は毎月8万円の返済をしていましたが、なんと半分の4万円になりました。月に4万円の十分に返済できる額ですし、さらに収入に見合った返済計画を一緒になって考えてくれたので、返済することができました。…体験談の続きを読む

当時
毎月の返済額
8万円
債務整理後
毎月の返済額
4万円

関連記事

代位弁済とは?通知を受け取った人が一括返済を避けるたった1つの方法

目次代位弁済ってなに?一括請求が届いても分割払いにすることができる代位弁済とは「保証会社が滞納した人の代わりに借金を返…

借金を一括請求された…放置は危険!滞納した借金を返済する方法

目次一括請求は借金を2か月滞納したら届く消費者金融から借金の一括請求通知が届いたときの対処法貸金業者から届いた督促状の内…

悪質な借金の取り立てを止めたい|債務者が業者にとるべき対処法とは

目次怖い取り立ては違法行為|正しい借金の取り立てルールとは?借入先によって異なる督促内容銀行カードローン大手消費者金融…

借金の督促状は無視が絶対ダメな理由とは?裁判所や消費者金融から…

目次借金の督促状、「貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社など)からのもの」と「裁判所からのもの」の違い貸金業者か…

遅延損害金の計算がわかる!知らないと困る借金を返せない時の対処法

目次遅延損害金とは?計算方法やその危険性返済期限に遅れると発生する罰金遅延損害金は原則支払い義務がある借金滞納を続ける…