24時間365全国対応 無料

0120-335-028

借金の減額診断とは?減額制度の仕組みとデメリットも徹底解説

2020.06.04 更新

月々の返済金額を減らして、苦しい生活から解放される方法を知りたい!
借金が減額する方法は知りたいけど、それにもお金がかかるんじゃ…

根本的に借金を減らしたい、と考えているなら債務整理という方法があります。

“債務整理"は、元本のみの返済に減額したり、借金自体をなくしたりする法的な手続きを踏み、根本的な解決手段となることがあります。

また、債務整理をするといくら減額するかを”先に”知りたい方は無料の借金減額診断(シミュレーター)を利用すれば、今の自分の借金がいくら減るのかがわかります

このページでは、

  • 借金減額の制度と流れの徹底解説
  • 借金減額するときの具体的な行動
  • 借金減額診断(シミュレーター)とその使い方

について紹介します。

債務整理とは?

債務整理には3つの種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

です。

3つの制度にはそれぞれメリット・デメリットがあります

ご自身にあった債務整理の方法は、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することで教えてもらえることもあります。

【弁護士に依頼するか迷う…】
費用も気になり依頼を迷っている人は「無料相談」を使いましょう。無料相談で費用面も含め依頼すべきかについて理解が深まります。

また、相談をするかどうかを迷っている方、まずは無料の「借金減額シミュレーター」を使って、いくら減額できるのかを診断してみましょう。

返済がどれくらい楽になるのかがわかります。

借金減額シミュレーター
でいくら減るか調べる

借金は減額できるの?その方法は?

借金の減額方法として挙げられるのが「債務整理」です。債務整理は多くが弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して手続きを行います。

債務整理とは?

債務整理とは弁護士や裁判所などが間に入ることにより、借金問題の解決・将来利息の減額などを実現できる可能性がある方法です。

債務整理には以下の3つがありそれぞれ特徴が異なります。

  • 任意整理:利息をカットできる可能性もある。利用者が最も多く、リスクやデメリットが少ない。
  • 個人再生:約1/5~1/10程度に借金を減額できる可能性もある。家族にバレる可能性が高い。
  • 自己破産:借金返済が全額免除される可能性があるが、一定の財産を失う。家族にバレる可能性が高い。

債務整理3種類の特徴を比較

任意整理 個人再生 自己破産
手続き後の効果 毎月の返済額の減額 元金の約1/5~1/10の減額 全額免除
手続き期間 2~6ヵ月 4~6ヵ月 同時廢止:2~3ヶ月
管財事件:6ヶ月~1年
裁判所へ支払う費用
※弁護士や司法書士に依頼する場合、別途費用がかかります
0円 15万~20万円 同時廃止:2万円前後
管財事件:20円万~
気付かれるリスク 極めて少ない 裁判所からの通知でバレることがある* 家族には気づかれる可能性が高い*
再度借入可能になるまでの期間 5年後 5~10年後 5~10年後
手続き後の家や車などの財産 残せる 残せる 基本残せない

*官報へ掲載されるリスクがある

どの制度がご自身に適しているのかは弁護士に相談しましょう

債務整理のデメリットまとめ

債務整理が借金を減額する手続きである以上、デメリットもあります。債務整理を検討するのであれば、マイナス面も知った上で判断しましょう。

任意整理」「個人再生」「自己破産」それぞれのデメリットは以下のとおりです。

債務整理の種類 デメリット
任意整理 ・債務整理の中では減額幅が最も小さい
・クレジットカードやローンが利用できなくなる
個人再生 継続した収入が条件
・官報に氏名が掲載される
・クレジットカードやローンが利用できなくなる
自己破産 ・家や車など一部の財産を失う
・官報に氏名が掲載される
・クレジットカードやローンが利用できなくなる

