個人再生中に過払い金が判明!返還請求は可能?再生計画決定後に判明した場合、計画が取り消される?

2017.12.25 更新

個人再生手続きに入ると、貸金業者などから現在までの取引履歴を取り寄せます。
すると、その債権調査の過程で、過払い金があることが判明することがあります。

このような場合、その過払い金は返還請求できるのでしょうか。個人再生手続きに、何か影響があるのかにういても心配です。
さらに、個人再生後に過払い金が判明した場合、再生計画が取り消されてしまっては大変です。

そこで、今回は個人再生手続き中や手続き後に過払い金の存在が判明した場合の対処法について、先生に聞いてみましょう!

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

個人再生手続き中に過払い金が判明!請求はできる?

今日は、個人再生手続き中に過払い金があることが判明したときの対処法を教えてください。

個人再生手続きに入ると、業者から取引履歴を取り寄せますので、その過程で過払い金があることが判明することがありますね。

そんなとき、その判明した過払い金については、返還請求できるんですか?

はい、できます。というよりも請求すべきです。請求して過払い金を回収した上で、個人再生を申請する裁判所に回収金額などを報告しないといけませんよ。

そうなんですね。それは、過払い金が財産として取り扱われると言うことですか?

そうです。だから報告しないと財産隠しと言うことになってしまいますよ。

回収した過払い金を生活費や申立費用に使うことは出来ないんですか?

それはできます。そのような必要経費に使った残りを財産として報告すれば大丈夫ですよ。

個人再生手続き後に過払い金を取り戻せる?再生計画や住宅ローンへの影響は?

じゃあ、個人再生手続き後に過払い金があることが判明した場合はどうなるんですか?この場合も返還請求できるんですか?

個人再生手続き中には判明していなかったような場合であれば請求できます。でも、再生手続き中に判明していたのに、あえて手続きが終わってから請求するなどの場合は、問題になることがありますよ。

それは、財産隠しとみなされるからですね。

そうです。不正な方法での再生計画となって、個人再生の再生計画自体の効果が問題になることもありますよ。

それは大変ですね。そのほか、個人再生では住宅ローン特則を使うこともあると思うんですけど、過払い金を請求したら、この住宅ローン特則に影響はありますか?

住宅ローン特則とは、個人再生に認められる特別な手続きで、住宅ローンを払って住宅を守りながら他の借金だけを減額してもらうことですよね。

はい。過払い金を請求しても、住宅ローンとは無関係な気がするので、影響はないような気がするんですが、どうなんでしょうか?

そうですね。影響は基本的にはありません。でも、個人再生手続き後の過払い金請求によって、再生計画に不正があったとみなされて取り消されてしまった場合は、住宅ローン特則も含めて取り消しになりますので、注意が必要です。

個人再生などの債務整理手続きや過払い金請求は、弁護士に任せて安心!

個人再生と過払い金の問題って、とても複雑で問題が多そうですね。

そうですね。ですので、個人再生時に過払い金があったり、個人再生手続き後に過払い金があることが判明した場合には、弁護士に相談した方がよいでしょうね。

最近では、無料相談ができる事務所も増えているので、そのようなところで相談するとよさそうですね。

そのとおりです。がんばってくださいね!

関連記事

過払い金請求の弁護士費用の相場は?報酬の仕組みと評判の事務所を…

目次本サイトでおすすめの弁護士事務所評判の弁護士法人・響のおすすめポイント過払い金の弁護士費用はいくら?報酬金と着手金…

過払い金の必要書類って?個人で手続きよりも弁護士が確実な理由

目次過払い金請求の必要書類は全て揃えなくても大丈夫過払い金請求を弁護士に依頼をすれば、自分で書類をそろえる必要はない手…

「もしかしたら」を「確実」に!過払い金請求できる3つの条件

目次【債務整理】借金を滞納していても過払い金の請求はできます!過払い金を請求するために必要な3つの条件大まかな過払い金…

過払い金の相談を無料でしたい。弁護士の失敗しない選び方

目次過払い金の発生条件と請求のメリットデメリット2008年以前に借金をしたなら要確認過払い金請求のメリット・デメリット過払…

過払い金の計算方法を知りたい。無料計算チェッカーと過払い金発生…

目次おおまかな金額を計算できる過払い金診断チェッカーわからなければ弁護士に依頼。用意すべきものは?過払い金とは?払い過…