借金の消滅時効が中断されると時効が完成しない?中断する場合やその効果について

2017.12.26 更新

消費者金融やカード会社などの貸金業者などから借金をしていても、長期間請求がなければ消滅時効が完成することがあります。しかし、時効期間の進行中に、貸し主からの請求などの一定のアクションがあると、時効が中断して、振り出しに戻ってしまうことがあります。
このような時効の中断は、どのような場合に起こるのでしょうか。また時効が中断してしまうと、その後借金はどうなるのかや、再び時効が完成することはあり得るかも気になるところです。
そこで今回は、借金している場合の時効中断の問題について、先生に聞いてみましょう!

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

【時効中断】借金が時効だと思っていたのに突然の返済請求

今日は、借金をしていて時効になると思っていたのに、突然返済請求が来た場合の問題点を教えてください。

借金は、お金を貸している人である貸金業者などが一定期間請求をしてこなければ、基本的に時効になりますよね。

はい、そうなんです。でも時効になると思っていたのに、突然業者などから請求が来ることがありますよね。このようなとき、時効はどうなるんですか?

それは、請求の方法にもよりますよ。裁判上で請求があった場合は、時効が振り出しに戻ってしまいます。このことを「時効の中断」と言いますよ。

業者からの請求や支払によって時効が振り出しに!借金の時効が中断される場合は、どんな場合?

業者側から請求があったら時効が中断して、振り出しに戻ってしまうと言うことはわかったのですが、それ以外にも時効が中断する場合ってあるんですか?

それはあります。たとえば、業者などが借金している人の財産を差し押さえた場合、仮差し押さえや仮処分した場合や、時効が成立する前に借金している人が借金の一部を支払ってしまった場合にも「債務の承認」があったとして、時効は中断しますよ。

じゃあ、時効が完成する前に、請求もないのに自分から支払ってしまうと時効が振り出しに戻ってしまうと言うことですね。

そうなりますね。

長期間滞納している借金がある場合は弁護士に相談しましょう

じゃあ、業者が請求してきたりして、時効が中断して振り出しに戻ってしまった場合、どうなるんですか?また支払が再開されることになるんですか?

それはそうなります。時効が中断したら、振り出しに戻ってしまいますので、当然支払義務は残ったままになります。

その場合、二度と時効は完成しないんですか?

そんなことはありません。時効は、中断したときから再度進行しますので、再度期間が経過すれば、時効が完成することはありますよ。

その場合の時効期間も5年ですか?

いいえ、裁判をされて判決が出たら、確定判決の時効になってしまいますので、10年になりますよ。

長期間滞納している借金がある場合は弁護士に相談しましょう

借金があって、時効が完成しそうなのに業者から突然請求が来た場合、意外と複雑な問題があるんですね。

はい。素人では、とても判断や対処法の選択が難しいと思います。

でも、長期間滞納している借金がある場合、どうしても時効の問題がからんでくることが多いですよね。

はい。ですので、長期間借金を滞納していて、時効の問題や今後の対処法について不安がある場合は、弁護士に相談してみるといいと思います。

弁護士なら、法律の専門家なので知識も豊富ですし、ベストな対処法を教えてくれますよね。

そのとおりです。最近では無料相談を実施している法律事務所も増えているので、気軽に利用してみると良いでしょう。

関連記事

借金の時効を待っている人は絶対に読むべき注意点

目次借金の消滅時効は何年で成立?時効には期待しないほうがいい理由返済せず5年が経過しても「時効の中断」に注意!時効の効果…

借金を滞納したのに連絡も督促状も来ないのはなぜ?5年放置で時効?

目次【債務整理】未払いの放置は一括請求につながる!弁護士相談で督促STOP請求が来ない?滞納している借金の督促状が来ない理…

借金の時効成立には10年。援用のデメリットと債務整理という解決法

目次1.返済できない借金を解決する選択肢は時効を待つだけではない債務整理とは何か2.借金の時効はいつからカウントするか【パ…

時効を待つべきか、債務整理をするべきか悩んでいる人へ

目次営利目的かどうかで、時効の期間は変わる!援用をしなければ、時効の効果は得られない!世の中そんなに甘くない。「時効の…

銀行からの借金、滞納し続けてるけど時効成立は難しい?

目次銀行からの借金でも時効があるって本当?【時効の援用】銀行からの借金の時効を成立させる条件「時効の中断」があると時効…