24時間365全国対応 無料

0120-288-109

「みずほ銀行カードローン」を滞納してしまった場合の正しい対処法

2020.03.20 更新

「みずほ銀行のカードローンを滞納したらどうなるの?」

「滞納のデメリットを最小限にとどめるにはどうしたらいい?」

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行が取り扱っている個人向けカードローンです。

審査・手続きがスピーディなことから利用者も多くいますが、安易にお金を借りてしまうと滞納の危険性が高まります。

この記事では、みずほ銀行カードローンを滞納するとどんなデメリットがあるのか、どのような督促を受けることになるのか、わかりやすく解説します。

滞納直後の正しい対処法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンを滞納した方はこちら

この記事のポイント

  • 滞納しても、すぐ口座に入金すれば再引き落としされる
  • 滞納を続けると督促や一括請求、最終的には財産差し押さえになる
  • 返済できない場合は法律の専門家に相談することで解決できる場合があるす

「返済日にお金が用意できない」で滞納…このあとやるべきことは?

みずほ銀行カードローンでお金を借りたものの、返済日までにお金を用意できない場合はどうすればよいのでしょうか。

まずは、みずほ銀行カードローンの返済の仕組みや滞納後の適切な対処について説明します。

お金を用意できるなら、口座に入金することで再引き落としされる

みずほ銀行カードローンの月々の返済は、基本的に口座引き落としによって行われます。

引き落とされるタイミングは、毎月10日(厳密には10日と11日の間の夜)です。

もし口座残高が足りず返済日に引き落としできない場合は、お金を用意できた時点で口座に入金しましょう。入金日の夜間に改めて引き落としが行われます(再引き落とし)。

ただし、返済日以降の引き落としはいつでも行われるわけではありません。期間が開いてしまった場合は銀行に直接連絡し、支払い方法について確認しましょう。

数日から10日程度の返済遅れなら、返済用の口座に入金すれば再引き落としをしてもらえる場合もあります。

入金するタイミングが銀行の休業日の場合は、翌営業日の夜間に引き落としとなります。

実際に引き落とされるまで、カードローンは利用できなくなるのでご注意ください。

すぐにお金を用意できないなら、すぐに銀行に連絡

返済日に返済できず、すぐにお金を用意できない場合は必ず銀行へ連絡しましょう。

いつまでも滞納状態を放置しておくと、銀行から督促の通知が届いたり電話がかかってきます。

返済が難しいことを正直に銀行側に話し、誠意を伝えましょう。返済額や支払い期間の調整をしてもらえる可能性もあります。

銀行に連絡する際には「〇月〇日までに入金します」と、明確な返済日を伝えることも重要です。

借金を滞納するとデメリットが多い

みずほ銀行カードローンを滞納した状態で、みずほ銀行と連絡が取れない状況が続くのは、避けたほうがよいでしょう。

借金を滞納することで、サービスの利用が制限されてしまうからです。

以下では、借金滞納で生じるデメリットについてご説明します。

追加借り入れが利用できなくなる

みずほ銀行カードローンの支払いを滞納した状態では、そのカードローンを利用できません。

当然、追加での借り入れや提携ATMを使っての出金もできないことになります。

携帯電話や公共料金などをカードローンで支払っている方は、こうした支払いにまで影響するので注意が必要です。

みずほ銀行からの新規融資を受けられなくなる

みずほ銀行のカードローンを滞納すると、みずほ銀行の融資審査に通らなくなるので、カードローンとは別の住宅ローンや教育ローンなどの新規融資も受けられません。

いつまでも借金を返済せずに放置すれば、銀行との関係悪化にもつながるため、滞納状態は可能な限り早く解消しましょう。

遅延損害金が発生する

支払いが滞ると、引き落とし日の翌日から遅延損害金(延滞利息)が加算されます

みずほ銀行カードローンの遅延損害金の利率は19.9%に設定されており、仮に100万円を借りているケースで1日にかかる遅延損害金は以下のような計算で算出できます。

〈1日あたりの遅延損害金〉

100万円(借入残高)×0.199(金利)÷365=545円

滞納が7日の場合は3,815円、14日の場合は7,630円、30日の場合は16,350円が加算されます。

当然、滞納期間が長くなるほど返済負担が大きくなるので、注意しましょう。

遅延損害金の計算方法や借金滞納についてもっと詳しく知りたい方は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することも、一つの方法として覚えておいてください。

借金滞納のリスクと解決方法を知る

滞納の放置は危険。督促から始まり、最終的に差し押さえに

みずほ銀行のカードローンで滞納している方は、滞納した状態をそのままにすることだけは避けましょう。

なぜなら、滞納の放置によって督促や財産を差し押さえられるなど、さまざまな危険があるからです。

以下では、督促から差し押さえまでの流れについてご説明します。

メールで督促の通知が届く

期日までに返済ができなかった場合、事前に登録したメールアドレス宛てに返済を要求する督促が届きます。

原則として職場に督促が届くことはないため、この段階で職場の人に借金の事実を知られる心配はないといえるでしょう。

自宅や職場に催促の電話がかかってくる

銀行からのメールに返信せず、督促に対して何もアクションを起こさなければ、次は電話がかかってきます。電話は債務者の携帯電話か自宅、もしくは職場の固定電話宛にかかってきます。

