親が消費者金融から借金していた!親に過払い金返還請求権がある場合、相続対象になるの?

 

親が亡くなった後で、実は消費者金融やカード会社から借金をしていたことが明らかになることがあります。特に、親が生前借金を完済していた場合、親に過払い金返還請求権が発生していた可能性があります。このような場合、親が生前有していた過払い金請求権は、相続されることはあるのでしょうか。もし発生していたとすればどのようにしてその権利を行使すれば良いのでしょうか。そこで今回は、亡くなった親に過払い金請求権が発生していた場合、それが相続されることがあるのかや、その具体的な請求方法について先生に聞いてみましょう!

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

故人に貸金業者と取引があったことが判明。過払い金も相続対象になるのか

  • 今日は、亡くなった親に過払い金請求権があった場合、子などの相続人が過払い金請求できるのかを教えてください。

  • わかりました。亡くなった親などに借金があったことが明らかになった場合、同時に過払い金も発生していた可能性がありますね。

  • はい。そんなとき、その過払い金を請求する権利も一緒に相続されるんですか?

  • はい。相続されます。ですので、亡くなった親などに過払い金請求権があれば、相続人が過払い金請求できますよ。でもその場合、相続人が複数いたら、相続人全員が一緒に過払い金請求する必要があります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

相続放棄しなくてもOK?亡くなった親の借金でも過払い金が返還されます。

  • でも、親に借金があるっていうことは、過払いになっていない取引については借金の残高があるかもしれないっていうことですよね。

  • はい、そのリスクはあります。ですので、基本的に借金を相続したくない場合は、相続放棄という手法をとることになりますよ。

  • 相続放棄は知っています。親の財産も借金もすべて相続しないということにする手続きですよね。

  • そうです。相続放棄すれば親の借金を相続しないので、支払をしなくて良くなります。

  • でも、親の過払い金返還請求権が行使できるなら、相続放棄しなくて良くなりますね!

  • はい。借金の残高よりも過払い金の方が多ければ、相続放棄しなくて良くなりますよ。

  • ただ過払い金の金額が少なければ、差し引きした借金は支払わないといけなくなるので、やはり相続放棄が必要になることもありますよ。

  • じゃあ、相続放棄するか過払い金請求するかは慎重に検討する必要がありますね。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

故人の借金に過払い金があるときの具体的な請求方法は?

  • ところで、故人の借金に過払い金があるとき、具体的にはどうやって請求すればいいんでしょうか?

  • まずは、業者から取引履歴を取り寄せて、これを利息制限法に引き直して計算します。そして、過払い金額をはじき出して、これを業者に返還請求する、という流れになりますよ。この手続きは基本的に相続人全員でする必要があります。

  • 代表者が一人ですることはできないんですか?

  • 遺産分割で過払い金を一人の相続人が相続することを決めた場合や、他の相続人が一人の代表者に委任した場合などは、その一人の相続人ができますよ。その場合、戸籍・除籍謄本や遺産分割協議書、他の相続人の委任状の提示を求められることもあります。

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

過払い金返還請求手続きは、弁護士に任せて安心!

  • 過払い金と相続の問題って、けっこうややこしいんですね。

  • はい。必要になる書類も、通常の過払い金請求の事案より多くなりますね。

  • じゃあ、このような場合は、やはり弁護士に相談して手続きしてもらった方がよさそうですね。

  • はい。最近では無料の法律相談もいろいろな事務所で行われているので、是非とも利用してみてくださいね!

「278万円の借金をゼロにした事例があります」

まずは無料相談でお悩みをお聞かせください!

弁護士の画像
メールの画像

弁護士法人
サルート
法律事務所

電話番号の画像

注意書き