借金を減らしたい!借金減額の方法や仕組みを詳しく解説

2018.10.24 更新

月々の返済金額を減らして苦しい生活から解放されたい。」
借金を減額する方法を知りたい。」

このページを訪れたあなたはもしかしたら、生活費を切り詰めて借金を返済しているのになかなか減らない、といった状況に陥っていないでしょうか。

非合法なやり方でお金を工面したり、ギャンブルで一攫千金を考えることもあるかもしれませんが、それではなんの解決にもならないでしょう。

法律で認められた正当な方法で、借金を減額することは可能です

このページでは、
・借金減額の具体的な方法と流れ
・借金を減額したい場合はどうすればよいのか
について紹介します。

借金問題に強い弁護士事務所の詳細を見てみる

借金は減額できるの?その方法は?

法律で認められた借金の減額方法として挙げられるのが「債務整理」です。債務整理は多くが弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して手続きを行います。

債務整理とは?

債務整理とは弁護士や裁判所の力を借りることにより、借金問題の解決・将来利息の減額などを実現する手続きです。債務整理には以下の3つがありそれぞれ特徴が異なります。

任意整理
貸金業者と弁護士・司法書士の交渉によって、利息をカットして月々の返済額を見直す。裁判所を介さないことなどから、リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い。
個人再生
裁判所を通して、3年で完済できる金額(約5分の1)に借金を圧縮する手続き。継続した収入を得ていることが条件。
自己破産
裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで、返済を全額免除してもらう手続き。借金はなくなるが、自分の財産も全て失ってしまう。

「月々の返済をラクにしたい」「借金をゼロにしてやり直したい」「財産は手放したくない」など、あなたの状況や考え方によって、選択できるのも債務整理の特徴です。

借金問題の解決や債務整理を得意とする専門家に相談することで、法的な視点から適切なアドバイスを受けられるはずです。

債務整理のデメリット

債務整理が借金を減額する手続きである以上、デメリットもあります。債務整理を検討するのであれば、マイナス面も知った上で判断しましょう。

任意整理」「個人再生」「自己破産」それぞれのデメリットは以下のとおりです。

債務整理の種類 デメリット
任意整理 ・債務整理の中では減額幅が最も小さい
・クレジットカードやローンが利用できなくなる
個人再生 ・継続した収入が条件
・官報に氏名が掲載される
・クレジットカードやローンが利用できなくなる
自己破産 ・家や車など一部の財産を失う
・官報に氏名が掲載される
・クレジットカードやローンが利用できなくなる

3つの債務整理に共通するデメリットは「クレジットカードやローンが利用できなくなる」ことで、言い換えれば「信用情報に事故記録が登録される」「ブラックリスト状態」になります。

クレジットカードが使えなくなるのは不便かもしれませんが、借金を滞納してしまってもブラックリスト状態にはなってしまいます。

債務整理にはデメリットも伴います。しかし「借金生活から脱出したい」と考えている方は、できるだけ早いうちに借金問題解決や債務整理の実績がある弁護士・司法書士事務所に相談することをおすすめします

借金減額シミュレーターとは?個人情報を記入しても大丈夫?

最近、インターネット上で「借金減額シミュレーター」というツールが話題を呼んでいます。

借金減額シミュレーターとは、借金の総額や借り入れ社数など簡単な情報を入力するだけで、「借金を減額する方法」や「借金の減額可能な金額」を匿名無料で判断してくれるというものです。

自分の借金を減らすことができるのかを知る目安にするには便利かもしれません。しかし一度利用すると、その後営業の電話やメールなどがくる可能性も否定できないでしょう。

借金減額シミュレーターは弁護時に相談するツール

借金減額シミュレーターは、債務整理を弁護士に相談するためのツールです。

借金減額シミュレーターで債務の大体の状態と連絡先を入力すると、その情報は、弁護士事務所へ送られます。

返送される診断結果の信憑性は決して低くはありません。しかしあくまでも「目安」であり、詳しい債務整理の方法を検討するには、弁護士と相談しなければなりません。

場合によっては担当者から折り返し電話がかかり、弁護士との相談をすすめられることもあります。借金減額シミュレーターは、このように、弁護士と相談するきっかけとして使われるものなのです

弁護士に直接電話するほうが早い?

しかし債務整理を検討するなら、借金減額シミュレーターはまどろっこしいツールといってもいいかもしれません。

真剣に減額したいと考えている方や、より正確な見通しを立てたい方は、弁護士や司法書士に直接相談する方が確実といえるでしょう

借金の減額は借金問題に強い専門家に相談するのがおすすめ

借金返済シミュレーターを利用する是非はともかく、借金を減額する唯一の方法は「債務整理」です。

そうはいっても債務整理は法律を用いた借金減額方法である以上、専門家のサポートが必要不可欠です

弁護士や司法書士への相談となると、費用の問題や「堅そう」「恐そう」といったイメージから、躊躇する方もいるかもしれません。

しかし、借金の問題は単にお金の問題ではなく、それぞれの家族やライフスタイルとも結びつく深刻な問題であるという理解を持ち、親身になってくれる弁護士・司法書士はたくさんいます。

電話やメール・面談での相談は無料の場合もある

弁護士や司法書士といった法律家は「依頼料が高い」「相談するだけでも費用がかかる」といったイメージをおもちの方もいるでしょう。しかし法律事務所の中には電話やメール、面談での相談を無料としている場合も多くあります。

依頼料も「分割払い」「成功報酬」となっている事務所も多く、すぐにお金を工面できない場合でも依頼することは可能です。収入や資産によっては、法テラスの援助制度を利用して依頼するという方法もあります。

守秘義務は厳守される

弁護士には、依頼人の秘密を守る義務「守秘義務」が課せられます。
したがって、弁護士に相談したことが、家族や周りの人に知られることはありません

借金の悩みは、だれにも相談できずに一人で抱え込みがちです。誰でも気軽に利用できるインターネット上で診断をしてくれる借金返済シミュレーターは便利なツールではあります。

しかしあなたの深刻な悩みに真剣に向き合ってくれるのは、やはり「人」ではないでしょうか。借金で苦しい思いをしている方は、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

関連記事

債務整理をしてもばれない?家族や会社に内緒で借金を返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にばれやすい手続きもある自己破産や個人再生(民事再生)は、家族や会社にばれる可能性が高い…

アコムの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる理由

目次利息をカットも|アコムの借金を任意整理するメリットまとめ任意整理の手続きをすることの3つのメリットアコムの借金を任意…

リボ払いを債務整理する3つのメリット|クレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレジットカードの利息(手数料)がカットされる返済額と返済期間を無…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目とは異なる注意点とは

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も1回目の債務整理とは別の債権者に対して交渉を行う場合1回目の…

銀行系カードローンを債務整理できる?消費者金融と違う?注意点3つ

目次銀行系カードローンも債務整理はできる消費者金融からの借金と違うところ銀行系カードローンを債務整理することで起きる3つ…