まずは、自宅か携帯電話に「入金の予定はいつですか?」といった確認の連絡が入り、その電話を無視していると自宅や職場へ電話がきます。

内容証明郵便で督促状(一括請求通知)が届く

2~3ヶ月ほど滞納を続けていると「一括返済請求通知」といった内容の通知がきます。

これは、いままで分割で返済していた借金残高を全額一括で返済してほしいという通知です。

この通知は「内容証明郵便」という郵便で送られてきます。

内容証明郵便は、配達員による手渡し配達になるため、家族に借金を滞納していることが発覚する可能性が高くなります

保証会社による代位弁済が行われる

一括請求通知を無視し続けていると、保証会社による「代位弁済」が行われます。

代位弁済とは、第三者(保証会社など)が債務者に代わって金融機関に借金を返済することです。

みずほ銀行カードローンの保証会社は株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)なので、代位弁済が実行されると債権(借金を請求する権利)がオリコへ移行します。

その後は、オリコから「一括返済」を求める通知が届くようになります。

代位弁済されたからといって、返済義務がなくなるわけではありません。

信用情報機関にもその代位弁済の事実が記録されます(ブラックリストに載る)。

強制執行による差し押さえ

債権が保証会社のオリコへ譲渡され、一括返済も無視していると、次のステップとして「財産差し押さえ」などの法的手続きに進みます

具体的には、オリコによって裁判が起こされた後、最終的には裁判所の強制執行によって銀行の口座残高や給与を差し押さえられます

滞納状態が長期化すればするほど「悪質」とみなされ状態は悪化するため、早めの返済を心がけましょう。

このような事態を避けるには、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することで解決できる場合もあります。以下で詳しく解説します。

借金滞納のリスクと解決方法を知る

返済できない場合は専門家に相談を

このように、滞納を続けているとさまざまな危険があります。

返済の目途が立たずどうしてもお金を用意できない場合は、放置せずに弁護士や司法書士などの専門家へ相談することも解決策の一つです。

専門家に相談するメリットは、次のとおりです。

生活に合った返済計画を考えてもらえる

借金の残高を少しでも減らすには、現実的な返済計画を立て、利息の原因となる「元金」を継続して返していく必要があります。

弁護士や司法書士などの専門家に相談すれば、現在の収入に合った返済計画や貸金業者への対応など、完済に向けた相談にのってくれるでしょう。

借金の軽減や免除が可能な「債務整理」を任せられる

自力で返せないほど借金が膨らんだ場合には、法的手続きによって借金の軽減または免除を目指す「債務整理」も有効な手段のひとつです

債務整理において貸金業者と借金減額の交渉をする際には、利息の「引き直し計算」や「取引履歴の開示請求」など複雑で根気が必要な作業が必要になります。

弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、これらの面倒な計算や法的な手続きをすべて任せることができます。

依頼者が時間や手間をかけなくても、借金問題の解決に近づくことが可能といえます。

みずほ銀行カードローンの滞納は「放置厳禁」。なるべく早く解決を

みずほ銀行カードローンの滞納を放置していても、状況はよくなりません。滞納にはリスクが多く、メリットはないので絶対にやめましょう。

積み重なった借金を解決したいなら、専門家を頼ってみてはいかがでしょうか。

自力で返済できない借金があるなら、債務整理という選択肢があります。

債務整理にはデメリットもある一方で、返済総額を抑えられるので完済を目指しやすいという大きなメリットがあります。

少しでも返済負担を減らすために、あなたにとって最適な選択肢を検討してみてください。

関連記事

アイフルの借金を時効によって逃れることはできる?

目次消費者金融からの借金が時効で消滅するタイミング最終返済日の翌日から5年の経過で借金が消滅時効になる消滅時効期間が経過…

アコム返済についての相談先と一括請求が届いた時の対策

目次アコムの返済が苦しい時、どこに相談すればいい?返済方法の変更などアコムに直接相談 債権回収会社や裁判所からの督促が来…

バンクイックで滞納したらやばい?延滞後の対処法を解説

バンクイックカードで滞納してしまった方はこちら 目次バンクイックで滞納をしてしまうとどんなことが起きるの滞納期間に応じて…

プロミスで滞納したらどうなる?差押え・裁判になるまでの流れ

目次プロミスの借金を滞納すると、どうなる?遅延損害金が発生する借金を滞納すると、プロミスからの督促が来る最終的には、法…

三井住友VISAカードの滞納放置は危険!借金を返済できないとどうな…

目次はじめに知っておきたい、借金滞納が招くデメリット遅延損害金が発生するカードの利用ができなくなる郵便や電話で督促され…