3つの債務整理に共通するデメリットは信用情報に事故記録が残る、つまり「ブラックリスト状態」になることです。

ブラックリスト状態になることで、ローンやクレジットカードが、5年間は利用できなくなり、不便になるかもしれません。

しかし、借金を滞納してしまってもブラックリスト状態にはなってしまいます。

「借金生活からどうしても脱出したい」と考えている方にとって、債務整理をすることは問題解決の一つの方法です。

【弁護士に依頼するか迷う…】
費用も気になり依頼を迷っている人は「無料相談」を使いましょう。無料相談で費用面も含め依頼すべきかを知ることがもできます。

借金の減額は法律の専門家に相談するのも一つの方法

債務整理は法律を用いた借金減額方法なので、弁護士や司法書士が手続きを行うことが多いです。

弁護士や司法書士への相談となると、「堅そう」「怖そう」といったイメージから、躊躇する方もいるかもしれません。

しかし、借金の問題は単にお金の問題ではなく、家族やライフスタイルとも結びつく深刻な問題だという理解を持ち、親身になってくれる弁護士・司法書士も存在します。

電話やメール・面談での相談は無料の場合もある

弁護士や司法書士といった法律家は「依頼料が高い」「相談するだけでも費用がかかる」とお思いの方もいるでしょう。

しかし法律事務所の中には電話やメール、面談での相談を無料としている場合も多くあります。

報酬金についても、問題が解決した場合のみ払う「成功報酬」となっていたり分割払いが利用できる事務所も多いため、すぐにお金を工面できない方でも依頼することは可能です。

収入や資産によっては、法テラス(国が設立した法律相談の窓口)の援助制度を利用して依頼するという方法もあります。

守秘義務は厳守される

また、弁護士や司法書士には、依頼人の秘密を守る義務「守秘義務」が課せられます。
したがって、弁護士や司法書士に相談したことが、家族や周りの人に知られることは少ないといえます

借金の悩みは、だれにも相談できずに一人で抱え込みがちです。

弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することで、返済計画を見直してみるのも完済までの近道かもしれません。

今の借金滞納生活から抜け出す相談をしたい方

借金減額シミュレーターでいくら減らせるか診断できる

「借金減額シミュレーター」というツールはご存知ですか?

借金減額シミュレーターとは、借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金減額の可能な金額」を匿名無料で判断してくれるというものです。

自分の借金がいくら減るのか目安になるため、返済計画を見直す上での指標になります。

借金減額シミュレーターを利用するには

入力する内容は

  1. 「何社から借り入れをしてる?」
  2. 「借金は総額いくら?」
  3. 「どこからの借金?」
  4. 「収入はいくら?」

の4つだけです。

個人情報を入力することなく、いくら借金を減らせるか調べることができます。

希望の方はそのまま相談することができ、借金減額に向けた一歩を進めることができます。

借金減額シミュレーター
でいくら減るか調べる

関連記事

借金をどうしても返済できない時はどうすればいい?

目次借金が返済できない状況を放置するリスク電話で連絡がある自宅に督促状が届く信用情報に事故情報が登録される一括請求の通…

気付けば借金が100万に 確実な返済方法と返済できない場合の対処法

目次まずは自分の借金状況を見直そう借金の総額や借入先を確認する毎月の返済可能な金額を計算する借金返済のカギは利息を把握…

入院で借金が返せない!滞納のリスクは?返済できない場合の選択肢…

目次入院中に借金が返せなくなったときの対処法入院による収入減や失業で借金を返済できなくなる入院で借金が払えなくなった場…

借金が払えないとどうなる?手遅れになる前に取るべき対処法

目次借金が払えないとどうなる?滞納が続くと借金が増える仕組みとは「借金が払えない…」これからどうなってしまうの?遅延損害…

ツラい借金の返済…住宅ローンやキャッシングがどうしても返せないと…

目次聞いてほしい借金の悩み……つらい返済を相談すべき相手とは 借金返済のつらい悩みは人に打ち明けにくい 借金返済がつらいと…