借金返済をシミュレーションしよう!|返済のコツや返済計画の立て方

2018.04.20 更新

借金を返済したいけど、どう計画をたてればいいの?」 「借金をうまく返済するコツは?」 「自分の借金の状況が分からない…」 借金を返そうと思っていてもなかなか上手いように借金を返済できずに苦しんでいる方もいるでしょう。 また、これから返済計画を立てようと思っているけどどうしたらいいか分からないという人も多いはずです。 借金完済までの道のりは短くはないですが、きちんと計画を立てたりシミュレーションすることで借金を楽にすることができます。 そこで、この記事では
  • 借金状況の整理の仕方
  • 借金を返済するための計画の立て方
  • 立てた計画を実際に実行する方法
についてご説明します。

借金を返済するコツ

借金を完済したいと思っても、なかなかうまくいかない方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、借金を効率よく完済するための3つのステップについてご紹介します。

  1. 自分の借金の状況整理をすること
  2. 借金返済シミュレーションで返済期間や利息を計算すること
  3. それをもとにした効率の良い借金返済計画を立てること

この3つを順序良く進めていけば、闇雲に返済するよりもはるかに効率よく完済を目指すことができます。
それでは以下にて、各項目の詳しいご説明をしていきます。

自分の借金状況を整理する

なかなか借金が完済できない方の典型的なパターンとして

  • 自身がどこからどれだけの借金があるのか
  • 毎月自分にどれだけの収入があって支出があるのか

といった点をしっかりと把握できていないことにあります。

そこで、まずは借入先と借入総額をすべて書き出してみましょう

その他にも、普段はそれほど意識していない利息や手数料についても書き出してみてください。
そして最終的には、月々の返済額と返済日を確認し、自身の収入に見合った返済額となっているかを確認してみましょう。

具体的には、毎月必ずかかってしまう税金の支払いや、家賃・水道光熱費といった生活費を収入から差し引き、残った金額よりも返済額のほうが多いとなれば、当然、毎月のように借金が増えてしまっているというわけです。

特に借入先が複数ある方の場合、借金の状況を把握できておらず、こうした状況に陥っている可能性が高いです。

借り入れ先が複数ある場合

借入先が複数ある場合、金利の見直しはもちろんのこと、いっそ借入先をひとつにまとめてしまうのも方法の1つです。より効率よく返済するにはどちらも欠かせません。

では、具体的にどのように行えば良いのでしょうか?

金利の高い借入から完済する

金利が高い借金や、リボ払いを利用している場合、どれだけ返済を継続的に行っていても、返済額が少額であればあるほど、返済期間が長くなればなるほど、最終的に支払う金額が金利によってどんどん膨れ上がっていきます。

これでは効率の良い返済ができているとはいえません。下手をすれば、借金が一切減らない悪循環すら生まれる危険があります。

そうならないためにも、金利が高いところから優先的に支払うなどの対策が必要です。
また、リボ払いは解消してしまい、毎月自身がいくらカード払いを利用しているのかを把握することも大切です。

借り入れ先を減らす

借入先を減らす方法の1つとして、銀行などが提供している「おまとめローン」を利用するのも良い方法です。

特に銀行からの借入の場合、金利が低く設定されているため、完済までの総額を低く抑えることが可能です。
また、借入先を1本化することでバラバラだった返済日も統一され、手間を削減できるメリットもあります。

借金の返済計画を立てる

おおまかな完済までのビジョンが見えてきたら、次は実際に返済計画を立ててみましょう。

ここで重要になるのが、毎月の収支の把握です。自身が何にどの程度のお金を使っているのか、食費などに無駄が生じていないかなどをしっかり確認してみましょう。

完済までの期間が長引けばそれだけ総支払額が増えてしまうため、返済計画を立てる際は、そういった面も考慮しながら毎月の返済額を検討してください。

なお、職種にもよりますが、ボーナスといった不確定な要素は返済計画に含まないことも大切です。ボーナスは必ず支払わなければならないものではないため、職場の事情次第では支払われないこともあります。こうした不確定な要素は返済計画から省きましょう。

※「借金返済のための5つの選択肢」の記事を参照

もっと早く借金を解決したい人は弁護士に相談しましょう

もっと早く借金問題を解決させたい方は、債務整理手続きを利用しましょう。

あまり無謀な返済計画を立てても、いずれは頓挫するのが目に見えています。もし、少しでも無理があるなと感じた場合は、弁護士に相談してください。
弁護士であれば債務整理によって金利のカットや借金の一部免除、事情次第では全部が免除される手続きのサポートが可能です。

多くのメリットがある手続きですが、当然デメリットもあります。 そこで、まずは債務整理がどういった手続きなのかをしっかり把握する意味でも、弁護士に相談してみるところから始めてみてください。

関連記事

借金一本化で損することも…そのカラクリと体験談でわかった盲点とは

目次借金一本化ってどういうものがあるの?した方がいいの?借金一本化・おまとめローンとは借金一本化のメリットとデメリット…

家族や会社にバレずに借金返済する方法|バレるきっかけは借金の滞納!

目次借金を滞納していると借金は周囲にばれる会社に借金がばれるきっかけ家族に借金がばれるきっかけ 家族や友人、会社にバレず…

差し押さえ通知が届いたら危険!借金を滞納したらすぐ対応すべき理由

目次【裁判所からの督促が届く前に】差押予告通知が届いたら今すぐ対応すべき理由差押予告通知が来て1ヶ月以内なら差し押さえの…

カードローンの一括請求が来た…無視して1ヶ月滞納すると裁判に!?

目次【ローンの滞納】借入先から一括請求を無視していると危険な事態に…一括請求を分割に!金利が低いカードローンでも任意整理…

借金がある場合、確定申告することで減税できることがある!

目次借金が住宅ローンの場合には所得税などが減税されることがある事業資金を借金している場合、減税できることがある一般的な…